2011年4月の「えこひいき日記」

 

2011年4月14日

よくサプリメントのCMなんかで「これ一粒に○○××個分の栄養素が!」という謳い文句がある。(○○の部分は、果物とか野菜とか魚とかの名前。××は数字ね)

晴れやかで誇らしげな声の印象から「まあ素晴らしい!」と言いたいところなのだが、私の頭の中をエリザベート・バートリーが通り過ぎていくことがあるのは、私が歪んだ人間だからだろうか。

 

人間が経口摂取しているのはささやかな「一粒」かもしれないが、それは××個分の○○。つまり○○××個のお命を頂戴しているわけである。なかなかの大量殺戮。以前ベストセラーになった『ゾウの時間・ネズミの時間』の中でも、摂食だけでなく電力等で多くの「生きていくための熱量」を必要とするようになった人間はリアルサイズ以上の哺乳類、でかさでいうと「恐竜並み」と表現していたと記憶している。

あえて自分の前言に補足(反論?)を入れるとする。サプリメントの中には厳密に「××個の○○」を使用しているわけではなく、「××個分」になるように他の物質で調整しているものもある。つまり厳密に××個の御命を頂戴しているわけではないこともある。そう考えると罪悪感は幾分減りやすいかもしれない。また、サプリメントという製品以前にも、例えば野菜ジュースだって、漢方薬を煎じて飲むのだって、アロマテラピーのエッセンシャルオイルだって、「御命の凝縮物」は以前から存在する。何もサプリメントが史上初というのではない。

ただ過去と状況が異なるとすれば、そうした「御命の凝縮物」が技術的に大量生産が可能になったことだ。お金さえ出せば手に入る状況が促進され、低価格化がされ、流通が進んだことだ。過去においては、それらは「薬」という非常時の希少品。そして少数の権力者の占有物だった。でも今では、ちょっとお金と知名度があれば簡単に「セレブ」などと呼ばれ、加齢を罪悪のように言い若くあることに過剰な価値が与えられて「美魔女」などという流行り言葉などにされて、誰でも始皇帝やエリザベート・バートリーに「なれる」時代になった。あるいは恐竜に。

 

そんなことを原発問題のニュースを見ながら考える。一般人にマイ原発は作れない。でも、とんでもない量や力を用いても消費に応えることこそ善、不足や減少を過剰に恐怖する考え方の背後には「一粒で○○××個分!」と同じ感受性が働いているような気がしてならない。

 

私が原発を作ったわけではない。積極的に賛成したわけでもない。でも、結果的にその恩恵に浴してきた。そういう意味で暗黙に受け入れてきた。受け入れることで影が生まれてしまうこと、犠牲になるかもしれないものに関心を払ってこなかった。

だからといってこれから東電の人たちや行政を責め立てることに積極的になろうとは思わない。私に出来ることがあるとすれば、事のもとになる感覚について考えること。人間のリアルサイズと、なりたいサイズ、なれるサイズについて考え続けること。人間と呼ばれるこの生き物がなんなのか、考えること。本当にほしいものは何か考えること。

原発を生み出す感受性は人間の外にはない。中にあるのだ。身体の中に。日常の中に。                              

 

 

可能になってしまうと、それが不可能であったときよりも、その行為の重大さが軽くなったように感じられる錯覚がある。

例えば「できない」ときは必死でそれが出来るようになるよう、がんばるが出来てしまうととたんに「できる」ことには興味を失ってしまうことがある。「そんなことよりも、こっちのできないことをなんとかしなくては」と、「できない」を追いかけていってしまうのだ。本人はそれを向上心と感じていたりする。同時にあるいは逆に「まだまだ足りない。私は不完全な人間なのだ」と劣等感に思っていたりする。

