<アレクサンダー・テクニックが紹介されている出版物>

         『イメージの博物館 19 マーシャル・アーツ』

ピーター・ペイン著 柏岡富英・柏岡祐子訳

出版社:平凡社

1992年3月19日 第1版

 *芳野コメント*著者が日本や中国などの武道(マーシャル・アーツ)を学ぶ上で「アレクサンダー・テクニックを学ぶことが役立った」と語っています。「そんなに力を入れるな」と力の使い方について武道の師匠に指導されても、その意味するところがわからなかったのがアレクサンダー・テクニックを通して分かりやすくなったとのこと。「力を入れない」パワフルな力の使い方は、東洋に独特のものかもしれませんが、この体験はいわゆる「筋肉神話」でしか力の出し方についてイメージできなくなっている現代の日本人にも分かりやすい体験かもしれません。

 

<カタログ的に紹介してある本>

アレクサンダー・テクニックに関する専門的な本ではないですが、本のタイトルにあるとおり、あるカテゴリーの中で紹介されています

編集:宝島編集部

出版社:JICC出版局

1991年8月10日 第1版

 ・ 『ボディワーク・セラピー』

編集:宝島編集部

出版社:JICC出版局

1992年8月10日 第1版

著者:ダイヤグラム・グループ

訳者:池上千寿子,根岸悦子、木村敬子

出版社:鎌倉書房

1992年2月15日第1版(絶版)

・ 『ウーマンズ・ボディ・アゥエアネス』

編集:中村知子 宝島編集部

出版社:JICC出版局

1992年10月15日 第1版

 ・ 『ナチュラル・ファミリー・ドクター』

編集:アンドルー・スタンウェー

訳者:木塚夏子

出版社:産調出版

1996年11月1日 第1版