2009年9月の「えこひいき日記」

 

2009年9月9日

先日、初めて「猫カフェ」というところに行ってみた。それは私にとって衝撃の体験だった。なぜなら「何も感じなかった」からである。自分でも相当意外。

 

私は猫が好きだし(一緒に暮らしてもいる)、野良猫さんにも嫌われるタイプではない。以前もこの「日記」の中で書いたことがあるが、道で見かけた猫さんを撫でたらなぜか気に入られてしまい、膝に登られて眠り込んでしまわれたので、20分間道端でスクワットのままだった、ということなどが一度や二度ではない。そんなわけで、猫が嫌いではないからこそ、猫カフェに行ってみようという気持ちにもなったのだ。

 

初めて行った猫カフェは、清潔な明るい印象の場所だった。空気清浄機が入れられ、猫トイレはスタッフルーム側に設置されていて、フロアもこまめに掃除されている。平日の夕方前という時間だったが結構お客さんがいて、それぞれに猫と遊んだり、写真を撮ったりしている。猫たちは、それぞれに気に入った場所(日のあたる窓際や、猫タワーのハンモックの中とか)でくつろいだり、眠ったりしていた。客は猫が嫌がりさえしなければ、撫でたり、おもちゃで遊んだりして時間を過ごす。

カフェでお茶を注文し、早速猫たちに触れてみた。猫たちは触れられても嫌がらない。というより、反応しない。知らない人から触られても「シャー」とか言って威嚇したり嫌がったりもしないのだが、それ以外のコトに関しても返ってくるものが極めて薄い。それは自分にとってすごく奇妙な感覚だった。何かに届かない、擬似的(何に似せてる??)な感じ。他の猫に関しても、一様にそうだった。彼らは人間(客)に関心していない。おもちゃで遊んで、走り回ったりもしたのだが、それでも「おもちゃには反応しても、こちらに反応していない」感じがして仕方がない。自分が感じていることに戸惑っているうちにお約束の時間は経過(猫カフェは時間制で、最初に1時間分の料金を払う。もちろん延長も可能)。帰ることにした。

 

道々自分が感じたことについて考えた。考えているうちに、「当然かもしれない」と思った。

猫カフェには入れ替わり立ち代りお客がやってくる。みんな猫がお目当てでやってくるのだから、猫たちは一日中注目され、撫でられることになる。それにいちいち有機的に反応していては身が持たない。彼らが有機的に反応するのは唯一、スタッフさんたちに対してだけである。カフェでも、フロアに出てきたスタッフに嬉しそうに駆け寄る猫たちの姿を見たが、私はそのことに救われるような思いがした。スタッフさんたちに対する猫たちの態度は、私が知っている猫たちの態度だった。体中で雄弁にしゃべり、相手をちゃんと見て何かを伝えてくる。そういうこと、そういう感情、ないわけでも出来ないわけでもないのね、ということに正直安堵を覚えた。

思えば、私が経験してきた猫たちとの関係は、獏とした「猫」との関係というものではなく、いずれも「個別」なものだった。個別の関係の対象が猫という種族だっただけ。たとえ野良の猫さんたちとのそのときだけの出会いでも、関係性は一対一。それと同一の関係を猫カフェでの猫たちとの触れ合いに求めても無理があるというものである。

 

関係性は、本質的にはサービスや権利で得られるものではない。でも、特にお金が介在すると、そういう錯覚が助長されやすい。猫カフェみたいに「人間と猫」という関係だと、猫のほうがそれに素直に反応してくれるから「そうだよね」と気づくチャンスも早めに来るのかもしれないが、「人間と人間」だと発覚が遅れる・・・どころか気づきそうになるのを「隠す」ことも多い気がする。親しい関係性が成立しているような、ひと時の錯覚やファンタジーを楽しむ・・・だといいんだけど、場合によっては節度を超えてしまうこともあるような気がする。

