2014年3月の「えこひいき日記」

 

2014年3月23日

寒暖の差が激しいことだ。こういう時期には必ず自律神経の不調から来る体調不良のクライアントが増える。ここ2週間だけで相当いらしたなー

冬モードからはるモードに切り替えるだけでも意外と体力を使うものなのだ。

この季節の「自律神経の不調から来る体調不良」とは、例えばこういうものだ。

 

・風邪やアレルギーに似た症状だがそれではない(寒気はするが熱はない、とか、だるいが熱や咳はない、とか)

・やたらと特定のことが気になる

・いらいらする

・意味もなく不安な気がする

 

いずれも「自覚していない疲労がもたらす症状(サイン)」であったり「代謝がうまくいっていない、または、落ちているサイン」だったりする。

改善方法は人によって様々で、丁寧なストレッチが効果的な人もいれば、成分でいうとカテキン、アミノ酸、クエン酸が効果的だった人もいる。そうしたアイテムで症状を緩和しつつも、騒がずに春になるのを待つのが得策、という人もいる(特に精神疾患がある人は、改善しすぎないことも大事だったりする)。「いつでも絶好調」が「普通」というわけではない。「不調(特に季節的な不調)は必ず一定時期で終わるのだから、無駄にじたばたして心身のエネルギーを無駄使いしない」というのも、大いなる「普通」を保つためには大事だったりもする。

 

2014年3月11日

えー、予定通り、仕事に復帰しております。

 

退院から仕事復帰までに数日の猶予があったのは、ありがたかった。退院後数日は、普通のことをしてはいちいちばてていたからだ。洗濯機を回しては座りこみ、掃除機をかけては昼寝がしたくなり、みたいな調子。そういう「普通のこと」でさえ、入院中の運動量から考えれば数倍なのだ。仕事に戻れば更に倍率は増す。仕事が始まってから行ったリハビリで、理学療法士さんが私の筋肉を触るなり「うわ、芳野さん、入院中の何倍動いたはります?」と言ったほど。冷静に、10倍以上だと思うもんなー、セーブしたってそうだもんなー。そしてそのことに自分が十分に自覚的ではなかったりする。つい、「今の実際の運動量」よりも「いつもより動いていないこと」の方に気を取られそうになる。気をつけなくては。

 

以前の「日記」にも書いたが、リハビリにおいては「正しい動かし方」をしても「痛い」。

この「痛い」は「間違っている」とか「動くべきではない」というサインではなく、「正解」にも漏れなくついてくるありがたくない「おまけ」なのである。

だからリハビリにおいて、痛みにフォーカスしすぎてはいけない。痛みを中心にしてはいけない。どうしようもなく感覚の目を引く「痛み」だけど、フォーカスすべきなのはリハビリの目的と私の「からだ」そのものなのである。

そのこともあって、リハビリにおいて大切なのはガッツより観察力だと思う。下手にガッツに頼ると、状況を無視した運動の仕方をしてしまいかねない。身体能力の回復を図るべくリハビリをしているのだから、状況は健常な状態からのパワーアップとは異なる。患部を傷めず回復を図るためにも状況の把握や観察は重要なのだ。だから、努力継続の意思としてのガッツはいいのだが、痛みを無視したり闘ったり、躍起になってメニューをこなすのにガッツを使うのもよくない。かえって傷めて回復を遅らせる可能性すらある。

 

とはいえ、この「からだ」へのアクセスが簡単とはいえない。体がきついというより、脳がつかれる。自分の「からだ」に関する情報や感覚をどんどん書き変えなくてはならないからだ。

先日のリハビリメニューで「この運動を、左脚メインで」と言われた時にその混乱は顕著になった。ウェイトを上げることや椅子への立ち座りをスロウで行うことを、「左脚メイン」でやろうとすると、どうにも感覚が取れない。まるですごく電波の悪い場所や、回線が遠い電話で話をしているみたいだ。思わず、「ブラジルの人、聞こえますかー」というギャグを思い出してしまった。そのくらい左脚の声が「聞こえない」。足元をみると、左足は動いているし、歪んでもいない。でも、どうにも感覚がヴィヴィッドではない。自分のしていることの「感じ」がつかめないとこんなに混乱するものかと思った。

疲れたのか、機嫌が悪いのかわからないような自分でも感じで、リハビリ後眉間にしわを寄せたまま昼ご飯を食べた。でも、昼ご飯はおいしかったので、食べたら眉間にしわは元に戻ったのだけれども。

そしてあんなに遠かった左脚もずっと遠いままではない。わからないなりに何かはわかってきていて、それは次の作業の時に少しわかったりするのだ。

 

地道で気長だが、夏までガンバロー。

 

今のところ、私は「からだの言うこと」をよく聞いていると思う。

私の中には「からだの言うこと」(と仮に呼んでいる)と「あたまの言うこと」(と仮に呼んでいる)ものがあって、基本的に手術直後から「からだの言うこと」をメインに行動をしている。

例えば、入院中。病棟の消灯は午後10時だったのだが、私はその10時を待たずに寝てしまうことが多かった。スケジュール的に言うとそんなに活発でもないのに10時前に眠くなる自分が不思議でもあったのだが、こうして休息することで回復に努めているんだな、と思った。

でも同時に別の自分も存在していた。変な表現になるが、「眠い」私と同時に「眠くない」自分も存在していたのだ。そっち側の「わたし」は「一日中暇じゃん。仕事もしていないし、ろくに動いていないし、本が読みたい。テレビが見たい。なんか、動きたい」と言う。その声や衝動もなかなか強力ではあるのだが、その声に従うと、回復は遅れるな、と感じる。だから、しない。

 

目的を見失わずに最後まで行く、のは何事においても大事で、かつ簡単とは言えないが、ガンバロー。