今月の「えこひいき日記」

  つれづれなるままノンジャンルに「気になったこと」を書き連ねてあります。

内容の無断転載・引用を禁じます

2001年7月26日に表示形式を変更しました。

バックナンバーはこちら

2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

2007年  1 2月 3 4 5 6 7月 8月 9月 10 11月 12月

 

2008年 1 2月 3月 4 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 12月

 

2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11 12月

                                                                    

2010年 1月 2月 3月 4月  5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7 8 9月 10 11 12

2018年 1 2月 3月 4 5

 

Web草思・連載2006.12-2007.05

 

2018619

昨日は大きな地震が大阪を中心にあった。

今日も影響はあり、交通機関をはじめ、ライフラインに影響が出ている地域もある。昨日から不断で復旧に当たってくださっている方々の尽力に心から感謝。目に見えやすい部分も、見えにくい部分にも、人の思いと力がある。ありがとう。

また、お見舞いの連絡をくださった方々、改めて御礼申し上げます。お心、感謝いたしております。

 

私の自宅と事務所のある京都も大きく揺れた。幸い、被害はなかった。エレベーターも止まらず(京都市内でもエレベーターが停止したところもある。業者さんもあちこちでひっぱりだこで、交通渋滞などもあり、復旧は深夜になったところもあるらしいが)、ライフラインも大丈夫。Twitterにもつぶやいたが、自宅の壁面を覆いつくす天井ツッパリ式の本棚から物が落ちることもなく、固定していない神棚のお札やお皿が落ちることもなく(風で落ちてきたり、ちょっとした接触で落下することもあるのに)、大きな揺れに驚愕した以外はとにかく無事であった。

ただ電話が通じにくくなっていたので、事務所に電話で連絡をくださった方は通じなかったと思う。私も家族に電話で連絡を取ろうとしたが通じず。メールの方連絡が取れた。

 

地震が起こったとき、うちの猫の反応は2匹それぞれ。

アビシニアンで男の子の楽(がく)は、部屋の中心に走りこんできて、どこに行ったらいいのかとパニック!カリカリの入った皿をひっくり返した。地震発生時、私は部屋のほぼ中央に座っていたので、私に向かって走ってきたのかもしれない。「驚き」ではあるが「怯え」というより「興奮」と「警戒」。

キジ猫の女の子・ひめはというと、「消えた」。

揺れが収まって、見当たらないひめを呼んだが返事なし。普段はよくしゃべる猫で、名前を呼ぶと必ずといっていいほど返事をしてくれるのだが、返事なし。

どういうこと?でも室内には居るはず…と、そんなに広くもない部屋の中を何周もして探す飼い主。

そんなことをしていると、私の呼ぶ声に対し、かそけき「にゃ」という声が!ひめは家具の隙間に隠れていた。よくそんなところに入れたね!というような隙間。

まだ怖いのか、こちらを見て、出てこようとするが動きはおずおずとしている。辛抱強く待ち、全身が出てきたところで捕まえて、抱っこして「無事でよかった、大丈夫だよ」と呼びかけると落ち着いてきてくれた。

地震から1時間ほどすると2匹とも落ち着いてきた。

彼らが落ち着いたのを確認して、私は事務所に向かった。

 

事務所もまた、背の高い家具が多く、振動や衝撃の影響を受けそうなものはたくさんある。

しかし行ってみると、棚から落ちているものは一つもなく、扉が鏡になっている書棚の扉がいくつか開いているくらい。書棚の上の植木鉢が落下していたら…という「最悪予想」をしていたのだが、無事だった。

あと、壁に立てかけていた大きな版画の額が傾いていたくらい。幸いなことに、額の前に物が置いてあったことと、傾くと天井に接触する角度になったのが幸いし、落下はなかった。落下していたらガラスがあるから大変だったと思う。

水道とかトイレの水の流れなどをチェックし、大丈夫だとわかってから、その日に予定されていたレッスンのあるクライアントさんに連絡を取り始めた。遠方からいらっしゃる方も多く、この日のレッスンは全部キャンセル。

