2010年11月の「えこひいき日記」

 

2010年11月25日

今年も出雲大社の神在祭に行くことができた。今回は1泊。目的は「神在祭中と後では出雲大社の雰囲気は違うのかの検証」。

これまでの2回は神在祭真っ最中にお参りに行かせていただいたのだが、その2回で感じたのはもわもわするような熱気。参拝の人間のそれでとは別に、何かがとってもアゲアゲな感じだったのだ。それでやたらるんるんとお参りさせていただいていたのだが、そこでわいてきた疑問が「出雲大社というところはいつでもこうなのか、それとも神在祭だからなのか」。いつか比較検証も兼ねて平素の出雲大社に行きたいなあ・・・と思っていたのだが、では、神在祭最終日に行ってお参りして、同日夕方の神去祭(かむさで祭・出雲大社に集結した八百万の神々が散会される儀式)を見て、翌日また出雲大社にお参りしたらどうだろう、ということを思い立ち、実行に移した次第。1泊するにあたっては神在祭中に行われているという夜神楽を見るプランと迷ったのだが、それはまた来年ということにした。

 

で、検証結果、私的にはどんな感じだったかというとですね、「違う」と申せましょう、でした。ただ、うっかりしたことに神去祭の翌日は勤労感謝の日、すなわち新嘗祭だったのだ。1泊した翌日の朝、出雲大社に行ってみると拝殿の両脇には小さな米袋が山と積まれ、拝殿前にはテントと椅子が設置されていた。椅子にはこれから始まる儀式に集まるVIPの名前が並んでいる。神様VIPをお見送りした後すぐに人間VIPを迎えてのお祭りとは、出雲大社さんも大忙しである。そんなわけで、完全に「平素の」様子を伺えたわけではなかった。とはいえ、神在祭と新嘗祭ではお祭りの性質が違う。その雰囲気はしっかり感じられたし、面白かった。

その後いくつかの神社を巡った。佐太神社さんでは出雲大社さんのとは別に、神在祭の最中なのだが、出雲大社よりも小さめの神社であることや、参道を埋め尽くすほど縁日が立っていることなどあって、神と人の距離がうんと近い印象なのだが、きっと勤労感謝の日ではない日に来てみれば少し雰囲気が違ったのだろうと思う。出雲大社さんとはまた違った荘厳さを持つ神社だった。

他にもいくつか神社さんを巡っていろんなことがあったのだが、ここでは割愛。でもすっごく面白かった。

 

 

こうやって神社さんなどにお参りするたびに感じるのが「人は何と向き合って生きているのか」ということである。「何と」というよりも、そもそも「向き合う」ということをして生きているのか、ということも含めて。

 

人の中に生きていると、必ずしもきっちり相手と「向き合う」ということが最善ではないというケースが少なからずある。他者のプライバシーに干渉しないこと、「立場」や「役職」という枠内に自己を留まらせ自身の言動や思考を制約すること、制約を守ることで「その場」に適合した「いい人」や「いい子」でいること、揉め事を避けまくって自己主張しなければ、誰も傷つけず誰からも傷つけられず「無事に」一生を生き抜けるんじゃないか・・・フルコンタクトで何かと向き合う機会など、めったにない、どころか、避けていたりする。それが「礼儀」であり、「他人を尊重する態度」なのだと自分に信じ込ませている。それは確かにまるっきり嘘というわけじゃない。私だって、使っている。でも、ふと思うのだ。それだけでは本当には誰にも何にも出会わないまま死んでしまうのじゃないかって。人が感じる「寂しさ」や「虚しさ」というやつは、まともに自分や他者や世界と向き合おうとしないことに由来しているんじゃないかと。

 

「癖」や「習慣」というのも、からだにとっては一種の「立場」や「役職」である。あることを果たすのにそのやり方で行うのが「あたりまえ」だと思っている。確かにそのやり方で築かれたものや果たしてこられたこともある。しかし、それは永続するものではない。役目を果たし終えたら解消し、移っていくべきことである。

しかし「立場」や「役職」、「癖」や「習慣」を「すべて」だと勘違いしている人もいる。あるいは「あたりまえ」のやり方が通用しなくなったことにただパニックするだけで、何が起こっているのかを見ようとしない人も。そうやってパニックし、足掻くことを「努力」と思い込もうとしたり、その痛みを「生きている実感」のように摩り替えたりする人もいる。自分の「あたりまえ」の存続を犯すもの、あるいは変わらない「あたりまえ」で自分を囲ってくれない「外」をひたすら恨む人もいる。「助けて」と他者に手を差しのべながらその手を振り払う。そんな人間を山ほど見てきた。

 

そういう場面に出会うたびに、私は何が「よいこと」なのか悩んでしまう。いっそ彼らの思う通りのことが起こればいいのか、と思ったこともある。自分の考えが間違っていてほしい、と思ったこともある。でもあるとき、残念だけど、そういうもんじゃない、そう思いたくなるのは、彼らと同じように私が何かに触れることから逃げているからだ、と思い至ったときに、悩み自体は消えなかったし、量も減らないんだけれども、なんだかすっきりした。どういう方向に悩めばいいのか定まったからだと思う。

