2010年7月の「えこひいき日記」

 

2010年7月19日

空にはなんとたくさんの水かあるものか・・・と思っていたら、梅雨明けした途端きっぱりとした晴れ。ものすごいくらいの夏空。幸い京都は著しい水害などはなかったようだが、全国規模では大変なことにもなっている。

 

そんなこんなで、17日の祇園祭・山鉾巡行の日はきっぱりと晴れた。夜店が出て賑わう宵宵山、宵山は雨で、例年に比べると少なめの人手だったようだが、その分巡行の日は凄い人出だったみたいだ。

雨のせいなのかどうなのか、私はやたら眠くて、宵山の日も早々に眠ってしまった。翌朝早く目が覚めて、ふと思い立って鉾を見に行ってみた。午前9時からの巡行に向けて鉾町の人たちはもう動き出していた。昨日までの雨よけのビニールを山鉾から外し、本番用の見送りなどの装飾品を飾り付け、ご神体を積み込む人たち。その傍らでは昨夜の喧騒の後始末の掃除をする人。静だかで淡々とた作業だが、その中に何か高鳴るものを感じる。そして熱心な観光客がカメラ片手に撮影にも来ている。夜間に山鉾を見るよりも明るい早朝の光の中でのほうが細かな部分まで撮影しやすいのだろう。なかなかの穴場である。そうかと思えば、お祭りには関係なく日課と思われるジョギングなどを熱心にこなす人たちも。関係ないようでいて、共通しているのは、それぞれに「これから始まるよ」という静かな熱気を湛えていること。

なかなか新鮮な風景であった。

 

 

2010年7月16日

世の中には健康グッズとか、新手のフィットネスグッズとかがたくさんある。こんな仕事をしているせいか、クライアントさんがほとんどひっきりなしにそうしたものに関する話題を持ってきてくださったり、使い方を相談されたりする。だから、というわけではないが、私が個人的にそういうものを購入することはほとんどない。先日、椅子の話でもこの「日記」に書いたが、グッズだけに頼って何らかの健康を手に入れるのはきわめて困難だと思っているし、「手っ取り早さ」とか「モノがあることがやる気(やった気?)の象徴」というところに重きを置くのでなければ、意外と多くのことが思ったよりも身体一つでできると思っているからだと思う。

 

バランス・ボールと呼ばれるボールは、在米時代から使っているものだから、かれこれ18年は同じものを使っていることになる。そう考えると意外と物持ちがよいし、ボールも丈夫なものだな、と思う。

今でこそ、フィットネスクラブなどでもすっかりおなじみになったボールではあるが、私のレッスンでは基本的には椅子代わり。そして「これを使って鍛えましょう」というよりも「これを使って自分の身体を知りましょう」という、より教材チックな使い方だ。

 

例えば、ボールに座ってバウンドしてみる。跳ねるボールと同調して、膝や足首、股関節など関節たちが動いているのを感じてもらう。「動かす」のではなく「動くことができる」こと、「動ける状況で身体がスタンバイしていられる」こと、そしてその感じを「感じ取る」ことが重要なのである。それは機敏かつ機能的に反応できる身体作りや、複数の関節や筋肉の連動を必要とする「しなやかな」動作には不可欠な要素だ。

こうしたタイプの動きを能動的に「動こう」として作ると、どうしても力みになってしまう。「もっと力を抜いて」とか「動きが硬い」といわれる人は、動こう・動こうとするあまりに、動ける状態としての姿勢、あるいは姿勢という名の身体状況が十分ではないのだ。

他者から「動きが固いね」といわれても自覚しきれていなかった人はまず自分の感覚で自覚することが大事だし、さらに自分が具体的にはどこにより力みを生み出しやすいか具体的に知ることが改善を大きく進める。よりよい状態になるために、指導者のアドバイスを素直にきいてやってみることは大事だが、ただ他者のアドバイスを機械的に従うだけでは自分のものにならない。自分の感覚で理解して、もしも「わからない」のであれば「わからない」ことを受け止めて、その上で動かなくては真に自分の身体を理解することは出来ない。

