2009年5月の「えこひいき日記」

 

2009年5月23日

「しょうがないけど、なんとかなる」ことって、ある。もう少し違う言い方をすると、「それが起きることは完全に回避できないけれど、それで終わりにならない方法は見つかるかもしれない」ことって、あると思う。

例えば今回の新型インフルエンザの流行も。私は「しょうがないけど、なんとかなること」だと思っている。「感染するかもしれないリスクは完全に回避できないかもしれないけれど、感染したからといって終わりじゃない」。

 

治るとはいっても、発熱や倦怠感はつらいし、感染しないに越したことはない。しかし相手はウィルス。生物学的な問題として、感染の拡大はけして異常事態とは言えない。むしろ生物としてのウィルスのまっとうな働きの表れに過ぎない。しかし彼らの活動は人間にとって「都合が悪い」。だから感染が拡大しないように努力するし、速やかに治るように努力する。

ここで大切なのは、人間側が守りたいと思っている自分たちの「都合」とはなにか、ということだ。

スケジュール?経済?健康?あるいは安心感?

一言でいってしまえば「日常」ということかもしれない。その人が、自分が保有してしかるべきと思っている「何か」だ。しかしこの言葉の内訳はなかなか複雑だ。人にとっても、自分が守りたい「日常」の中の、どの要素のプライオリティーが高いかも違うだろう。

 

逆に言うと、こういう事態になると、どの人が「日常」の「何を大事にしているのか」がばれてしまう。でも、何が大事かが自分で分かれば、強い。それを中心にして具体的な工夫を組み立てればいい。ただ怖がったり、不安にばかり目を向けるのをやめて。それは多少、その人のいつもの「日常」とは違った運営を迫ることになるだろうし、その「異なった運営方法を選ぶ(選ばざるを得なくなる)」ことを「(自分の日常生活を)犠牲にする(させられた)」ととらえる人もいるかもしれないが、「なんだ、少し方法を変えれば変わらず大事に出来るんだ」と思う人もいるように思う。

「ある方法での運営」に固執するか、運営方法を変えることで「何か」を守るか。主体は「方法」か、それとも「自分」か。どちらが人として「ふつう」なんだろう。

 

「感染者を加害者扱いする」「ネットなどの書き込みで誹謗中傷する」ということが起きているんだそうな。感染阻止できなかった政府や医療関係者、あるいは感染者が所属する学校などを非難するような書き込みもあると聞く。

かわいそうに。

書かれた方はお気の毒だが、それよりも、書いた人が。

それって「自分の日常の運営は“ひとまかせ”なんです。私以外の他人が全員ウルトラマンとなって完璧に私を“防衛”してくれなければ、私というホシは壊れてしまうんです」って言っているようなもんじゃん。しっかりしてよ、情けない。

「誰かのせい」「何が原因」と決めつけることで自分の中の不安感をそらしたり、そんな言葉を吐くことを「言ってやったぜ」とお門違いに得意になるのもいいけど、それよりも自分で出来ることを自分でしているのかなあ。ちゃんと手を洗って、うがいして、睡眠不足や栄養不足(または過多。これも内臓に負担書けるからね)にならないよう、「ふつう」にできてるのかな?「やらされている」なんて思わないでよね。誰も「させよう」なんて強いていない。あなたが何を大事にしているのか、自分で自分に何がしてあげられるのか、自分で選べばいいだけ。

 

人間って、難しいなあ。ウィルスにとっての「繁栄」と人間にとっての「繁栄」って、やはり相当意味違うんだなぁ・・・などと妙なことを考えてしまった。一人の人間が「繁栄」するのにはなんと多くの「養分」を必要とすることだろう。「知ること」「考えること」は、やはり大事だ。とても貴重な栄養素だ。日ごろ取るべき栄養。

でないと、ウィルスであるところのインフルエンザよりも、人間の中にあるある種の無自覚さのインフルエンス(影響)に対する対策の方がたいへんになっちゃう。それって、インフルエンザにかかるよりしんどいよ。

怖くても、考えよう。パニックや感情に流されそうになっても。

 

 

2009年5月18日

時間の問題ではあったことだが、やはり国内で新型インフルエンザの感染者が出た。当然のことだが、しばらくは人数が増え、拡大するのであろう。潜伏するよりは発覚して、ちゃんと治療や対処に移れる方がよい。「爆発的に数が増えている」というのも検査体制がしっかりしているゆえと思いたい。

 