 

誰かと「向き合う」って、自分が「よい」思う方向に相手を誘導することではない。早急に誰かの役に立とうとか、何かをしてあげようなどと焦ることでもない。相手より早く正解を出すことでもないし、相手の言うことを全て肯定するような安易な受容でもない。相手に同化することでもない。

何かと向かい合っているつもりで、うっかり競ったり争ったり恐れたりしてしまうことが、なんと多いことか。そういう方法でしか認識できない人間が、疲労から逃避的思考停止に陥ると、一転それを「一皮剥けた」だとか「自分は世界と一体となった」などと安易にほざいたりする。まあ、それだって実のところ「あんたらとは違う。私のほうが上なんだ」という比較・競争的意識の表現でしかないんだが。瞬間的なインパクトに翻弄されているだけで実はおんなじところをぐるぐる回っている。そんな反動や反転など、理解でもなんでもない。向き合っている、というのでもない。にせものは、もうたくさんだ。

 

では、「向き合う」ってなんなのか、と問われると、私にも上手く表現できない。少なくも「○○です」という言い方で表現するにいたっていない。私に今言えるのは、上記のように「○○のようで○○でない〜(ベベン!)」という言い方だけだ。

だから私に何ほどのことがわかっているわけではないのだけれど、「向き合う」ということから逃げなければどこかに抜けられる、成るように成る、とも思っている。

一見投げやりな楽観に思えるかもしれないけれど、実感でもあるのだ。だって、仕事でクライアントさんとあっていても、彼らが「どんぞこ」と思っている状況は意外とそうではなくて、ただ自分が最初に思い描いた解決策では解決できなかった状況、ということに過ぎなかったりすることはよくある。よく状況を見れば見落としていたものが見えてくる。見ていたのに見えていなかったものが見えてくる。それも一つ「向かい合う」ということではないかと思っている。

もちろんそれは私のレッスンの専売特許ではなくて、誰かにとっては別に何かのレッスンやセラピーなのかもしれないし、ひとりで行う瞑想なのかもしれない。でも教室やメソッドも問題というのでもなくて、ふと出かけた旅がそのいい機会になるかもしれないし、あるいは今日食べるお昼ご飯が結果的に「それ」になるかもしれない。

そういうことに希望を見出し続け、大事なことを思い出し続けて、こまめにリセットしていくことを「生きていく勇気」と呼ぶのかもしれない。大事なことって、一回わかったつもりになるくらいじゃ、ダメなんだよね。毎日それを見つけて生きないとね〜。

 

 

とか思いつつ、出雲から帰ってきた日に韓国と北朝鮮の銃撃戦のニュースが。なんなんだ、世界って。

 

 

2010年11月9日

何時の間にか、秋なんだなあ、と思った。今日の気候は「秋」というより「初冬」っぽかったけれど。澄んだ空気。冴え冴えとした山の輪郭。そして紅葉。紅葉、してたんだね。このところ全く出かけていなかったので実感がなかった。「電車に乗って出かける」とか「市外に出る」みたいな意味の「出かける」が。

 

滋賀県の県立近代美術館に行った。シンプルな出来事なのだが、私には2つの意味で「珍しい」行為だった。

一つは、「出かける」という行為について。不思議なもので、私には滋賀県の瀬田よりも東京やNYの方が「近い」と感じられる。理由はシンプル。瀬田が「遠い」のは距離に問題ではなく、経験という名の親しみの問題。あんまり行ったことがない、というそれだけの理由。瀬田と京都の実際の距離は、JRで17分。事務所から美術館までは、アクセスさえ順調なら40分ほどである。しかし都市部から緑の多い地域に移動するだけで「遠くまで来た」感慨がある。考えてみれば東京もNYも都市部で、そこに行く理由も基本、お仕事的。「いつも」からの遠さもこの「遠くに来た」感じに関わってくるのだろう。「遠く」に行く気持ちになるには、ちょっとエネルギーが要るけれど、私は「遠く」が嫌いじゃない。

もう一つは、仕事のある日に「遠く」まで行くという行為をしたこと。私は「時間的に間に合う」ということ中心のスケジュール組みが苦手である。事務所にはたいていクライアント業務が始まる1時間以上前に入る。そして可能な限り一人にしてもらう。何をしているかというと、別にたいしたことはしていなくて、メールの返信とか、ちょっとした掃除とか、お茶を飲んだりとか、そういうことをしている。クライアントに関して手の込んだ準備が必要な場合は前の日のレッスン終了後にしておくから、直前にあれこれすることはあまりない。でもこの1時間は、私にとって大事である。「仕事」に向かって無理なくチューンするのに必要な時間なのだ。儀式的な側面もあるかもしれないが、場合によってはこの1時間意外に事務所でくつろぐことも休むことも出来ないのが私の日常だ。