そういえば、もう1ヶ月ほども前、耳かき店に勤めていた女性に交際を迫った男がその女性と女性の祖母を刺殺した(勤めていた女性は昨日入院先で亡くなったという)、とうニュースがあったが、そういう事件報道を聞いていると本当に悲しくなる。関係性と行為の内容がつりあっていないこととか、つりあっていないことをつりあっているように似せて商売にしている行為が、世の中にあることは事実だ。それは、とりもなおさず「本当に誰かに好き・好かれることの難しさ」「本物を手に入れることの難しさ」を表しているのかもしれない。難しいから、簡単じゃないから、簡単に手に入ったような「錯覚」を売ることが商売にもなる。でも、錯覚にまみれると、本物はますます遠くなる。

本当にあなたが欲しいものは何?それは、めんどくさかったり、むつかしかったりしたら、あきらめるようなものなの?それとも、難しいのは嫌だけど、難しくても、めんどくさくても、手に入れたいと思うようなものなの?

それによって道は違ってしまう。

 

猫カフェの猫たちはけして不幸そうではなかった。そのことは、ちょっと嬉しかった。やはり私はどんな猫たちにもなるべく幸福でいてほしい。私との固有の関係性があろうとなかろうと。

 

 

2009年9月6日

最近いろいろとハードな日々で疲れやすく、毎日事務所から帰るときにひたすらだるかったり眠かったりしていたのだが、先日、とうとう帰宅するなりそのまま眠りこんでしまった。推定午後8時(多分、ちょっと前)。そのまま朝まで眠ってしまった。だいたい11時間。うーん、大人になってからこんなに眠れるなんて、われながらあきれる。でもおかげさまで大分体力は回復。

 

ところで日曜の朝に、テレビ大阪で『平家物語』を放送しているのをご存じだろうか。

私はたまたまこの放送が始まったころに偶然見て、たまげ、そのまま見続けている。ただ、朝から(午前7時放送)見るには濃い番組なので、録画して見ている。(だから放送中のテレビは『ボクらの時代』を見ていることが多い)

日曜の早朝で、古典、といえば、日本の四季の美とか、『皇室アルバム』みたいな、こころ豊かに格調高く、ゆったりとした気分で視聴できる番組をイメージするかもしれない。ところがこの『平家物語』をそのノリではない。どちらかというと、NHKが週末の夜に放送しそうな勢いの番組で、出演者もやたら豪華なのである。このような番組が何故朝っぱらからテレビ大阪で放送されているのか、不思議な気がする。

 

『平家物語』といえば、学生のころ古典の時間に有名な冒頭の文言「祇園精舎の鐘の声・・・」を学んだ記憶がone and onlyの記憶。平家の栄枯衰勢を描いた物語、というざっくりした認識しか持ち合わせていなかった。その後、某大学の日本の古典芸能を学ぶ講座で検校さん(盲目で、平家物語を語る琵琶法師。僧侶)の実演とともに「平家物語は文学ではなく、お経なのである」との解説を聞いたのだが、そういう知識を得た、という程度で、その意味を理解するまでには至らなかった。間接的な知り合いに琵琶法師をされている方がいるのだが、その方のおっしゃり様を聞いていると、スタンスがかなり平家LOVEな感じだし、漠然と「平家物語は平家の側からみた平家の栄枯衰勢を描いているのだろうか」と思っていた。

ところが「原典で読む」番組『平家物語』によると、なんと最初のほうでは平家の奢り高ぶり様が細やかに描かれているのだ。「平家にあらずんば人にあらず」と言い出した平清盛が、当然出てくるだろう対抗分子を制圧するために子供ゲシュタポみたいなものを組織して、街角で平家の悪口を言っている奴を見たら何をしてもいい、というような「教育」を施す話とか、どんなに陰惨に政敵を追いつめ、絶望の中で殺したかとかが描かれている。これは記憶にある限り、学校の古典では教えられなかった部分だ。

一方で、有名な「屋島」などの壇では、これまた奢り高ぶった判官(源義経)がどのようにして平家を追いつめたのか、平家の武将の妻たちの悲劇も含めて描かれている。このようなくだりは有名で、琵琶法師による演奏会(?)でも語られることが多い。

