2014年10月の「えこひいき日記」

 

2014年10月25日

最近、病院でリハビリをしていると知らない方から声をかけていただくことがしばしば。

「すごいですね」って。

やっぱ、なんか「すごい」んやね、私のリハビリって。

どうやら私の担当トレーナーの野望は「11月の診察で担当医に満点をもらうこと」みたいで、その目標自体に何ら異論はないのだが、メニューがなかなかハードになっているのである。片足で椅子からの立ち座り30回した後に、廊下をランジで一往復して、いつものメニュー…って、そこそこきついっすよ。

 

先日、メニューの最後の体幹トレーニングをしていた時に、隣のベッドの女性と目が合った。「あ、どうも」みたいな感じで会釈をした。「すごいですね、さっきの(バランスワーク)見てたんだけど、背筋がきれいに伸びて、すごいわぁ」とのお言葉。「あ、ありがとうございますー」と、体側を鍛えるポーズのまま答えていると、その方はおもむろに自分の担当療法士に向き直り、「ねえ、あれ、やってみたい」と私のほうを指す。

軽くうろたえる担当療法士と、にやにや笑う私のトレーナー。

「い、いや、あれ、見かけよりきついですよー」と苦笑いする療法士をからかうようにトレーナーが「そうですねー、これにチャレンジするだったら、まず●●先生に見本見せてもらわないとね」と応じる。あ、やっぱりこのメニューが「きつい」という認識はトレーナーにもあるだ…と妙に安心した。

ちなみにこの女性は80歳前だという。リハビリという、普通に考えたらつらい回復運動をする場所にあって、「やってみたい」などという発言が出るのはなんだか感動的だな、と思った。「やってみたい」と思ってもらえるくらい、楽そうに見えたのならなお嬉しい。私がどういう仕事をしているとか、知らない人がそう思ってくれる、と思うと、やっぱり嬉しい。

 

 

話は変わるが、猫を保護してしまった。

知人の務めるビルの監視カメラに猫が写っているだけど・・・という話を聞いたのが約1か月前だったか。1匹だけで映っていて、まだ小さい。ビルは改装中の階があって危険だし、1階には食品を扱う店も入っていて、このままでは猫・人間、あるいは管理者・テナントにとって良い感じにはならないだろう・・・とのこと。カメラの映像や、ビルに人の話だと、人になついている様子はないし、どうするか…と思案していた。

ネットで調べてみると、猫の捕獲・保護を目的に捕獲機をレンタルしてくれる動物愛護団体もあったが、いかんせんレンタルしてもらえるまでそこそこ時間がかかる。ええい、と決心し、自分で捕獲機を購入。その他もろもろのグッズをたずさえてビルを訪問したのが10日ほど前。

いわゆる「猫を拾う」のではなく、「捕獲する」なんて初めてのことだ。捕獲機を使用するのだって初めて。ドキドキである。緊張する。管理人の案内で猫の出没が確認されている場所を教えてもらい、捕獲機を仕掛ける。「こんなんで入ってくれるのかなあ。エサがダメになる前に、2日おきにはエサを換えないと…」などと考えつつ帰路に就いた。

心配をよそに猫はあっさり御用となった。捕獲機設置の翌朝、電話がかかってきた。「あの、猫が(捕獲機に)入ってますけど…」あまりの急展開に慌てつつも、保護用のケージを組み立て、「すみません、仕事の関係でそれが終わってから引き取りに行きます」と連絡し、それまで猫の様子を見ておいてもらうように管理人さんに頼んだ。

夕方猫を引き取りに行くと、猫は全身から火を噴く勢いで怒っていた。無理もない。怖いだろうし、わけわかんないだろうし。それにしても小さい。でも、4,5か月という感じか。その月齢で、もしも人間と触れ合う機会が全くなかったとしたら、人馴れして飼い猫になってくれる道のりは長くなるかもしれない、と思った。猫や犬が自然に人間やほかの動物に親しむクリティカルピリオドは長くない。さて、どうなるか。

