2010年5月の「えこひいき日記」

 

2010年5月30日

先日、管弦の夕べにお誘いいただき高野山のとある別院に赴いた。玄関には「こうやくん」がいた。驚いて、思わず「うわー、こうやくん!」と言ってしまった。

こうやくん」は、最近高野山で人気のキャラクターだ。携帯ストラップやらシールやらメモ帳など、「こうやくん」のキャラクターグッズはなかなかの人気と聞く。山内のお土産物屋さんでも「こうやくん」グッズをごっそり買っていくおば様方をけっこう見た。そんな「こうやくん」はますます進出著しいようで、各宿坊には等身大(?)「こうやくん」が鎮座するようになり、折々のイベントには3Dの「こうやくん」が活躍しているらしい。

この「こうやくん」、いわゆるゆるキャラ系ではあるのだが、なかなか侮れない感じがする。その素性は、2015年に高野山開山1200年のメモリアルを迎えるにあたり、高野山の本山金剛峰寺が作り上げたキャラクターなのだ。だからなんなのか、だから他とどう違うのかとか、よくわからないのだが、ゆるくて近寄りやすくてかわいい、だけの者ではない感じがするのだ。「なんや、これー」と思って眺めていた私ですらも、いつの間にやら妙に気になり始めてしまったから不思議なんである。(私はどちらかといえば、ゆるキャラよりも、ご当地ヒーローのほうが好きだ。例えば琉神マブヤーとか)あのぽっかり明いた黒い目と口には虚空がぬりこめられているような気さえしてきた。恐るべし、「こうやくん」。

 

管弦の夕べはとてもよい雰囲気で、愉しかった。演奏者の技量をどんと前に出すような凄みの或る演奏会も素晴らしいが、技量の或る演奏者が和やかに皆に愉しいでもらうことに心を寄せている演奏はまた素晴らしいものだ。夕べのテーマ自体がその場所の故事に由来したものであったこともあるだろうが、土地の人たちが本当に愉しみにしていた雰囲気があって、愉しかった。私は最終の電車で帰るつもりだったが、最終に乗っても京都まで帰り着けないことに高野山に行ってから気がつき、急遽宿坊に泊めていただくことになった。私の間抜けなミスから起こったことではあったが、管弦の夕べの余韻を持ちつつ山内の静寂を味わい、翌朝は5時起きして朝勤に参加できるのは、やはり嬉しい。あわただしくイベントに駆けつけ、終わるなり帰るよりも、正しい時間の過ごし方である気がする。その後はダッシュ!だったけどね。そして、「眉毛をかき忘れた」どころか、山内から帰宅まではすっぴんで過ごす羽目になったのではあったが。

 

遠くに行くのは好きだ。物理的には京都から3時間ほど、その場所を「遠い」というべきか否かはわからない。私の感じている「遠さ」はそういうことだけではないのだろう。でも、私の思う「遠さ」は、自分を遠くにやるためのものではなく、自分を近くするためのもの、という気がする。

 

 

2010年5月19日

眠っても、眠っても、眠いぞ、という日があった。たくさん眠って、普段通り支度して、事務所に行って、クライアントさん何人かのレッスンをしてから、ふと鏡を見て「?」と思った。何かが違う。「なーにが違うのかなー」と思いながら数秒間鏡の中を見ていて、やっと気がついた。まゆ毛、描いていない。

 

男性諸氏には縁のない方も多いと思うが、女子はたいてい、化粧する際にまゆ毛を「描く」んである。

「描く」。

この言い回しからして不思議ではないだろうか。常々思うのだが、他の部分へのお化粧は、「まぶた」にアイシャドゥを「入れ」たり、「まつ毛」にマスカラを「塗」ったり、「唇」に口紅を「塗」ったり、「頬」にチークを「入れ」たりするものだ。これらの「塗る」「入れる」と「描く」はちょっと違う心地がする。まぶたとか頬とか、まつ毛や唇に施す化粧は「そこにあるものを強調する」という化粧の仕方だ。でも、まゆ毛って、毛が生えているところと生えていないところがあって、生えていないところにも生えているところと同じような質感を生じさせるべく、「描く」んである。そしてまた、この描き方に悩むんですわ。変なカーブ入れると、とことん変な顔になれるから。まあ、この作業だってほかの部位同様の「強調」なんだが、「強調」の仕方がでかい気がするのだ。なんたって、ない部分まで描くんだから。

そんなわけで、私はいつも「まゆ毛が生えていないところ」を自分の「まゆ毛」にする度に、ちょっと不思議な気分になる。

「ない」ものを描いている。

「ないもの」を描き足した顔が私の「普段の顔」になっている。

私の顔って、なんだ?