また、胴体にもバウンドの振動が伝わっていることを感じてもらう。その振動は「自分の胴体が動いている」ことを感じさせてくれると思う。しかしその様子を鏡で見ると、「その動き」は必ずしも「姿勢に変化を起こす」タイプのものではないこともわかると思う。かといって、踏ん張って姿勢を変えないようにしてのことではない。内的には動いている。だが外的な動きにならないのだ。動かないけど、動いている。そういう動きがある。それは「動ける安定感」としての姿勢を考える上で重要なのだ。

ただし、振動が身体の度の部分に伝わるかによっては、姿勢は変わるし、ゆがむし、バランスを崩すこともある。それを「失敗」と切り捨てるのではなく、どうバランスを崩すのかを観察することによって、自身の傾向を知ることが出来る。それは「自分にふさわしい改善策」を見つけるに当たって重要なことだ。見掛け倒しのその場の「成功」は、単に「自分の個性」を「恥」とみなしての取り繕い行為に過ぎない。そんな「成功」よりは素直な「失敗」のほうがはるかに未来がある。

 

そして最近、新たにバランスディスクなるものを買ってみた。これもその存在はクライアントさんから知らされていたものの「何に使うねん」と思っていた代物だったのだが、ちょっと使い方を思いついたので購入してみた。思いついた使い道を何人かのクライアントさんに提案してみたが、なかなか良い手ごたえのようである。

 

大事なのは道具に使われたり、振り回されたりすることではなくて、使いこなすこと。そのほうが道具も大事に使えるし、使ってみて得られるものも多いように思う。

 

 

2010年7月13日

ワールドカップが終了。始まったときはヨーロッパ勢よりも南米勢が好調とか言われていたが優勝したのはスペイン。意外、と評されるが、スペインだってけして弱いチームじゃない。ただワールドカップでの優勝経験がないだけのことだ。

勝敗なんてわからないものだ。つまり、絶対的なものじゃない。みんなサッカーに真剣で強いんだもの。最初から勝敗がわかるほど、誰かが圧倒的に勝っているわけでも圧倒的に劣っているわけでもない。

なのにどうして勝敗なんてつけたくなるんだろう、と思う。でも、ひょっとしたらだからこそ、勝敗をつけてみたくなるのかもしれない、とも思う。そこで見たいのは勝敗でもあるんだが、結果としての勝敗だけじゃないような気がする。そういう切羽詰ったモノを突きつけなければ表出されない何か。そいつが醸し出されるときに人は希望を感じるのかもしれない。変だけど。

 

それにしてもタコのパウル君。トーナメント8試合の勝敗を見事全て当てたというパウル君。「全て言い当てる」という稀なることをやってのけたタコは人を興奮させるし、戯れに「タコさんに勝敗を占ってもらおうぜ」などと思った、もともとの気持ち、“「わからない」ことを「わかりたい」”と思う気持ちをさらに高まらせ、ひいてはタコをコントロールすることで「わからないことをコントロールしたい」という気持ちに火をつけてしまうのもわからなくはない。

わからなくはないが、そういう「わかり方」って連想ゲーム的すぎるというか、あまりにも感情的。そういう感情は、時に怖い。ごひいきのチームの敗北を当てた時には「喰ってしまえ」などとそしり、「タコのせいで負けた」などと言う。「せい」って何??と思う。まるで魔女裁判だ。自分に都合のいいこと以外は事実であっても悪で、しかもそれはそれを口にしたもののせいいうわけか。

関係性があるということは因果関係があるということではない。タコが勝ち・負けを当てたこととゲームに勝敗がつくことの間に関係性がないとはいえない。なぜならゲームがあって、タコの占いがあるのは事実だから。でも、だからといってその勝敗結果が因果関係にあるわけではない。そのくらい、簡単にわかりそうなものだと思うけれども、聞きたくないことや見たくない事を目の前に出された嫌悪感の前では儚く吹っ飛ぶものなのかな。理性も使い慣れないと、使い方がわかんないものなのかもしれない。たとえ理性が自分の中に既にあるものであっても。使い慣れない筋肉や誤解したまま覚えている関節の位置と同じで。たとえ物理としては全うに筋肉や関節が存在していても、誤解の方を使い慣れていると、本来的な使い方は使い慣れないものと感じられる。

慣れや、癖とは、要するに、その人の世界観そのものなのだ。世界そのものじゃない。

感情を排除した理も現実的ではないけれど、理性のない感情も幸福とは程遠い。パウル君にとってこの騒動は多分うぜー話以外のなにものでもないだろうし、タコに八つ当たりする人も格を下げてさらに自分のしたことで不快になるだけのお話だと思うな。それとも、彼らにとってサッカーは「愛」ではなくてただの発散?!