ともあれ、獣医に診せるのが先決だ。ノミなどの寄生虫がいることが考えられるので、室内に保護するにしてもその駆除を行ってからである。なんとかキャリーに移ってもらって(「移す」というより「逃げそうになったのが偶然キャリーに入った」というのが正しい)タクシーで動物病院に搬送。

「興奮状態のまま、いろんな検査を進めるとショック死することもあるから」とのことで、最低限の害虫駆除を全員革手袋装着(引っかかれたり噛まれたりする恐れがあるので)で敢行し、再びタクシーに乗って自宅に到着。用意した2段ケージに入ってもらう。まだ性別も確認できていないその猫は、すみっこに隠れて怒っている。

 

ところでうちには現在2匹猫がいる。1匹は3年前にうちの子になったアビシニアンの奏(そう)、そして2匹目は今年3月にうちの子になった、同じくアビシニアンの楽(がく)である。ふたりとも男の子で、ふたりとも前の飼い主さんが手放されたのを縁あってうちにやってきた。(ちなみに次男・楽がうちに来ることになった経緯は、フェリシモ猫部さんが出版された『猫が教えてくれた大切なこと』載っちゃってます。よかったらご覧ください)

猫は好奇心が強い。今朝、2段ケージを組み立てているときからヤジ猫状態であったが、捕獲猫のキャリーが室内に運び込まれると、やはり周りをうろうろしている。しかしその態度は相手を威嚇するでもなく、排除するでもなく、怖がるのでもなくて、純粋に「好奇心」、これなに?、なのである。落ち着いた猫の態度はニュートラルでよい。

中に入っているのが子猫で、お取込み中だとわかると、彼らはさっさとケージの周りを離れた。そしていつもの場所で自分たちのご飯を食べ、やや控えめなテンションのように思えたがいつもの遊びなどをしていた。彼らのニュートラルな態度に、人間である私はむっちゃ助かったのであった。

 

子猫の態度が劇的に軟化したのは3日目だった。それまでは、存在を消し、目が合わないようにし、たまに合うとシャーシャー言っていた。でも、ご飯はしっかり食べてくれていた。トイレの使い方も最初から完璧。お腹にいた虫さんも2日間ですっかり出てくれた。便の中にはラップのかけらのようなものも交じっていた。やはりどこかで残飯を食べていたのだろう。無事排出されたからよかったが、ラップがどこかに詰まったりしたら大変なことになる。ぞっとする。

ともあれ、ここは暖かいし、ご飯も出てくるし、トイレも掃除されるし、猫も人間も危害を加える様子がないことはわかってもらえたらしい。3日目になって、目が合っても首をすくめたままこちらを見るようになった。手を近づけると匂いを嗅ぐようになった。猫はものすごい近眼なので、視覚より嗅覚で相手を確認する。よい傾向である。

4日目、触れても大丈夫になった。体を拭いてやり、ご機嫌が麗しいのを幸いに、早速獣医師に診せに行った。血液検査、ウィルスチェック、ワクチン接種と、避妊手術の予約をした。血液検査とウィルスチェックの結果はめでたく陰性。晴れてケージの外にも出してあげられる。少しずつイエネコとしての訓練をしてもらわねばならぬからね。

5日目から1日に2回ほど、1時間から数時間ケージの外に出すようにし始めた。運動不足にならないよう、自由にしてもらう意味もあるが、ゆくゆく里子に出ていく際のために人間の生活環境や環境音(人の足音やテレビの音、水音など)に慣れておいてもらう意味もある。

ケージから出た子猫が最初にしたことは、お兄さん猫たちへのご挨拶。おしりを相手に見せて匂いをかがせることである。この子はなかなか賢く、状況判断が早い。年功序列やそれぞれの性格を素早く察知している様子である。次男の楽とはすぐに仲良くなり、取っ組み合いごっこなどもするようになった。楽の後をついて回り、食べようとしたごはんの皿にもすぐに顔を突っ込んでくるので、「ハイパー」と呼ばれたさすがの楽もうざそうにしているときがある。子猫ってパワーあるからなー。

 

というわけで、子猫さんの里親さん募集中です。よろしければ以下をご覧ください。

 

仮名「ひめ」 5か月の女子 2014年10月現在2.2キロ

 

血液検査・ウィルス検査 陰性  1回目のワクチン接種済み 11月初旬に避妊手術予定

大人猫さんとも仲良くできますし、落ち着いたら人間にも甘々の、賢い子です。何でもよく食べます。トイレも失敗なくばっちりできます!

