2011年5月の「えこひいき日記」

 

2011年5月17日

ここ6〜7週間くらい、報道番組を見る時間が減った。正確には、自分で意図的に限った。朝と夜のニュース番組をそれぞれ1時間くらいチェックはするが、それ以外は見なくなった。

で、テレビを見なくなったのかというと、そうではない。録画したドラマを見ていた。BSで一挙放送された『ダメージ』の録画を。何度も繰り返し見て、あんまり面白かったのでDVDも購入した。3シーズン分。

 

本筋とは関係のないエピソードだが、『ダメージ 3』の中にこんなエピソードがあった。

この第3シーズンでは「家族」というのがテーマになっている。登場人物のそれぞれが家族を思い、同時に「家族のため」と「自分のため」の違いに悩み、家族を守りたいと思っているのにとんでもないことになっていく・・・というお話なのだが、その一つに、若き法律家・エレンの家族問題が描かれている。

彼女の家族は両親と姉。平和で平凡な過程に思えたが、姉夫婦の結婚が危機に瀕していて、姉が麻薬売買に手を染めていることが発覚する。そして姉が嘘をついていることも。姉を助けたい気持ちと許せない気持ちの中で、エレンは悩む。そんなときに、夢にある女性が出てくる。その女性が誰であるか、エレンの記憶にはない。しかし古い写真を調べていると夢に出てきた女性が写っているものが見つかった。母や、拘留中の姉に聞いてもこの女性が誰か隠すようで、教えてもらえない。エレンは彼女の姿に懐かしさを覚え、潜在的に「ある期待」を抱くようになる。そしてエレンはその女性の居場所を突き止め、会いにいく。

結果的に、その女性はベビ―シッターだった女性だった。その後、彼女は夢?(潜在意識というか、ココロの中の会話というか)で亡き婚約者と会話する。婚約者は「何を期待していたの?」と聞く。エレンは「たぶん、ばかみたいなこと」という。

 

そういうちょっとしたエピソード・シーンなのだが、なんだか印象的だった。

エレンが期待したこと。それは「私はこの家族の子供ではなく、この女性の子供なのではないか」だと思う。ドラマの中では明言されなかったけれど。

どうして今の家族の子供ではなく、他の家の子供であることが彼女の「救い」になるのか。

 

シーンとしては逆のクライシスは多くドラマ化されているように思う。

例えば、仲良く暮らしていたか家族の子供が何かのきっかけで戸籍謄本などを見ることになる。そこで自分がこの家族の実子ではないことが発覚し、子供は動揺し、急に反抗的になって暴れたりする。

この手のシーンを見るたびに私が困惑したのは「家族の意味」だ。この事実を知って「ショック」というのはわかる。しかし、その子供は血のつながった家族でなくても、とてもかわいがられていたわけだ。ということは、その子供がかわいがられていたのは「血のつながっている」という理由からではないはすだ。「血のつながり」と「かわいがられる」に直接的な理由や関係はないのである。しかし、子供のほうがそうは感じない。「実子ではない」ことがそれまでの生活までも嘘であったかのような、これからはこれまでのような幸せは得られないと決まったかのような気持ちにさせている。

それは「血のつながり」というものにある「約束」や「保障」を感じているからではあるまいか。生まれついた運命というか、誰かや何かからの、自分という存在に対する絶対的で運命的な約束と保障を。迷いから一番遠い絶対的な「意味」を。

 

 

この2ヶ月くらい、レッスンで何度となく「生きていることの意味」についての会話があった。多分、普段よりもさらにたくさん。

「私が生きている意味はなんなのだろう」「意味のある人生を送りたい」「何のために生きているんだろう」「こんなことが起こるなんて、神様はいるのだろうか」「こんなことが起こることに意味があるのだろうか」「どういう意味があってこんなことがおこるのだろう」「自分が生きている意味を知りたい」・・・

 

表現の仕方も、表現のテンションもさまざまだ。だが共通しているのは「よりよい人生を送りたい」「人生の意味がよりよいものであってほしい」と思っているということ。その願いは正当だし、素敵だと思う。