なので、これまでの私のイメージは「源氏に滅ぼされた平家への鎮魂歌」のイメージだった。きっとそれもあるのだろう。でも、もしもこれが一種の経典だとするならば、描きたいことは「誰かのためだけの鎮魂」ではない。平家によらず、源氏によらず、誰であっても、そんなつもりはなくてもいつの間にか奢ったり高ぶったりし、因果応報を生み出してしまう人間という存在への鎮魂であると考えたほうがハマる気がするのだ。平家の奢りも、源氏の奢りも「平家」や「源氏」に起こったことでありながら、彼ら固有のものではない。普遍的なことがたまたま平家や源氏に起こった物語、だからこれは「あなた」の物語でもあるんだよ、というスタンスかと思う。

そういえば、歌舞伎の演目でも有名な「俊寛」も平家物語の一部。微罪なのに九州沖の硫黄島に流され、恩赦の際にもなぜか一人だけ許されず、都に残した家族の死の知らせに身体の中で何かが枯れはてるような絶望を感じ、絶食の後に息絶える俊寛。「俊寛が味わったのは人間として究極の苦悩。その苦悩は他ならぬ一人の人間によってもたらされたもの」というナレーションは興味深かった。そして「こんなふうに人の恨みを買いながら栄える平家の行く末こそ恐ろしい」と平家物語は語る。

人間が、人間にもたらすもの・・・確かに普遍的なテーマだと思う。

 

私はまだ、変なクセをつけようとか、体をゆがめようとしてそうなった人に会ったことがない。どんなに(結果的に)ひどい身体の使い方をしていても、恐ろしい身体イメージや考え方を持っている人でも、そうとわかってそうしている人には会ったことがない。それどころか、「努力」や「勉強」だと思ってその「ひどいこと」をしていることも意外と珍しくない。「ひどいこと」をしていても「ひどいことをしているつもり」がなければ人は自らの行動をそれとは認識しない。つまりは、「ひどいこと」はそれが「ひどい」とわかっていないからこそできること、ってことなのだけれども。

そしてそれを教えた側の人間もそうだ。それを「ひどいこと」だと思っては教えていない。何らかの「いいこと」だと思ってそれを他者にもたらしている。ただ、その「よさ」は何の、誰のためのもので、どの部分をいっているものなのかによって判断は変わる。狭い「よさ」は、広くは、あんまり「よい」とはいえないものだったりする。

こういうのも、ある意味「奢りの一種なんだろうな。広く解釈すれば。

例えば「目をつぶってでも出来る」という言い方がある。そのくらい自分にとって確実、絶対的、という意味で、高度の習熟し、習得されたことや技術が身についていることを表す言葉でもある。目をつぶってでも出来る、ことは素晴らしいことである。しかし一方で、できるからといって、目をつぶる必要がどこにあるのか。行為の必要性よりも技の顕示欲に傾いたとき、人は目を閉じたこと以上に何かを見失う。信頼という名の無関心。似て非なることの混同。紙一重の罠。平家や源氏の「奢り」はやはり他人事でも昔話でもない、と思ってしまう。わかっているつもりのことが実はわかっていないことほど、生き方としておそろしいものはない。「それ」を普段は「奢り」とは思っていないかもしれないけれど、「奢り」とは「慣れ」であり「思い込み」であり「無関心」でもあるのだ。

 

自覚にない人に物事を伝えるのは難しい。「ひどいこと」を「ひどい」と認識していない人に「それ、ひどいよ」とわかってもらうのは難しい。「ひどい」と言っただけでは通じないからだ。なんせ「それ」を「ひどい」とは認識していないのだから。「それ」を「ひどい」と呼んだところで、「ひどくない」と言われてしまうことが多い。中には「なに」を「ひどい」と言われたか、という問題ではなく、自分自身を攻撃されたと思うような、「もの」と「こと」の区別のない反応が帰ってくることもある。

もちろんこれは「ひどい」に限って通じないことではない。美しいことも、素晴らしいことも、自信を持っていいことも、「それ」を認識しなければ通じない。

だから私はどんなにひどくても、「それ」を最初から「ひどい」と呼ばないことが多い。ひどいか、ひどくないかで相手と戦うのではなく、問題の「それ」がどういうものなのか、なるべく素直に見てもらえるように勤める。上手くいうとは限らない。でも見てもらうことが出来れば答えはおのずと出る。

 

