2008年9月の「えこひいき日記」

 

2008年9月10日

8月は怒涛のようであった。

考えてみればしょっちゅうこんなことを言っているような気もする。5月から仕事の量を調整したつもりなのに、結局忙しいのは変わらない。考えてみればそれもそのはず。ある意味「濃い」クライアントさんのレッスンしかお受けしていなかったんですもの。そりゃ、暇になるわけないわね。

でも精神衛生上、量的な忙しさではなく、質的な忙しさの中にいるのは、よい。

仕事を選ぼう。厳選しよう。少なくとも、その方針で行こう。手加減しないで、自分のいろいろなところを使い尽くせる方向に進もう。

そう思う今日この頃。

 

 

ところで「平気」の意味するところについて考えた。

 

先日半年ぶりくらいに飛行機に乗った。国内線である。席についてシートベルトを締め、機内誌をぱらぱら見ていると、正面のスクリーンに案内が表示されはじめた。いわゆる、航空法に基づく禁止事項についての案内だ。機内では携帯電話の電源を切ること。これはマナーの観点からの問題ではなく、安全な飛行のために必要な行為なので理解して従うように。その他、迷惑行為を行わないこと。迷惑行為が著しく、注意を喚起しても従わない場合は、機長の権限でその乗客に降りてもらうこともできること等々・・・そのあとに、万が一酸素マスクや救命胴衣を使用しなくてはならなくなった場合の使用方法の案内などが続く。乗客は、その間もあわただしく自分の支度をしている。荷物を前の座席の下にしまったり、あるいは頭上の荷物入れに押し込んだり、毛布や新聞を確保しようとしたり、自分の席を探したり・・・。

私が飛行機に最初に乗ったのは4歳の時だった。いや、それは国際線を利用した最初の年齢で、おそらく歩けもしないころから親や祖父に連れられて国内線を利用していたと思う。そのせいか、私にとって飛行機はちょっと特別な乗り物でありながらも(電車も車も特別といえば特別だが、飛行機は「もっと遠くに行くときに乗るもの」だから)、親しみのある乗り物である。「遠くに行ける」わくわく感もあって。

あんな鉄の塊が空を飛べるのが疑わしい、足の下にも頭の上にも空しかないことが怖くないのかと言われたら(「飛行機に乗るのが怖い」という方は、このような理由で怖くなるらしい)、怖くないとは言わないが、怖いとも思わない。今のところ、私の乗った飛行機が重くて飛べなかったこともなければ、落ちたこともないという、既成事実によるものかもしれないが。それに、飛行機が金属でつくられていることも、私の足の下にも頭の上にも空しかない、というのも、ただの事実。それが私にとって恐怖に対象になったことがないだけなのかもしれない。昔に比べれば飛行機だって揺れなくなっているように思うし、手続きだってどんどん簡便化&スピーディーになっているし、それに伴って私の中にわずかにあったかもしれない恐怖感もさらに縮小されたような気もする。親に連れられて、ではなく、自分のお金でチケットを買って、自分の用事で出かけるようになったからだろうか。それと同時に、子供の時のような「ちょっと特別な感じ」も縮小したかもしれないけれど。

自分の力でコントロールしきれないものに信頼を持って身を任せるのはいつも少し不安で、特別な感じがする。でも私、その感じが嫌いじゃない。

 

ともあれ、今回改めてなんだか「迷惑行為・・・」云々のアナウンスが気になった。このアナウンスは「言わなくてもいいことでしょうが、念のために、おせっかいだけど言っておきましょう」というレベルではなく、こういうことをわざわざ搭乗早々にアナウンスし、処罰に対象になる、と言わなければ、そういうことを「平気で」してしまう人がいる、ということなのである。実際、新聞の事件欄にたまに出るものだけではなく、飛行機の中での迷惑行為は増加しているという。乗務員を見下して悪態をついたり、いわゆる「モンスターなんとか」とか「シュガー社員」ばりに自分の要求を通そうとする乗客は少なくないのだという。それも、別にこわもてのお兄さんやあからさまに変な人がすごんでいるのではなく、「普通の」乗客がそうなのだという。

けして懐古趣味で申し上げるわけではなく、昔はこんなことなかったと思う。飛行機のような閉鎖空間の中で、あるいは公共の場所で、「迷惑行為(と認識されるほどの自分勝手)を、しない」なんてあたりまえじゃん、と思うのだが、どうやら自分の利益や要求というのは常に完全に満たされていないと相当に不幸と感じてしまう人間が増えているらしい。あるいは「自分のために他人を無条件で使役してよい」、「自分の都合を妨げる人間は敵」「金さえ払えば全てが許される」とナイーブに受け入れている人間が。