あるいはこんな考え方もある。「できる」ことはいいことなのだ、という考え方だ。それが「できる」のはそれがしてもいいこと、すべきことだからではないのか、という考え方だ。時代もあるのかもしれないが、かつて人間は自らを神に次ぐほど、あるいは越えるほどの存在で、できてしまうことは即ちいいこと、行けるとこまで行ってしまえ!と、信じていたような気がする。してはいけないことなら起こせるはずがない、と。でも「何か」や誰かに叱られたり止められたりしなければやりっぱなし、って、万能どころか、こども、ってことなのだ。

人には「やれるだけやってみたい」という欲望がある。それが豊穣を意味するのか、底のない飢餓感から来るものなのか(結局、前記の話とおんなじ)は、にわかには判じがたい。

一ついえることは、人間が欲望に仕えないこと。人間が欲望を抱く立場にあること。多分それが、おとな、ってこと。

 

テクノロジーに使われるな。使え。使いこなせ。使わないという使い方も含めて。

 

 

2011年4月9日

私の所のレッスンには実にいろいろな人が来てくださる。その中にはアーティストさんも多い。そういう定義で「アーティスト」と呼ぶかは迷うところではあるが、私の念頭にあるのは演劇や音楽、ダンスをされている方。絵を描いていたり陶芸をされていたり、小説を書いている方もいる。お茶やお花の先生もそう呼んでよいかな、と思っている。

 

今回の震災で、いくつかの舞台やコンテスト、コンクールが中止になった。その一方でこの状況の中、決行された舞台もある。どちらの場にいた人たちも、何の迷いもなく、感情の揺れもなくその行為に至ったわけではない。ものすごくものすごく考えて、いつも以上に自分たちのしていることの意味を考えて、諸々の状況を視野に入れて、話し合いもして、そうするに至った。そうした後も、その行為の意味を考え続けてもいる。後悔しているわけではない。間違っている、と思っているのとも違う。でも、想いをはせてしまう。

何に?たぶん、生きていくということについて。自分が生きているということについて。生きて、できることについて。

 

ある全国大会の決勝に出場できなくなった子供たちは、被災した人たちの手間よりも、まず自分たちのことがショックで泣いたという。でも泣いた後に「どうして自分たちが泣くようなこと(コンテストの中止)が起こったのか」が目に入ってきて、また泣いて、でもその次に考えたのは自分たちが「それをする意味」だったという。踊る意味、音楽をする意味、絵を描く意味。どうして他にもいろいろなことがある中で、自分はこれを選び、好きで、がんばるのか。今自分に出来ることは何か。

震災の翌日に本番を迎えたダンサーたちは、その前夜ものすごく悩んだと、後日伝えてくれた。彼らの公演場所は関西。設備の面や経済面を考えるなら上演を迷う理由はない。でも人が、ダンサーが踊るのは、単にそこに踊れる場所があるからだけではない。今、自分たちが伝えたいと思って創ってきた「それ」を踊りで伝えるべきなのか、伝えてよいのか、そのことで自分たちの気持ちがどう動くのか、観客に不快な思いや辛い思いをさせることはないのか、考えて考えて考えて、舞台に立つことを決めた、と。

脚本を執筆中だったある作家は、震災を期に思わず筆が止まってしまったと言った。話の続きを考えようとしても、固まったように何も出てこない。何を考えてよいのか、何かを考えてよいのかも分からない。いっそ今までの構想を捨てて、震災のことを悼む作品を書くべきなのだろうか、とも思ったという。でも、それも何か違う、それは本当に何かを作ることでも悼むことでもないのではないか、と感じて、また考えることを始めた、と話してくれた。

 

そうしたことに批判を寄せる人たちも居るだろう。現に「そんなことをしている場合か」「気楽なものですね」などと言われた(書かれた、といったほうが正確か。掲示板とかでね)こともあった。

 

批判した人も、批判された人も、探しているのだ。自分に出来る最善を。みんな、「いいこと」をしたい。「いいこと」をしようとして悩み、焦り、時に争ってしまったりする。

 

