2015年12月の「えこひいき日記」

 

2015年12月23日

病室なう。

昨日、ずっと左膝に入ったままだったボルトを抜く手術を受けた。

1年半前に受けた左膝前十字靭帯再建手術の仕上げだが、その時の手術に比べればうーんと楽!手術も1時間ほどだし、麻酔からの醒め方も速やかだし、5時間後には歩けた。すっごい楽!食欲もあるし、お通じもいい!

とはいえ、切り傷はあるので、痛み止め等の点滴は続いている。全く痛くないわけじゃない。包帯の下には血がにじんでいるのも見える。

血を見ると若干「ひぃー」っとなりはする。昨日も手術着からパジャマに着替えるときに、下着に点々と血が飛び散っているのを見ると「ああ、やっぱり手術するってこういうことなのよね」「すっぷらたー」と思ったりはする。が、まあ、仕方がないやね。

不思議だよね。痛いことだし、怖いことだけど、私の助けになる。

 

 

1年半前の手術以降、私は食生活や運動習慣を意図して大幅に変えた。すらすら変えたわけではなく、大いに模索や「人体実験」をした。そして以前より快調になった。

 

そのあたりのことは、いずれまとめてご紹介したいと思う。きっと参考にしていただけることがあると思う。

 

だからこの仕上げの手術を終えて、自分の体調がどういうふうに回復するか、変化するのか、楽しみでもある。