例えば自動ドアが壊れて動かないなら、多少怒っていいと思う。でも世の中全体が自分にとっての「自動ドア」であるわけではない。歩けば誰もが自動的に道をあけ、自分では何にも触れなくてもすべてが起こるというわけではないのだ。自分ではなにもしたことがないくせに、できてあたりまえと思いこむことの不幸。簡便さや高速化は、複雑さやプロセスを知ったクリエイティヴな人間の行く先をサポートする技術ではなくて、複雑さやプロセスを理解できない人間でもなんとかしてしまう「甘やかし」にのみ消費されてしまうのか。

「他者にとって迷惑となる自己の行為とは何か」という認識が、あるいは「自己」と「他者」の距離感が、変化しているのだということは認めざるをえないところだと思う。嘆くより、何より、ただの事実として。

 

そういえば、先日映画館に行ったらこんなことがあった。最近の映画館のチケットは、ネットで事前予約が可能で席の指定もできる。そのときも「どセンター」の席を予約して、映画を見に行ったのだが、行ってみると、私の席と思われる場所にすでに女の子(大学生と推測)が座っていた。二人ずれで来ていたそのお嬢さんたちはおしゃべりに興じていて、こちらには気が付いていない。「私が間違ったのかな」と思い、席を確認するが、やはり彼女が座っている席は私の席のようだ。それに、その日の映画館はそこそこの混み具合で、条件の良いシートから人が埋まっていっている。がらがらな状態ならいざ知らず、この状況を考えると、おそらく私が予約した列もいずれ全部埋まるだろう。そうすると、この1席のずれはほかにも影響が出る事態だ。そこで、おしゃべりとポップコーンに夢中の中、申し訳ないとは思ったが彼女たちに声をかけることにした。

「あの・・」と私が声をかけると、お嬢さんはものすごく驚いた顔をしてこちらを見た。まるで、自分の家にいきなり見知らぬ人がドアをけ破ってはいってきたのを見たみたいな顔だった。「あの、席が違っていると思うんです」とチケットを見せながら私が言うと、「あ」と小さく声を出して、隣のお嬢さんと顔を見合わせている。「とりあえず、こっちの空席が埋まりそうになったら席を移ってもらうというので、どうでしょう」というと、彼女たちは「あ、はい」と言い、ちょっと安心したような顔をして深く席に座りなおした。「ああ、びっくりした」と何度かつぶやきながら。最後まで「ごめんなさい」などの言葉はなかった。後になって、やはり空席には人がやってきて、私は本来の席に移ることになったのだが、その際も彼女たちからは何の言葉もなかった。

 

不思議なことに、私の心に相手の無礼を怒る気持ちはなかった。少なくともとっさには。相手が無礼であることは認識している。自分の間違いを一言も謝れないなんて、どういうお育ちなの?!とイジワルく言ってみたい、と今なら少し思えるが、でも正直言って、そういうことを言う「価値」も彼女たちには感じない。彼女たちを前にしているときにはそういう「人間らしい」感情が湧かなかったのだ。「怒り」などという感情が沸き起こるのは、少なくとも相手に対して何らかの「存在」や「関係性」を認めた時だけなんではないかと思う。彼女たちは私の「存在」を認知していなかった。もちろん、物理的に存在していることは分かっていただろう。だが、あくまで「物理」なのである。私は、彼女たちにとって「人」じゃないのだ。そして彼女たちはそういうふるまいをすることに慣れていた。極端にいえば、彼女たちにとって「人」なのは自分と自分の横に座った友人だけで、あとは「モノ」だったのであろう。だから、突然見も知らぬ「モノ」に声をかけられて「侵略」されたような顔ができたのだ。「平気」で。それは結果的に無礼ではあっても、積極的な悪態や敵意などという、人間向けの感情を伴った行為ではなかった。むしろ、いかなる積極性も存在していなかったことが問題だったような気がする。

 

仮に肯定的に彼女たちの行為を考えてみるとする。

「知らない人と話をしてはいけません」「知らない人についていってはいけません」

私自身、子供のころそんなことを親から言われたことがある。彼女らは、それを忠実に守り続けている「良い子」なのかもしれない。

しかし「知らない人と話をしてはいけない」のはなぜだろう?その目的は本当に「話さない」ことをキープするだけで守れることなんだろうか?「知らない人」と話をしたり、ついていったりしてはいけないのは、己の安全確保のためだ。もちろん、「知らない人」に「やたらと」ついていったり話をする必要はない。しかし同時に「知らない人(あらかじめ知っている人じゃない人)」であるという理由だけで「やたらと」口をきかない、コンタクトを持たないことにする必要性も本当はない。なぜなら、究極的には世の中のほとんどの人が自分にとって「知らない人」だし、彼らとコンタクトを取らないことが自分の「安全確保」の唯一の方法ではないからだ。

自分の「安全」とはなんだろう?もしもそれが物理的なことのみならず、精神的な充実や安心感も意味するとするなら、それは本当に他者を排除することで成立するものなのだろうか?