 

猫と人間の幸せのため、里親ご希望の方には家族構成や住環境、動物と暮らした経験等をお伺いします。立ち入った質問もさせていただくかもしれませんがご了承ください。

こちらへのご質問がある場合も遠慮なくどうぞ!

 

*里親様へのお願い*

完全室内飼いで、終生飼育でお願いいたします

必要に応じて適切な医療を受けさせてあげてください

やむを得ない事情で一緒に暮らせなくなった場合、困ったことが起こった時は、一人で抱え込んだりいきなり保健所に持ち込んだり捨てたりなさらず、当方や適切な相手(行政、病院、動物保護団体等々)にご相談ください。そのような社会性をお持ちの方をお待ちしております。

 

 

 

2014年10月4日

やれやれ、お久しぶりの「日記」更新です。

更新が久しぶりになってしまったのは、まあ、「忙しかったから」なんだが、夏くらいの時期はある仕事のことで思いのほか気落ちしてしまい「仕事辞めたい」「どうやってやめようか」みたいなことばかり考えてしまっていた。

現実的に考えれば「その仕事」だけを「辞め」ればいいだけの話で、仮に辞めるためにそこそこの労力を費やすことになったとしても、費やして悪くない労だと思う。でもその時は疲労と悲観が自分を覆っていて、その労を「とてつもなくて捻出できないくらい」に感じさせていたと思う。

そんなことを言いながらも、日々の個人レッスンは普段通りやっていて、それぞれのレッスンについては普段通りのだったと思うし、いつもの仕事に絶望感を感じた記憶はない。でも、暗雲のような疲労感と悲観は去らず、気分も体調もぐずぐずしていた。

 

まあ、そういうのを「調子が悪い」「元気がない(でない)」というのだし、心地は悪いが特別な異常というものでもない。でも嫌なものではある。

 

浮上のきっかけを思い返して改めて思うのは「身体は世界に向けられたアンテナであり、送信機だ」ということだ。気分がすぐれない時は身体のメンテナンスを入念にやるに限る。

私の場合、それは「なんちゃってアーユルヴェーダ」と「トレーニング化したリハビリ」だった。

 

アーユルヴェーダも厳密に行えば奥深い世界だ。私が行ったのは、その奥深きアーユルヴェーダの体系の中から今の生活に取り入れやすいところをほんの少し取り入れさせていただいた程度なので、あくまで「なんちゃって」レベル。でもとても効果的だった。

私が行ったのは、朝の舌磨き・歯磨き、お白湯を飲むこと、オイルうがいと簡易なマッサージ(アヴィヤンガ)である。こうした朝の行いは、本当は夜明け前に起きて始めるのは良いらしいが、私はいつもの起床時間からさせてもらっている。

お白湯は電気ポットで沸かしたものではなく、鍋かやかんにお水を入れて沸騰してからさらに10分ほど沸騰させ続けて作る。うがいとマッサージのオイルはあらかじめ太白ごま油を100度に熱して冷ましたものを使う、などやや準備の手間はかかる。でもまあ、10分かかるお白湯作りとて、その支度をしながらほかのことを進めればいいわけだし、なによりお白湯は美味しく感じられ、お水をいただくよりも内臓がゆっくり温まって起きだす感じがする。お白湯を飲んでいるだけでうっすら汗をかきだす日もあった。