ただ、「意味」という言葉を使って問いかけたいとき、人は必ず迷っている。苦しんでいる。その苦しみが苦しくて、もしもこの苦痛が何かのため、よりよい、より価値のあるもののためだったらはげみになるのでは・・・と考えたりする。この苦しみにも意味があってほしい。必ず与えられる対価や褒賞があってほしい。この苦しみが「正しい」ことで、何か大きく自分を肯定してくれる存在から「よくがんばったね、いいこだね」といわれる日が来てほしい、と願う。解決策を探すというよりも、肯定感を得たい、という気持ち。そう思いたくなる気持ちは、わかる。

 

でも、逆説的に問いかけてみたい。もしも、その苦しみに特に対価はないかも、といわれたら、あなたは苦しむことを止められるか。もしも人生それ自体に意味はないかも、といわれたらあなたは生きるのを止めるのか。

 

苦しむ以外の方法で解決への道を見出せるなら、そっちのほうがよい。その方法しかなくて、それには苦しみが付いてくるとしたら、なるべく苦しみ過ぎないように苦しむしかないだろう。私の知る限り、どう向き合ったかが、後々意味を生む。生きてみて、それが後々「意味」と呼べるものになったりするらしい。それを生きてみる前に意味を知ることは難しい。予想くらいは出来るけれど、予想以外のことが起こるのも人生だし、予想以外のことを受け入れなくてはならないのも人生だ。それがいい出来事なのか悪い出来事なのか、簡単にはわからない。生きてみないとわからないのだ。

 

人は人生の作り手であって、人生に仕える立場ではない。カズオ・イシグロの『私を離さないで』を読んでいてもそう思う。

 

 

 

2011年5月15日

おとなになるってことは、いかに他人を傷つけず、自分を貶めずに、言いにくいことを表現する技術を獲得するか、ということかと思ったりする。

言いにくいことを言わずに済ますのは、自分自身を汚れ役から守ったり、相手との間に起こると予想される葛藤を一時的に免れさせるが、解決とは違う。免れ続けて幸せになれるのならいいが、むしろ苦しみを延長しているだけ、ということもある。要は、本当はどうしたいかの問題だ。

 

あるいはこんなふうにも思う。「コミュニケーションがとれている(成立・成功している)」というのは、どうすればいいかとか、いかに自分の考えを相手に理解させるかではなく、いかに自分とは異なる相手の考えの「なぜそうなるのか」を理解した上で、自分の考えを“正確に”表現できるか否か、かな、と思ったりする。

 

最近頻繁に感じているのは、本当はその人とコミュニケーションをとりたいとは思っていないくせに、とれなくてはならない、と思っている人が多いな、ということだ。理解や共感といったものが誰とでも当たり前に(つまり苦労も工夫もなく自動的に)成立したり、「いっぱつ」で「とろう」「とれる」と誤解している人が多いな、と。確かに「いっぱつ」でとれたように思うことも起こるし、他人は自分より常に苦労もなく上手くやっているように見えがちだ。でも多くの場合それは「相違部分が表面化しなかった」「問題として(たまたま)クローズアップされなかった」というべき現象に過ぎない。また、その程度の「あいまいな」通じ方で充分、という事柄が少なくないのも事実。解像度の低い理解やコミュニケーションは一見スムーズに見える。でも、それが「スムーズ」という考え方は「理解」よりは「処理」に近い考え方なのだ。

 

多くの場合・・・つまり、多くの「コミュニケーション不成立」の場面というのは、自分が「当然」と思っている考え方とは異なる考え方や行動を相手が示したときに、自分の驚き(それが「怒り」に感じられることもある)や違和感のほうに先に反応してしまいやすい。

相手とコミュニケートしたいと思っているにもかかわらず「予想外の」通じなさや疎外感を感じたとき、人は饒舌になる。なんとしてでもわかってもらおうと、しつこいほど訴え、言葉を重ねるのだ。それが相手には「独善的」「押し付けがましい」「攻撃的」と感じられ、さらに溝を深める。