いつも思うのだが、「いいこと」をすることは本質的に孤独な作業だ。満場一致で他者が「よさ」を保障してくれる「いいこと」なんて、ない。誰かが見ているからとか、見ていないとか、褒めてくれるからとか、通常だからとか、非常だからとか、関係ない。

常に問い正さなくてはならないのは「それが自分にとって必要か」ということだ。それをする自分を許せるか。それをしない自分を許せるか。そうすることを「いい」とうなずく自分が自分の中にいるかどうか。

 

誰かと「同じ」ことをしているほうが「無難」と考える向きもある。多数決すれば多いほうには入れるし、人を排除せず、誰かと価値観を共有している、わかっている、理解している気分をかもしだしやすいかもしれない。今の自粛ムードもそんな側面があるような気がする。でも、考えてみてほしい。無難な安心感で同じ土俵にどさどさ上がってくるから、結局「優劣」でしか「個性」を認識できなくて、慢性的に競争することでしか自分を認められない、ぎすぎすして単調な「同じ」になってしまうことになっていはしないか。自粛やチャリティーさえ競ってはいないか。隣を見て決めてはいないか。

本当に共有したい「同じ」は、みんなで同じことをする、ということにあるわけではないのではないだろうか。

 

BSですら災害報道一色だった日々が続いて、ある朝テレビをつけてふつうに音楽を流しているチャンネルを発見したときに、私は心の底からほっとした。

私がその音楽の中に見たのは、「過去の日々と戻った」という意味の「ふつう」ではない。今の惨状を忘れられる、という「逃避」でもない。多分、未来への希望。今は、ずっとこのままの今ではなく、人がライブで生きようとする限り、今は変わる。そういう、希望だったと思う。そういうことを説明とか、説得じゃなく、伝えられるのが芸事の力だと思っている。

 

 

2011年4月3日

すごい勢いで日常は動いていく。普段通りのことも、普段通りではないことも、起こる。

 

「スタジオKに今回の災害向けの募金箱は置かないのですか?」というお問い合わせや質問をいただいた。

結論から言うと、「置くつもりはありません」。どうかそれぞれの善意の義援金は、それぞれがしかるべき団体・組織に直接行っていただきたい。

 

今回の災害の規模、そして復興への道のりを考えると、私の所のような人の出入りの少ない場所で募金をまとめるよりも、それぞれの方が行動していただける方が効率的だと思う。

ただ、事務所あるいは私個人としても何もしないということは考えていないので、災害が起こった日から頂いたレッスン料の中から一定額を寄付させていただくことにしている。寄付に関してはこちらの一存で行うことなので、クライアントさんにその分を上乗せ請求することはない。念のためお知りおきいただきたい。

どういう状態になったら「もう復興した」と言えるのか、そしてそれはいつごろになるのか、現時点ではまだ読めない。だから助け合うことは長期にわたるだろうと思う。それだけに最初だけ無理してたくさん(?)寄付をして、その後続かず、みたいな状態にはしたくないと思っている。

 

寄付金の使い道も、どの団体に寄付するかによって異なる。例えば赤十字に寄せられた寄付金は「個人の救済」に使われるが、自治体等で集めた寄付金は壊れた道路や設備等の「公共物の復興」に用いられるという。その他、障害者団体、動物のレスキューなど、さまざまなチャリティーがある。

お金のほかにも、物資を送る協力もある。どこに、どういう物資が必要なのかはかなりのスピードで変化していくので、注意して情報を集めていただきたい。

 

例えばこんなとことで情報を確認できるかと。

募金情報まとめ - 平成23年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)

 

NPO法人エーキューブ

仙台を拠点に被災した犬や猫たちの保護を行っているそうです。物資(3月末時点では「保護用ゲージやサークル」「パウチタイプのフード」がリクエストでした)等の援助ができます。

 

東北地震犬猫レスキュー.com

 

災害と障害者・病者:東日本大震災

 

京都市の協力により京都JCにて救援物資受付のご案内 - 東北地方太平洋沖地震 災害支援