昨日は日曜日で近畿圏以外のクライアントさんのレッスンが多かったのだが、特に不安を訴えられる方はなかった。皆さんの冷静な対処に感謝である。

スタジオでは念のために「最新情報」にあるような対処を決めた。過剰防衛もストレスだが軽く見るのも禁物。状況を見ながら対処も変えていくかと思うが、よろしければチェックしておいてくださいませ。

 

感染を抑制するには、基本的なことを守ること。外出から帰ったら手洗いとうがいをして、疲れをためないように「ふつうに」体力を養うこと。5月は、薄着で思わず身体を冷やしたり、暑くて汗をかいたままで身体を冷やしたりなどしやすいので普通でも風邪をひきやすい時期。冷静に乗り切りたいところ。

ちなみに、うちでは空気清浄機や加湿器を稼動させるのは、このインフルエンザに対する対処として始めたことではなく、日常的に行っていることである。喉や声を使う仕事の人も大勢レッスンにみせるし、花粉症などのアレルギーを持った方も少なくない。私自身、一日中レッスンをしていると乾燥による喉へのダメージはばかに出来ないので、「空気清浄機」「加湿器」は重宝しているのだ。だから新型インフルエンザへの対策として加えたことといえば、出入り口に消毒液を用意したこと、うがい薬を置いたこと、あと、いつもよりまめに廊下や玄関マットの消毒をしていることくらいだろうか。風邪が流行る季節にはマスクをつけたままレッスンさせてもらうこともあるし、レッスンを受けに来る方もそうである。「ふつうに」注意をしていくのが一番かと思う。

 

でも、これを口実に仕事やすみたーい・・・という、よからぬことを一瞬考えてしまう私であった。いかんいかん。

 

 

2009年5月14日

ココロが見えない何かに突き当たってしまって、どうしたらいいのかわからなくなって、苦しくてたまらない時間があった。

「どうしたいの?」と、泣いてばかりいる自分のココロに聴いてみる。

「なにがほしいの?」

そうしたら自分のココロが「・・自由」と呟いた。

 

聞いてびっくり。「自由」とな。でも、私は不自由なわけではない。どこかに閉じ込められているわけではないし、何かが不足しているわけでもない。そういう意味では、「自由」はすでに私の手の中にある。でも、それが「ほしい」と呟いてしまうくらい、手中のものを見失っている。私を縛っているのは誰かや何かではない。私を制約しているのは、私自身だ。結論や結果が「みえないこと」や、それへ「あがき」が私を不自由にしている。

「自由」って、なんだろ、と思う。「制約から解かれること」でもある。でも、制約から解かれさえすれば自由か、というと、そうではない。それが「自由」を使いこなせるかもしれない条件の一つがそろったに過ぎない。そう、「自由」を「使いこなせること」。それの方が私がほしい「自由」の意味に近い。では、私が「自由」を「使いこなしたい」のはなぜ?「自由」を使ってどこに行きたいのだろ?何を手に入れたいのだろ?・・・

そうやっているうちに、「どこ」とか「なに」という究極的な答えはまだ出なくても、「あがき」からは自由になれる。困ったときほど、流れに身をゆだね、今ある場所から逃げ出さずに受け入れてみよう。まだみえないものではなく、みえているものを見てみよう。投げやりにではなく。思考は切らずに。そうしていると、救いの「蜘蛛の糸」が出てくることに気づく。ほかならぬ、自分から。

 

・・・私は本気で迷った時に、こんなふうに自分と自分で会話する。感情の暗雲に飲み込まれそうになっても、間違ったヒロイズムへの欲求が、自分を責めたり、誰かを責めたりする方向に誘惑してきても(そっちの方がドラマチックで「おもしろく」はあるんだよね。昼メロ的で。でも本気で解決したいのなら、そんなドラマで遊んでいる暇はない)、ココロを励ましてその向こうの澄んだところに一所懸命眼を凝らす。

そうして澄んだところがみえだすと、ココロが泣きやんで、代わりにからだから本当に涙が出始めたりする。それまでは泣けもしなかったんだ、と気がついたりする。

 

「自由」なんて「状況」じゃなくて「意志」の問題。

 

 

 

2009年5月7日

いわゆるゴールデンウィークも終わり、本日から通常業務。私も4日間お休みをもらったが、どこにも行かず書き仕事に苦しんでいた。

 