ごま油を使ったうがいも、始める前は「べたべたしないかな」「油のにおいは大丈夫かな」など思ったが、実行してみるとさらりと肌になじむし匂いも気にならない。最初に頭頂から足先までマッサージした時の感覚は印象的で、まずマッサージによって柔らかく身体が温まった感覚があった後、ーっとほぐれて静まるような感じがし、そのあとに「ふふっ」と笑いたくなるような軽い興奮を伴うような覚醒感が訪れた。そこまでドラマティックな変化があったのは初日だけだったが、その後も体が冷えなくなった感じがする。ひざの手術以降、どうしても左は血行が悪くなりがちなのだが(膝関節が痛いのではなく、切った皮膚の組織が痛い)、天気が悪くても冷えやそれによる痛みなどは感じなくなった。

また、食欲が安定し、内臓脂肪の数値が下がったのもこれらの影響かもしれない。普段私が感じる食欲の中には「本当にお腹がすいた」「栄養・エネルギー、プリーズ!」という食欲と、「気分を変えたい・晴らしたい」「(本当は、カロリーじゃない、別のエネルギーを)チャージしたい・満たしたい」みたいなものから生まれる食欲があるような気がする。後者はなかなか厄介で、このことにわが胃袋を使うのはあまり心地よいものではなかったりする。でも手っ取り早いだよねー、とりあえず食べることでとりあえずの気晴らしするの。

だがお白湯飲みとマッサージを始めてから明らかにこれが減って、気分が晴れてきた。というか、気分が落ちなくなった。

また、私は朝と晩に体重測定をするのだが、タニタ君(うちの体組成計の愛称)によれば、内臓脂肪の数値が下がった。この数値は例えば、晩御飯を食べすぎたり、水分を取りすぎたりした状態で測ると増えていることが多いのだが、自分では「今日はよく食べたねー」という状態で測ってもあまり変動しなくなった。

 

そしてリハビリ。

7月くらいからトレーニング専門の理学療法士さんに担当が変わり、メニューがうんとハードになった。メニューは徐々に増え続け、現在やっているメニューはバランスワークワンセット10回3種類、左大腿部の強化とバランスワーク3種類、ジャンプ6種類、ウェイトトレーニングをワンセット20回から30回の4種類程度を織り交ぜて。週に1回程度がつり1時間ほど動いている。病院には着替えを持っていってトイレで着替える。でないと、汗だくになってしまうのだ。

ふと、「これってリハビリ?ここまでやる?」と思ったりせんでもないのだが、もう最近では面白くなってきてしまった。「とりあえず既定のセット数をこなす」ではなくて「オールメニューをコンプリートでこなす(例えば、バランスワークを一回もフォームを崩さずやり遂げる、みたいな)」という謎の目標(要求?)に向かって励んでいる。

おかげさまで、これだけのメニューをやっても、筋肉痛になったことは一度もない。ウェイトトレーニングのウェイトを上げたり、トレーニングを加えたりするたびに理学療法士さんから「これってあとから筋肉痛になりそうな感じがしますか?」と聞かれたりするのだが「いいえ」と答えると「でしょうね」と返される。相手から見ても、なんかそういう感じらしい。ありがたいことに「フォームと姿勢が完璧」ともお褒めいただく。手前味噌だが、トレーニングのターゲットと、自分の今のからだの状況がある程度分かるのは仕事(アレクサンダー・テクニック)のおかげだろう。じっくり上げていかなくてはならない筋力もあるが、ものの1分で筋力がついてバランスとかみ合う筋トレもある。割と効率のいいリハビリになっていると思う。

「きつい」と思う動きの超え方、攻略法が見えてくるのは、単純だが快感だ。まさか自分が筋トレに「やりがい」を感じるとは思ってもいなかった。療法士さんにも言われたが、私は「関節の可動域が大きいので、これを安定運用するには少し多めに筋力を付けておいたほうがいい」タイプ。そのことはわかってはいたが、特に激しく動く必要性もなくなっていたこともあって、正面から取り組んでは来なかった。でも今回、筋トレに取り組んでみて「あ、ここがこうなるのか」「このくらいの筋力のほうが総合的なパフォーマンスがこう変わるだ」ということがわかり、面白い。筋肉が量的にも回復し(タニタ君もそういっている)おかげでもある。

 

元気になった身体から見える世界は、明るい。

問題が解決したわけではないが、立ち向かっていけそうな気がする。苦しすぎずに。