仕事のある日に「遠く」に「出かける」のは気持ちの上で少しリスキーだ。下手をすると、外出を楽しみきれなくなる。仕事の1時間前までに戻ってこられる算段でいても、頭のどこかで時間を気にする分量が増えるのが負担だ。だから、仕事の日に「出かける」をするのは避ける。意図的に。でも今日は気持ちが「YES」だった。強いもせず、そういう気持ちになるのがなんだか自分で嬉しかった。

 

出かけたのは『白洲正子 神と仏、自然への祈り』という展覧会。白洲正子さんは、好き。著書も何冊か読んでいる(というか、展覧会で販売されていた文庫はほぼ全部持っていた。一冊、また1冊と読んでいると結果的にこういうことになるもんなんだねぇ)。彼女の著作に登場する社寺仏閣、仏像たちの写真をふんだんに盛り込んだ本も発売されている(それも何冊か所有)が、今回はその実物を拝見できる展覧会。

当然だが、実際に見る、というのは、よい。いくら図版で親しんでいても、大きなものも小さなものも決められた紙面のサイズに合わせられ、ある意味「見やすく」されているものから受け取ることが出来るものと、実物では、違う。

しかし「実物をみた」から終わり、というのでもない。こういう展覧会を拝見すると、ここで展示されている品々、特に仏様や神様のお像などは、本来の場所でお会いしたいものだ、と思う。きっとまた何か違うに違いないのだ。だからこそ、白洲さん自身も数々の場所を旅してこられたのだろうから。

今回の展覧会でも、とても大きくて素朴な軍茶利(ぐんだり)明王さんのお像にお会いしたのだが、どうも立ち姿がさびしくて仕方がない。何となく気になりながら会場を出て、物品販売のコーナーに並んでいた『家庭画報11月号』を手にとって見ると、お寺にいらっしゃるときの写真が載っていた。うん、こちらのほうが納得。いつか軍茶利さんの「現場」でお会いしたいものだ、と思う。

 

それにしても、平安時代くらいの仏像や神像には独特の佇まいがある。例えば、鎌倉時代の運慶・快慶の仏像と比べてみるとわかりやすいかもしれない。運慶・快慶の、特に明王などの像はキャラが満開。表情やポージング、参拝者から見上げられる角度に至るまで「わたし(像)は○○である」という主張に満ちた迫力がある。それに対して、この展覧会でも多く展示されている平安期くらいの神像・仏像は、ある意味、キャラが薄い。ある方向から考えれば彫刻技法の稚拙さやリアリズムのなさと呼べるかもしれない。でも、このかたち、この像で表されているものの本質は「人がその名で呼ぶのなら、神様にもなる」「仏様にもなる」ものの元型、なんじゃないかと思ったりもする。まさしく「自然への祈り」「存在への感謝」みたいなものを、あえて、人間(?)っぽいかたちであらわすならば、という、どこか控え目な・・・というのは違うな、控え目に見えて自由、かたちを有するのにかたちに閉じ込められていない佇まい。なんか、変な例えかもしれないが「名優の自然体」を観る思いにもなった。

 

関節や筋肉の使い方に癖をつけることは、一種の「キャラ設定」ともいえる。ネガティブなイメージが先立つ「癖」ではあるが、「意識しなくても勝手にそう動けるように」という願望(?)から望んで「癖」にする動きもある。「いい意味で癖づける」という言い方もあるし、「美人癖」などというネーミングの靴も見かけたことがある(「美人」て「癖」か??と突っ込むと、突っ込みどころは満載なのだが、そそられるネーミングではあるのだろう)。

一つ厄介なのは、「癖」は「反射的反応」「経年的恒常」ではあっても、「コントロールが効いている」「自由に動ける」というのとは違う、ということである。つまり、癖でやっている「正しさ」や「美しさ」は、状況の変化に対応できない頑ななものに過ぎないのである。自分で考えて納得したものでもなければ、状況が変わってもその本質を損なわすに発揮できるようなものではない。

姿勢にしろ、身体の使い方にしろ、私は本質的なものが好きだ。手っ取り早くて、受けがよくても、寿命が短い非本質的なものをセンセーショナルに売りつけるのは好きじゃない。本当には身についていないのに出来る振りだけを売るのも好きじゃない。でも、あっさいものに洗脳されたがる人も居るんだよね。つい最近もそういうのと戦って、つくづく辟易したのでついリキが入っちゃうが、本当に、時々、いい加減にしてほしい、と思うような事態に出くわす。

でも、何度絶望的になりつつ、まだかろうじて私が仕事をしているのは、「自由」を手にしてさまざまな「美」を見せてくれる人たちがクライアントとしていてくれるからだと思う。大げさかもしれないけれど、人間は美しいんだ、と思える。そういうこと、信じてみよう、と。

 

やはり仕事ばかりしていてはいかんね。人間として、ちゃんとしよう、と思った。