 

人間は簡単じゃない生き物だ。理不尽さや残酷さや美しさを併せ持つ。肉体的な成長や加齢とはまた別の成長や衰退を重ね、死ぬまで揺れ動いてゆらゆらしている。そのわけわからなさに梃子摺る一方で、そのわけわからないところが魅力でもある。先日、お亡くなりになったことが発表されたつかこうへい氏の演劇の題材も、常にそこだったような気がする。

 

占いって、なんなんだろうね。占って、何が見たいんだろう。占いって、当てることが大事なのだろうか。当たってほしいことが当たる事が大事なのだろうか。

当たってほしいことが当たりますように、というのは「祈り」ないし「欲(善く、って変換も出るな)」ではあろうが、その行為自体は「占い」ではないと思う。当たってほしいことが当たるように操作するのは占いの仕事ではなく、呪術と呼ばれるもので、カテゴリーが違うと思う。でも、ごっちゃになりやすいのかな。私の知る限り、本当に呪術に手を出すなら作業はどんな小さなことでも命がけになるから、普通に覚悟したほうがいい。多分、呪術に手を出すか否かというエッジに追い詰められるか否かを問わず、何かを願うことはすなわち己を問われることに他ならない。

 

よくわかんないけど、パウル君のワールドカップ占いなんかみていると、それは「みる」「素直に反応する」ということと関わるんだろうな、とは思う。タコだけじゃなく、鯰やネズミが地震を予知するとかいわれるのも、人間のように「そんなはずない」とか「こうであってほしい」「こんなこと言って反感を買ったらどうしよう」とか、いちいち思ったりしない行為が、ごちゃごちゃ思ってしまう人間から見れば「不思議」「予知」に思えるのかもしれない。いろんな感情や計算をごちゃごちゃ背負ったままで「何か」を「みる」のはとても難しい。それは、何も占いだけの話ではなく、カウンセリングでもアドバイジングでも同じだ。多分、本質的に会話することさえ難しいと思う。

 

仮にもし、ごちゃごちゃしているのが人間の特徴だとするならば、人間に備わった動物より得意なことって、何なんだろうな。

 

 

2010年7月12日

報告が遅れましたが、窓枠に作られた巣で育った鳩は無事に巣立ちました。6月の、満月のころかな。満月の日は外で仕事をしていたので定かではないが、翌日の朝事務所に出てくるともう鳩はいなかった。

早速窓枠を掃除。そして取りよけネットの位置などを直し、鳩が入ってこられないようにした。雛だった鳩は毎日やってきている様子だが、特にこの場所に強い執着を示すことなく(無理やりネットを破ろうとするとか、ね)ただ大人しく窓のそばにきては、また飛んでいく。執着を示すのは親鳥の方である。何とかネットを破ろうとし、昨日などはほんの少しの隙間から入り込んで、出られなくなっていた。なんちゅーやつ。鳩を追い出した後、その隙間も埋めたけれど。

こういう執着が彼らの意志や感情というべきものによるのか、本能というべきものなのか、わからない。ただ、いずれに基づくものにしろ、彼らにとって「ここ」は「子育てに適した環境」として「実績」のある場所なのだろう。私とて、けして感情的に彼らを廃しているのではなく、本能というより意志なんだが、ただやっぱり困るんで淡々と鳩の侵入を阻止し続けるのである。ごめんね鳩。

 

鳩の巣立ちと再ブロックというのもある種の「変化」「新しいこと」と呼べるかもしれない。ついでに新しいことといえば、2つ。イームスのロッキングチェアを買ったことと、事務所のテレビが地デジ化したこと。

 

私は造形物として椅子が好きである。

こういう妙な仕事をする人間が「椅子が好き」などというと「腰にいい椅子なんでしょうね」とか「健康によい椅子を集めている」とか思われがちなのだが、必ずしもそうではない。私個人の身体においてそれらが「腰に悪い椅子」「健康によくない椅子」というわけではなく、もちろん実用に耐える椅子たちなんだが、いわゆる「身体によい」という目的で購入したわけではないのだ。