次の日からのレッスンも、近畿圏以外からいらっしゃる方もいたので、調整。

そんなことをしていたら夕方になった。

 

帰宅して私がしたことは、突っ張る家具のねじを締めなおすことだった。

うちにあるキャットタワー2台は天井ツッパリ式。地震の際も倒壊はせず、ぐらつきも感じなかったが、チェックしてみると少しねじが緩んでいる。やはり毎日猫が使っているからなー。振動でだんだんゆるむだろうなー。

そして書棚もチェック。唯一小物が落ちてきた書棚があったのだが、その棚だけ耐震対策(書棚の下にちょっとしたプレートを噛ませ、書棚が壁の方にもたれかかるような傾斜を作る)をしておらず、かつツッパリねじの片方だけが緩んでいた。落ちてきた小物には、ジェル状の固定シールを使うことにした。

 

電気もガスも使えて、調理もできる。お風呂にはいれる。余震があって眩暈みたいな感じもあるが、猫たちも落ち着いている。ありがたい。

ありがたい。日常。

こういうコトに触れると、日常を日常たらしめるために、どんなに、どんなふうにエネルギーが使われているのかを実感する。ひとはどうしようもなく差異に敏感だから、定常化したものを「なにもない」と表現してしまいがちだが、実はみっちり「ある」。

どうしようもなく変わっていくのもまた「日常」なのだが、私は「ここ」が好きなんだなあ、と改めて思ったりした夜だった。

 

 

 

 

2018611

悲しい事件が続く。アメリカン・フットボールの“悪質タックル”事件、その後に明らかになった情けない”オトナ“の事情、5歳児が両親に虐待されて殺害される事件、新幹線の中で人が刺殺される事件…

大きな見出しになって報道される事件だけでもこんなである。

世をはかなむのに十分な出来事たち。

 

こんな報道を見た日に、例えばその人に取ってしんどいことや大変なことがあったなら、あるいは体調が悪かったなら、心の中は簡単に「この世の終わり」になってしまえるだろう。

怒り、悲しみ、そうした感情によって呼び起こされた過去の記憶、そうした感情に呼び起こされた更なる怒りや悲しみの感情…止めどのない苦しさに呑まれてしまえるだろう。

あるいは、こうした痛ましい出来事は「起こってほしくないこと」であるからこそ、「起こってしまった」ことを「自分の無力のせい」のように感じてしまう人もいる。あるいは「〇〇は何をやっていただ!」と関係者や行政機関に同じ気持ちを向ける人もいるかもしれない。

事件に対する動揺と悲しみが大きいほど、その感情表現に集中しないと…つまりこうした事件が起こった日に普通の自分の生活を営むことさえも…「まるで心が痛んでいない、心の冷たい人のようではないか」と感じて、感情が激してしまう人もいるかもしれない。

 

奇妙なことだが、他者に心寄せる「優しさ」が、時に簡単に他者への「怒り」に通じてしまう。

 

「怒り」は自然な心の動きの一つだし、何かに対して抱く「感想」としては率直なものだが、その感情を原動力に何かを行うことは勧められない。

それは悲劇を起こした人間も行った行動だ。

「怒り」は理性を曇らせる。「怒り」に基づくと、「正義」は激しくなくては効果的ではないような気がしてしまうし、自分の意見に同意しない奴は「悪」に思えたりする。

 

だから何もするな、という意味ではない。ただ、「ただしいこと」って、本当にしようと思うと丁寧に行わなくてはならないし、けっこうデイリーな歩みなのだ。

 

優しい人の気持ちがつらい事件に接して(当事者や関係者だけでなく、情報として聞くだけでも心は動くから、「接する」といえる)暗い気持ちと暗い力に飲み込まれないことを切に祈る。

どうかその怒りは、根本的には「大切なものを大切に思いたいから」であることを思い出し、そちらに基づいた行動がとれますように。