言葉にしてしまうと当然過ぎてあきれるほどだが、コミュニケートするには、お互いに、まず、聞き、そして話さなくてはならない。「聞く」態度が先なのだ。たとえ、行為として自分が話すのが先になったとしても「あなたの話すことに興味がある」「真剣に聞こうと思っている」という気持ちがあるかないかに、相手は敏感なのだ。そして聞き手は、相手が「本気で」自分のことを話す気があるのかに敏感だ。「(一方的に)訴える」は「(誰かに)話す」とは違う。たとえ話の量が多くても、内容的に激しくても、話ならば、聞くことが出来る。

 

この仕事をしていると、相手が話していることを聞いていても一体何が言いたいのかよくわからないことがよくある。多分、本人も何を言いたいのか自分でもわかっていない。あるいは自分が話したいことに言葉をどう使っていいのか迷いながら話している。そのことを素直に表現する人もいる。でも、自分でもわからないことを話そうとしている葛藤に耐えかねて「こういう話にしておこう」と自分にとって「わかりやすい話」を話した挙句、さらに混乱する(少なくとも話したとて満足感もすっきりした感じもしない)人もいる。いずれにしろ、わかりやすい話ではない。私のココロではないし、私の身体じゃない。その経験を、私はある程度「理解」するように努める。その「わからなさ」にステイすることによって。

結果的に、私がクライアントの問題の「解決」に助力できたり、「わかってもらえた」「すっきりした」と言ってもらえるのは、私が簡単にわかろうと思っていないからだと思う。理解するスピードにブレーキをかけている、という意味ではない。私個人の経験や意見、予め自分で作った概念の雛形に相手を当てはめることを避けている、という意味だ。時には、私個人の価値観に照らし合わせると吐き気がするような話をし始めることもある。それも、とにかく徹底的に見る。自分に何が見えているのかを。何なのかわからないものも見える。でも、それも見る。カテゴリーに分類せず、でも覚えておく。そうすると、そのうちそれがなんなのか分かるときがある。

 

もしも私がどんなクライアントの質問にも返答できているように見えたり、コミュニケーションを得意としているように見えるとしたら、たぶん、人や物事が簡単に「わかる」と思っていないからだと思う。「処理」しようと思っていないからだと思う。

 

 

2011年5月10日

日々の業務に明け暮れ、九州に仕事に行き(JR九州の新幹線のCMに泣いた!博多でタクシーの運転手さん3人がみんなその話をしてきた。私の移動は飛行機だったんだけどね・・・)、帰ってきたらビンラディンが暗殺されててたまげ(正直言って、アメリカのやり方には暗澹たる思いがある。やはり嫌なものである。ひところして喜ぶの)、少し休んでまた業務、という日々である。

 

そんな中、中部電力が大きな決断を下した。いよいよ大きな変化が始まる。とても大変だけど、ただしい変化だと思う。おっし!関西でも、節電がんばっちゃうぞ!

 

変化する必要性を感じていても、滑らかに速やかに変化する方向に動いていける人は、多くはない。

変化する必要性を口にしながらその後必ず「でも・・・」というフレーズで「変わらなくていいんじゃないか、まだ早いのではないか、あるいは今さら遅すぎるのではないか」を口にして、自分の言葉に絡め取られて、立ち止まってしまう、という人は少なくない。

 

そういう人たちは事が極まると、自分で壊せなかったものを他人に壊してもらうことを期待する。無意識に破壊の到来を待ちわびていたりする。破壊の大きさに変化の大きさを重ね合わせたりして。そうしたことの表れの一つとして、病気になったり事故にあったりすることも少なくない。

そうまでしても大きな意味での質、恒常性を保とうとする人間の生理にある種のたくましさを感じたりもする。と、同時に、もう少し自分で気がつけないものか、とも思う。自分で気がつこうとすると、自分の見たくないものも見なくてはいけない。認めなくてはいけない。何かに気付かされるのを待つか、自分で気付くことをするか。どっちがいいのか、簡単にはいえない。でもどちらにせよ、できるほうをするしかないだろう。変わるべきなら、変わるべきなのだ。