「スタジオK」主宰者プロフィール

「アレクサンダー・テクニック・センター スタジオK」では全てのレッスン、セッションを芳野 香が指導いたします。

    ご注意 *

芳野香は下記のプロフィールにあるように、米国ニューヨークのACATにおいて国際的な教育水準で教育を受けた公式資格を有するアレクサンダー教師です。芳野がアレクサンダー教師として加入している教師協会は、アメリカに本部のあるAmSATになります。

日本において10年以上仕事をし、出版物も出している関係から様々なサイトにおいても「芳野香」「アレクサンダー・テクニック・センター スタジオK」の名前をお見かけになることがあるかもしれませんが、能動的に芳野が加入している協会は上記の2団体のみです。他の団体への加入・活動はしておりませんのでご注意くださいませ。また芳野は当ホームページとTwitterにて自身の意見を表明することや個人から頂いたメールやお手紙等に対して個別に発言を行うことはございますが、他のサイト上やメーリングリスト、チャットなどにおいて発言等の活動を行うことはありません。お間違えのないようにお願いいたします。

また現在、芳野香には「弟子」や「代理人」などはおりません。「当サイトをご覧頂くあたって」にもありますように、「アレクサンダー・テクニック・センター スタジオK」ではご請求のない方に資料を送ったり電話やメールにて連絡をとることや、ワークショップの売込みなど一切行っておりませんのでご注意くださいませ。

 芳野 香(よしの かおり)

 全米AT教師協会AmSATおよびACAT公認教師 

1967年12月  京都生まれ。
1991年 3月  同志社大学文学部文化学科美学芸術学卒
     10月  渡米・ニューヨーク在住
1992年 1月  ACATThe American Center for The Alexander Technique:アレクサンダー教師を養成
           する機関)に入学        
1994年12月  ACATにて日本人としてはじめて最年少で公認資格を取得。
           AmSAT(American Society of Teachers of The Alexander Technique)公認資格取得

           帰国までの間、個人レッスンのほか、ボランティア教師としてACATにて後進の指導、マニス音楽大学、ジュリアード
           音楽院ダンス科の授業でも指導。

1995年 5月  帰国
           京都に「アレクサンダー・テクニック・センター スタジオK」を設立

1997年 4月〜平安女学院大学短期大学にて非常勤講師としてアレクサンダー・テクニックをベースにした授業を行う

           (1999年まで3年間)

1998年 5月  フローテーション・タンクを導入

1999年 4月  翻訳書『アレクサンダー・テクニークにできること』(誠信書房)出版

2002年 2月  共著『サイケデリックスと文化』(春秋社)出版

2003年 8月  著作『アレクサンダー・テクニックの使い方 「リアリティ」を読み解く』(誠信書房)出版

           公式認定された日本人資格者による日本語での初めての著作となる

2013年より 京都女子大学大学院発達教育学科 非常勤講師
2015年より 京都造形芸術大学舞台芸術学科 非常勤講師

その他個人レッスン、講演、ワークショップ等指導多数  

 

極私的『その他の履歴』はこちら