「知らない」ということが、人間関係の障壁にならないことはもはや自明の事実である。例えば、「知らない人」だからこそ、ネットで本音や自我をさらけ出せる人たちがなんと多いことか。でも恋人だって、友達だって、もとは「知らない人」である。私たちは実は「知らない人」との出会いを常に求めているのだ。もちろんトラブルだって起こりうる。しかしそれは自分が何を知り、何を知らないかを読み間違えた時に起こりやすいことだと思う。過信や妄信の先に幸福はない。これを読んでいて下さる方の何割かは、私が会ったこともない方のようである。私の知らない人が私を知っている。興味を持っている。節度が守られればそれはけして不快なことではない。むしろとてもありがたいことだ。

結局のところ、「知らない人」とまともに人間扱いできないような人間は、自らも少し人間じゃないんだと思う。人間になりきれていないんだと思う。

 

だから・・・というつもりはないのだが、結果的な事実として、私も彼女らを「人間扱い」しなかった。ただ、少し不快で、心のどこかが凍らせてこの事態を自分の内部に圧縮しただけであった。

そういう反応ができる自分が、私は嫌いである。怖いと思う。かといって、やはり彼女たちに何かもの言おうという情熱は今も湧かない。彼女たちを変えられるのは私じゃない。私が自分を「嫌い」と思ったように、彼女たちがいつか自らのトラブル・シューティングを無視と忘却だけに頼るのをやめて、「こんなの嫌だな」「なんでこうなっちゃうんだろう」と思えた時にしか変われないと思うから。

私にできるのは、私が嫌だと思う自分の反応を、どう変えられるのかを考えることだけである。

 

そういえば「あなたとは違うんです」と言って総理の職を辞した人が最近いました・・。「私は自分のことを客観的にみることができるんです」と。似たようなニュアンスの言葉を聞いたな、と考えていたらあんまり気持ち良くない記憶が蘇ってきてしまった。

あるクライアントが、突然泣き顔でこんな話を始めたことがある。実は、先日子供をおろした。その子は、好きではない男性の子供だという。どうして好きでもない男性との間に子供ができるようなことになったのか、と問うと、本当は別に好きな人がいて、でもその人に告白して振られてしまうのが怖くて、その男性と付き合うことにしたんです、と言う。子供ができたことが分かり、いったんはその男性と結婚する話も進んでいたが、でもこのまま結婚はできないと思い、子供をおろしたのだという。「それで、あなたが泣いているのはなぜですか」と私が問うと、その女性はこう言った。「私、子どもなんかおろして、祟られないでしょうか。子供から。身体にも、影響したりするんでしょうか。堕胎は。」私は「自分のしたことの結果は自分で引き受けなさい。祟られようが、そうでなかろうが」と冷めた声で言った、と記憶している。腹が立つなどを通り超えて、死ぬほどばかばかしくなると、感情は凍るものだな、と思った。他に言うべきことがあったとは、今でも思えない。

 

その女性は自分自身のことを「客観的な人間」だと言っていた。「冷静な性格」とも。彼女は、多くの人が「普通は」悲しんだり怒ったりするときにそのような感情を抱かないことを「冷静」「客観的」、と言っているのだ。正直言って、この言葉にそんな使い道があったとは、と妙に感心してしまった。何の喜びもない感心だが。

こういうのを「葛藤回避」という。あるいは「合理化」。

 

合理化

@無駄を省き、能率的に目的が達成されるようにすること。労働生産性を高めるため、新技術の採用、企業組織の改変、人員削減など行うこと。

Aもっともらしく理由づけること。正当化。

B欲求が満足されなかったときに、その理由を無意識に正当化して自我が傷つくのを防ぐこと。防御規制のひとつ。

               岩波書店 広辞苑第六版より

 

 

先程の話の中でクライアントを指していった「合理化」は、AやBの意味である。もちろんね。

そして私自身もAやBの意味での「合理化」を行うことがある。例えば、何の喜びもないのに、妙に感心する、というのは、Bに類する行為だと自分で思う。ただ、クライアントのBと私のBが異なるところがあるとすれば、たぶん、私は自分が本当はだらだら血を流すくらい傷ついていることを自覚している点である。自覚したうえでアイシング(「妙に感心」)しているのだ。相手に向かって今自分の流れる血を見せても、それがメッセージになるわけではないとも思っている。それは@の意味での「合理化」でもあり、私のつまらない意地やプライドなのかもしれない。

 

言葉というのは、諸刃の剣だな、と思う。内容的には全く違うことなのに、同じ言葉で表現できたりする。

いや、本当に怖いのは、言葉じゃない。言葉の使い手である人間なのだ。きっと事態が@のつもりがAにスライドしてしまうのはほとんど気がつかないうちになのだろう。その内容の違いはこんなにも明確であっても。

 

私は自分を守るために「平気」のふりをすることを、あまり長く続けたいと思わない。ふりはふりに過ぎないからだ。「ふり」が「ふり」であるうちに、いつの間にかそれが私の皮膚の下に忍び込んで自分の皮膚と見分けのつかないものに変わってしまう前に、私は自分で自分を壊したい。そういう「平気」でなくなりたい。本当に「普通に」ふるまうために。