人間は本来悪人か、善人か、と問われたなら、おそらく善人、と私は思う。少なくとも皆自称・善人なのである。でも、正しくあろうとして、人は間違う。間違いに気がついたときに、どうするか・・・それの積み重ねで人の道が分かれるのだという気がする。間違いを隠すのか、自分を変えるのか。でも自分ってなんなのかわかっていない(・・・というより、問いかけてもみない)人間は変わることも出来ない。なぜなら「変わる」ことは「自己の消滅」に感じられるからだ。だから小さな小さな「自己」の存続のために隠すことを選んでしまったりする。

人間。不思議な存在。私も「人間」なんだけれども(微妙に自信がないのはなぜ?)「これ」がなんなんだか、よくわからない。

毎日毎日クライアントさんと会っていて、私はますます人間がわからなくなる。つまりは、それが「わかってきている」ということなんだろうけれども。

 

 

 

2009年9月2日

「ビオトープ」という言葉を思い出そうとして、なぜか「バイオハザート」という言葉が横切ってしまった私。うーん、病んでる。

 

ともあれ、最近、自宅に届いた睡蓮鉢を覗き込んではちょっと和む日々である。

鉢の大きさは直径50センチほど。結構大きめ。その睡蓮鉢の中にはメダカたちと、タニシたちと、水草と、姫睡蓮が入っている。完全なるビオトープではないのだが(メダカ用の餌を2日に一度与えているからね)、彼らの共存っぷりはビオトープっぽい。人間が与える餌とともにメダカは睡蓮や水草につきそうな虫やコケをパトロールし、メダカたちの食べ残しや水草の一部をタニシが食べ、水草たちは酸素を供給、という感じになっている。このところ秋めいてきた透明な光を受けて、ゆらゆら揺らぐ水の表情や水草や魚たちの様子を見ていると、和む。やはり水と緑のなる風景はいいなあ。

 

最初、睡蓮とメダカたちは発泡スチロールの箱の中に居た。実に情緒に欠ける風情ではあるのだが、実はメダカを養うのに発泡スチロールの箱は優れものなのだ。保温・断熱性に優れ、水温を一定に保ちやすいからだ。夏場のベランダに出した植木鉢の暑さは結構なものになっていることがあるだろう。あの中にメダカが泳いでいると思えば、それがどんなに苛酷な環境になりうるか想像に難くないと思う。もちろん、それが睡蓮鉢であれば、睡蓮自体も弱る。大きな池や川という環境であれば、水の量や流れによって水温も保たれるのだろうが、ちんまりしたベランダではそうはいかない。なので、発泡スチロール登場なのである。買ってきた小さな姫睡蓮を発泡スチロールの箱に土を入れたところに植え替え、水を張る。睡蓮の苗には小さな水草やタニシもついてきていたので、それもそっくり箱にお引越し。水の濁りが納まるまで、メダカはビニール袋に入れたままその箱の中に浮かべてスタンバイ。水温になじませるためである。水が落ち着いたところでメダカを放す。買ってきたメダカは5匹だった。

残念なことに、それから数日の間にメダカ2匹が死んだ。でも3匹のメダカは元気でいてくれた。そして気がつくと、発泡スチロールの水の中を小さな小さなメダカの稚魚たちが泳ぎまわっていたのである。その稚魚の数はどんどん増え、水草もどんどん育ってもう底が見えないほどに茂ってしまった。繁栄はめでたいが、このままでは繁栄が窒息を招きそう。そこで、この発泡スチロールごと入れられる睡蓮鉢を買い求めることにしたのだ。

 

今まで「ここが世界の境界線」だった発泡スチロールがすっぽり納まるほどの睡蓮鉢に引越しして、メダカたちやタニシの動きはうんと活発になった。今、メダカが何匹になっているのか私も把握していないのだが、皆育つと相当の大所帯になりそうだ。

 

それにしても、水や木々、魚や鳥の様子を見ていて心が和むのはなぜだろう、と思う。そこに何をみているのだろう。「和む」んだけど、ただ自分を慰めているだけではなくて、うまくいえないのだが「これでいいのだ」みたいなことを思ったりする。そういう意味では、元気をもらったり、学んだり、激励されているような気もする。何が「これ」で、何が「いい」のかうまく言えないのだが。