 

化粧に不熱心であることが幸いしたというべきか、普段から不幸なのか、わからないが、まゆ毛を書かないまま人前に出ても、私の顔は強烈には異様ではないようだ(もちろん、そんなことを思っているのは私だけで、他の人から見たら十分変なのかもしれない)。ただ、ほかの部分には一応化粧をしている分、落差は生じる。いつもより目の周りの化粧が濃いような印象。

 

そういえば、いわゆる「アゲ嬢」系のメイクが好みという人の中には、「あえてまゆ毛を描かない」人もいるらしい。理由は「そのほうが目が大きく見えるから」。単に「描かない」だけではなく、生えているまゆ毛もファンデーションで「消し」、唇の色もファンデーションでおさえて「消す」こともする。そしてつけまつげをはじめとするアイメイクはばっちり行う。確かにそのようにするとコントラストは強烈につく。顔に「ある」のは目だけ、みたいな印象になる。ある意味、アンバランスで、不自然な強調された顔なんだけれど。でも、不自然で奇妙なものであっても、それが「意志」に基づく「美」として誰かに伝わり、認知されることはある。それは「上品」というカテゴリーの「美」ではなく、「奇抜」で、受け入れる人を選ぶ「美」にもなるんだろうけれど、人の目を引き付ける魅力も備えている。

「美」にもいろいろある。何が美しいかは、その人の「意志」次第なのかもしれない。

 

古代、化粧は「魔除け」だったという。古代人がよく肌に入れていた様々な文様の入れ墨、あるいはいろいろなシンボルや貴重で美しい石などをあしらった装身具は、いわば自分が「魔」に侵されないための「結界」だったという。「魔」は目に見えないものとは限らない。例えば古代エジプトでは暑くてハエなんかもいる環境から、眼病予防の目的もあって目の周りを鉱物由来の顔料で隈どる、という化粧方法が貴族の間で一般的であったという。頭髪も男女問わず剃って清潔を保ちやすくし、その代わり鬘を作ってかぶっていたという。「眼病」や「しらみ」なんかという物理的な「魔」を払う「化粧」としてアイメイクやかつらが用いられていたというわけだ。

現代ではどうだろう。意外と古代から変わらず、目に見えたり見えなかったりする「魔」から自身を守り、これまた目に見えたり目に見えなかったりする「幸運」を呼び寄せる術として化粧や装いは機能しているように思う。まだ出会っていない素敵な誰かを呼び寄せるための美しい装い、知りもしない誰かから悪く思われないたり、変に目をつけられないための装い。オフェンスとディフェンス。自己と他者の結界にして接点。人間の身体の、皮膚の上に施される人間の意識の具体化・・・

それは化粧のみならず、身体所作そのものがそうだよな、と思う。その人の身体の使い方を見ていると、その人が何を呼び寄せようとし、何を遠ざけようとしてきたのか、納得してしまうことがある。

 

人間にとって身体とは何だろう。そんなことを考える。

 

2010年5月9日

私の旅行の仕方はちょっと変わっているらしい。いや、私にも多少の自覚はあるのだ。たぶん、多数決でいうところの少数派だ、って。

 

「ちょっと変わっている」といわれるポイント・1 一人旅である

                     ポイント・2 旅の目的が変わっている

 

私はよく「知らないところ」に「一人」で行く。1月に訪れた高千穂も初めての場所だったが、一人で行った。このゴールンウィークには沖縄に行ったのだが、一人旅。沖縄へは2度目だが、今回訪れた宜野湾や北谷、金武(きん)は、初めて。

まあ、ものみな連れだって旅行に出かけると思しきゴールデンウィークに、一人で動き回っているわけだから、珍しいわよね。私だって誰かと旅行に行くことはある。誰かと行く旅行だって楽しい。

でも、それと一人で行く旅行では自ずと観るもの・見えるものが違う。違ってしまう。

だから、一人で見て、感じる必要があるとき、私はそういう旅の仕方をする。

でも、人によっては「旅」といえば「誰かと」なんだね。私のはそういう「セット」がされていないから、「セットされている」人から見れば、私は「セット外」。つまり、「変わっている」のだろう。

 

「沖縄に行ってきます」というと「あ、海ですね」と何人かに言われた。「いえ、海に入る時間はちょっと・・・」と答えると「???」という顔をされた。いや、無理もないと思う。「沖縄」といえば美しい「海」。自然な発想。

 

ところが私の今回の目的は「琉球八社巡り」だったのである。しかも、自分でもどうしてこういうことをするのか、よくわからない。(いや、一応きっかけというか、原因のようなものはあるのだが、言語化するのが困難な部分があるので、対外的に説明のつく理由だけここには書きます)

 

「琉球八社」というのは、沖縄本島にある琉球王朝から特別な扱いをされていた神社さんである。そしていまだに(?)ちゃんと神宮寺がセットで存在していることの多い神社さんである。お寺はほとんど真言系。旧社格(明治政府が作った神社の等級化制度。昭和21年に廃止されたので「旧社格」)にはそううち1社のみが入っているが、他は無社格。勝手な推測だが、廃仏毀釈の憂き目を強くは被らず、仏を置き、いわゆる本土の造化の神様を祭るとともに、琉球の神様も祀った、ゲネウス・ロキ(地霊)の存在を強く感じさせる神社さん、という感じがする。

実際に行ってみた八社は、実にぞれぞれだった。「老舗だけど、モダンな養子の若旦那が後継いで頑張ってます」みたいな場所もあれば、人知れず立ち枯れたような場所もあった。そうかと思えば、表からは知れないような静かな力を蓄えてひたすらに佇み続けるような場所もあった。

