現在日本語訳は出版されていないけれど

おすすめの本

(出版年代順)

 

 The Alexander Technique Birth Book :Guide to Better Pregnancy, Natural Birth and Parenthood

 

Ilana Machover and Angela & Jonathan Dreke

Foreword by Sinead Cusack and Jeremy Irons

 

Sterling Publishing,Co.,Inc. New York

1993

 

アレクサンダー・テクニック・バース・ブック

妊娠中の方、出産後、育児中の方の「からだの使い方」に特に注目し、サポートする目的で書かれた本。こどもの成長の見守り方についても言及あり。

特にアレクサンダーテクニックが「妊婦向け」のものというわけではありませんが、「どのように動作しているのか、自分のからだにすこし自覚的になってみよう」というコンセプトは妊娠中や育児中にも役立ててもらえるものでしょう。

一年弱の期間の中で劇的な身体的変化を経験することになる妊婦さんであればこそ、普段の何気ない動作にも疑問を持ったり、時には困難を感じたりすることも少なくないかもしれません。それだけに「いつものままでよいこと」「このときには注意すべきこと」を自身が知っておくのは大切でしょう。妊婦以外の方も「変化」と「恒常性」の関係を考えてみる・・・という観点から読んでいただいても楽しいかも。

写真や図も入っており英語で書かれた本とはいえ、割と読みやすいかと思います。

(芳野・記)

 

The Art of Swimming   a new direction using the Alexander Technique

 

Steven Shaw & Armand D’Angour

 

Ashgrove Publishing

1996

 

 

Indirect Procedures :A Musician’s Guide to the Alexander Technique

 

Pedro de Alcantera

 

Oxford University Press,New York

1997

 

     The Chair  : Rethinking Culture ,body, and design

 

Galen Cranz

 

W.W.Norton New York & London

1998

 

ザ・チェア(椅子・・・文化、身体、デザインの再考)

私事ながら、芳野はちょっとだけ椅子マニアです。アメリカにいたときは友人の建築家と相談して椅子を作ろうとしたこともございました。(私がごちゃごちゃ要求するものをかたちにするのが難しく、中断したままですが)私見ながら、椅子の魅力はその「質感」と「たたずまい」。美しい椅子は空間の意味を変えます。しかしながらいわゆる有名デザイナーによる高価な椅子ほど「単なるオブジェ」扱いされやすいのも事実かもしれません。実際、シーンや用途を選ぶ椅子も少なくないです。

日本にいて考える以上に欧米における椅子は生活のマストアイテム。この本はいわゆる有名デザイナーによる「逸品チェア」たちに触れながら、デザイン優先で語られがちのそれを機能面からも語っております。

私見ながら、美しい椅子とのコラボ生活を楽しむなら、自らの身体を知ることも必需。「よい椅子がない」「デザイナーズ・チェアなんて、かたちばっかり」とお嘆きの御仁、ひょっとしたらご自分と椅子とのコラボの仕方に思わぬ盲点があるのかもしれませぬよ。「この一脚とどう関わって暮らすか」を真剣に考え、探求する姿勢は具体的に身体的な問題であり、感性の問題であり、人生哲学的問題でもあるのです。(芳野・力説!)

 

ちなみに椅子と身体についてはこのようなご本もあります。

 『椅子と日本人のからだ』 矢田部 英正:著 晶文社

 

ちなみにデザインと、美、直感について考えるならこのようなユニークなご本もあります。

 『宇宙エコロジー』 バックミンスター・フラー + 梶川 泰司:著 美術出版社

 『美術手帳 20018月号』 イーミズ、フラー、ノグチの特集

 

さらにこのようなご本もおすすめです。絵を眺めるだけでも楽しいです。

 『デザインの自然学 自然・美術・建築におけるプロポーション』 ジョージ・ドーチ:著 多木 浩二:訳 青土社

 『バイ・ネイチャーズ・デザイン 大自然のかたち』 パット・マーフィー:著 ウィリアム・ニール:写真 津田晴美:訳 フレックス・ファーム

 『ひとしずくの水』 ウォルター・ウィック:著 林田 康一:訳 あすなろ書房