ところで昨今世を騒がせている新型インフルエンザ。先日ドラッグストアに言ってみたら、本当にマスクが売り切れていた。すごい。幸いなことにまだ国内で感染者は発生していないようだが、この速やかな防衛意識から察すれば、仮に感染者が発生したとしても高度に感染の抑制が可能ではないかと思う。すごいことだ。

一方で、過剰な防衛意識はいかがなものかと思う。新型ウィルス、ワクチンはいまだ開発されず、と聞くととても怖い印象を受けるが、予防対策は一般的なインフルエンザと変わるものではない。基本的な手洗い・うがいなどが最も効果的な予防策である。それにタミフルやリレンザという既存の薬もちゃんと効くという。毒性も強いものではないともいうし、変異して強毒性のものになる可能性もないに等しいとも聞いた。

新型ウィルスの蔓延はきちんとした対策を怠らず、阻止すべきものだが、一方で「感染したら即死ぬ奇病」のような扱いをすべきでもないと思う。それって、もう情報を見ていない。自分の中の不安や恐怖しか見ていない状態だ。

 

ついつい不安に基づいて反応してしまうのが一般の人(?)ならいざ知らず、なんと、発熱のある患者を病院や医院が診療拒否する、という事態があったというから驚いた。悪いけど、

ばっかじゃないの、

と思う。医者だろ、あんた・・・と絶句したくなる。

好意的に解釈すれば、何らかの理由で(つまり「発熱云々が直接の理由ではなく」)診察が出来ない状態にあったのかもしれない。ただ、ニュースで聞くところによれば、「国際空港に勤めている」「外国人の友人がいる」と告げた途端「診療拒否」、というケースもあったようだ。その病院にいく前に、ちゃんと厚生労働省などの相談ダイアルに相談して、大丈夫だから一般の病院にどうぞ、といわれたにもかかわらず、である。「(あの病院に新型ウィルス感染者が居た、というような)風評被害などを気にしての行動ではないか」というが・・・。事なかれ主義、わが身かわいさ、という、誰の心にも多少あるココロが働いたにせよ、この医師の医学的知識や情報はココロの迷いを優先させるほど貧しいレベルだったのだろうか。

 

何も、医師という仕事をもってして「無条件に人に奉仕せよ」などと言うつもりはない。その職業や技量が、いわゆる「役立つ」ものであればあるほど、時に酷使され、搾取される側面があることを、私なりに認識している。例えば、プロの歌手や演奏家が、私的に街を歩いているようなときに見知らぬ人から急に「歌って」とか「弾いて」とか言われて、断ると、「なんや、けち」みたいな捨て台詞を浴びせられて、すごく悲しい・・・というようなことって、意外とあるのである。

(本当に「けち」なのは、持っている人から無条件にもらえて当たり前、と思っている人のココロのほう、という気がする。そういう人は、特異な技量を持っている人を羨ましがって入るが、敬意は持っていない。相手に褒め言葉や称賛を投げかけてはいても、言葉通りの意味ではなく、相手にゆるい嫉妬のような感情を抱いたままの、自己評価の低い状態にあるように思う)

だから、「医師だから人の役にたつことを常に行うのが当たり前」「いつでも誰でも診るのが当たり前」などというつもりはない。

でもこの場合はどうなんだろう。

断った医師自身にとって、「プロ」ってどういう意味をもつことなんだろう。その人は、自分の「技能」や「個性」が「誇り」・・・とまではいけなくても、それを自分のアイデンティティとして認めているのかな。それとも、ただの「重荷」なのかな。

 

ふと、「出世なんかしたくない、責任でてきちゃうから」という意見の子どもが増えている、という話を思い出してしまった。出世云々はどーでもいいんだけど、「責任負いたくないから」というのには引っかかるものを感じる。それって、したいことがない、ってこっとよね。したいことして、人の批判にさらされるかもしれないのが怖い、ってことよね(でも、自分がどう思っているかを言いもせずに、誰かの陰に隠れたり迎合するような態度ばかり取るほうが批判の対象になると思うんだけれども・・・)。

「個性を持つことを恐れる子どもが増えている」という話も聞く。私のところに来る人たちの中にも「答えだけ教えてください。正しい答えを」という人はいる。「自分で考えてみて。そうしないと分からないから」というと「突き放された」と反論し、質問すると「非難された」と感じてしまうコドモは、確かに居る。

他者と違うってことは、他者と敵対するってことじゃないんだけどな。

平和、ってなんだろ。

なんだか妙に考え込んでしまった休日であった。