だいたい私には「健康」という言葉が何を意味するものなのか、ぴんと来ない。椅子にしたって、如何に人間工学とやらに基づいて合理的に作られたものであっても、ユーザの使い方(椅子の、であり、自分の身体の、である)とかみ合わなければ、身体をいためることが出来る品物になりうる。物だけで購入者の「健康」を作ることなど、無理なお話だ。

そういえば先日棒出版社から「健康についての本を・・・云々」というお誘い(?)を受けたのだが、本気で「??」と思った。一般的な概念からして、私の仕事が「健康」に関係する事柄だ、というのは理解している。しかし、申し訳ないんだが実感がない。個人的な実感としては、「身体にいい」という理由やそれに優先順位の上位を与えることは、あまりない。強いていうなら、そういう「健康」は私の「快適」や「快楽」「よい、と感じられること」の構成分子だ、とはいえるかもしれない。でも主体でも目的でもない。ただの手段である。もちろん、重要な手段だとは思っているが。

話を元に戻す。

そう、イームスのロッキングチェア、買っちゃったんですね。お安く売っていたのを見つけたからなのだが、このロッキングチェアは好きなのである。本体がプラスティックだから軽いこと、典型的な木製のロッキングチェアと比べると背もたれなども低くコンパクトで限られたスペースでも置きやすいこと、50年前に生み出されたとは思えないデザイン、など。

それにしてもロッキングチェアって、特別な椅子だと思う。ロッキングチェアって、ロッキングチェアにしかならない椅子だと思うのだ。

靴を脱いで家屋に上がるがゆえに「座る」姿勢が多様で、コンパクトな空間に住んでいるからなのかもしれないが、普段の椅子に求めるのはある種の汎用性だと思う。例えば、いわゆるダイニングチェアでも、本当に食事のときにしか使わない椅子か、といえばそうではなく、時には書きものをしたり、読み物をしたりテレビを見たりするときにも使うかもしれない。たまには踏み台になったり、床に座った時にはテーブル代わりにもなり、物を置いたり飾ったりする台になったりするかもしれない。

それに対しロッキングチェアは、ロッキングチェアでしかない。

あれを食卓に持っていく気にはならないだろうし、踏み台にするのは危ない。ロッキングチェアは、「これに座ってしばしゆらゆらする」こと自体が目的、としかいえない気がするのだ。しかも前後だけね。普段、レッスンでバランス・ボールを椅子代わりに使ってみていると、動きがあるといってもロッキングチェアの場合はかなり制約がある。動くことの出来る方向や範囲も、リズムも。つまり、動くといってもボールのように様々な方向に動けるわけでもないのだ。それでいて、普通の椅子のように安定しているわけでもないから、それの使い方にも自ずと制約が生まれる。「制約」というと不自由のようだが、これは一種のアイデンティティでもある。ロッキングチェアはダイニングやデスクの椅子にはなれないし、私個人に関して言えば、ロッキングチェアに座ってテレビを見る気にもなれない。あの椅子に座ってサッカーなんかとても見ていられないし、音楽を聴くにしたって、真剣に聞くには向かない気がする。流れる時間を流れるままに楽しむBGMとして聞き流すのであればいいかもしれないが。つまり、外に意識を向ける作業に向いているとは思えない椅子。

 

そういえば、椅子は、会的なポジションの象徴でもある。「玉座」とか「王座」、「社長の椅子に座る」なんて言い方もある。実際、高い身分の人の椅子は同じ空間の他とは違った場所(高い所とか、特定の方向とか)に置かれ、大きさや素材や装飾にしろ、他とは差別化されたものが誂えられてきた。「上座」「下座」という言葉もある。どこに座るか、何に座るかは、何かを「示す」ことなのだ。据わるものの座り心地というよりも、外、他者に向かった態度として。

 

まあ、そんなことを考えて購入したわけではないのだが、書きながらそんなことを思い浮かべちゃったので書いちゃった。そういう視点から見ても、つくづく変わった椅子を購入したものだな、と思った。今。

私はどこに居たくて、座りたくて、この椅子を買ったのだろう。