 

琉球八社のうち、六社は那覇市内にある。すでに遠方の二社のお参りを済ませ、滞在期間の最終日、那覇市内でタクシーを拾った私は「ここを巡りたいんですが」と運転手さんに六社の名と所在地を書いた紙を示した。運転手さんはしばらく紙を眺めていた。はっきり場所が分かる神社もあれば、名前は聞いたことがあるがどこにあるのかわからない神社などもあるとのこと。無線でお仲間に情報提供をしてもらいつつ(私の知る限り、沖縄のタクシーでカーナビ搭載車はほとんど見かけない)、市内六社巡りは始まった。

私は旅先で、よくしゃべる運転手さんに当たる。高千穂では「語り部」を兼ねている運転手さんに当たったし、出雲では行きの運転手さんから出雲大社の歴史と参拝作法を、帰りの運転手さんからは徳川幕府と神社の関係等々を聞かせてもらった。しかし今回に関しては、運転手さんはあまりしゃべらない。金武でも普天間でもそうだった。最小限のやり取りがあるだけだ。でもそれがそっけないとか、単に義務的な運転、という感じでもない。私もこの沈黙が退屈、と思わなかった。むしろ、こういう作意もなく空白でもない沈黙は、ちょっと心地よかったりするのである。

義務的ではない沈黙は「普通に」(いわゆる若者言葉で「普通に」って、けっこういい意味なのね。好み。)、それ自体ちゃんと「関係性」なんだな、などと思う。押し黙っていると決めて黙っているわけではないから、言葉が生まれるべきときには言葉が出てくる。一社巡るたびに、運転手さんはほんの少しだけしゃべるのだ。「この神社は初詣に来ます」とか「このお寺はお願い事があるときに来るんですよね」とか。「この神社は、こんなところに入り口があるんですね」とか。知識や情報を話す運転手さんは多かったけれど、この運転手さんがしゃべっているのは感想だ。期せずして、私の巡礼は運転手さんにとっても「巡礼」になっているようだった。ただ仕事で客を運んでいるというだけではなく、その人自身の体験になっている時間、というのは、なんだかちょっとうれしい気がした。そのことに「共有」などという言葉を使ってしまうといささかねちっこくなるが、関係を持つことが目的ではなく成立してしまう「関係性」のあり方は、なんだか「普通に」ありがたい。一期一会。「ご縁」というもの。

最後の神社を巡り終えてタクシーを降りるとき、私も運転手さんもお互いに「ありがとう」と言っていた。それは金銭のやり取りとそれに見合う運転についてのお礼ばかりではなかった、と思う。「お客さんを案内できて、よかった。ありがとうございました」と運転手さんは言った。私も「ご苦労をおかけしました。ご案内いただいてありがとうございました」と言った。それは必ずしも社会的礼儀ばかりではなかった、と思う。

「ありがとう」、って心から「普通に」思えることが、ありがたい。

 

旅のご縁といえば、初めて行った宜野湾の猫カフェで、店主さんや常連さんたちと午前2時くらいまで飲んでしまった。初めての場所に一人で行って、午前2時くらいまで飲んでいる、というのは、自分で計画してやっていることじゃない。自分でもこの自分の行動が意外といえば意外。だって、私はたぶん、ひとみしりなんだぜ。少なくとも、一人でいることを寂しいと思うタイプじゃないし、不特定に「友達」を作ることを目的に自分から積極的になる、という性格じゃない。でも、初対面の人たちと「普通に」楽しくお話をして、偶然に琉球王朝の末裔という人にも会い、ちょっとだけお参りについての話などもした。いろんなことが「普通」で、素敵な時間だった。

 

その一方で、突然無力感に襲われたりもする。いや、突然でもない。この無力感はいつも私の中にあるものだ。ただ突然、このくらいの量、こんなクラリティで私の中にあるということにまざまざ気付く瞬間がやってくる、それが例えばこんな風に一人で旅をしているとき、というだけのことなのだ。それが例えば夕方の北谷の海に足をつけているときだったりするだけなのだ。

 

そのどちらもが嘘じゃない。どちらかが本当というのでもない。どちらかだけを見て、どちらかだけを見ないということを私はしたくない。それは時々辛くもあるけれど。

 

そういえば、猫カフェで数人の方に「え、猫を飼ってるのに猫カフェに来るのですか?」「浮気ですね」と言われた。その方が「猫が飼いたいけれど、飼えないので猫カフェに来ている」人たちだ。その理由はその理由でわかる。でも猫と暮らしている人が猫カフェに来るのって、変なのかな?だって、「猫」を一般名詞の猫とだけ認識するとこんがらがるかもしれないが、私が一緒に暮らして居るのは特定の猫であって、そのほかの猫ではない。「猫」を「人」に置き換えてみると「え、人と暮らしているのに、人に会いに行くのですか」とか「友達がいるのに、友達を作るのですか」「既に友達がいる人が他にも友達を作るのは“浮気”」みたいな話にならないかえ?と思うんだが、どうだろう。

そういうところも、私は変わっているのか??