2007年7月の「えこひいき日記」

 

2007年7月17日

祇園祭巡行の日。自宅のベランダから鉾をしばし鑑賞し、仕事に出る。そう、お休みを頂いている期間中なのですが、仕事をしてしまいました。ぐすんぐすん。くそう、今年も巡行を全部観ることが出来なかった。

 

ところで、先日歌舞伎の話を書いたらば、その後同じ公演に出演されている某氏が怪我をされたとのニュースを聞いた。よってその方が演じられていた役は代役が努めることになったという。

実は先日観にいったのは「昼の部」の演目だったので、その後に日を改めて「夜の部」を観覧するつもりでチケットを買っていた。結果的に、疲労と、多忙からその公演に行かなかったのだが(チケット買っていたのに!高いチケットなのに!)、某氏が「夜の部」で演じるはずだった役の代役が何と片岡仁左衛門さんがつとめられると聞き、つくづく惜しいことをした、と思った。うーん、仁左衛門さんの『女殺油地獄』だったら、観たかったなぁ。私がたっかいチケットを無駄にしてまで自らの疲労と多忙を優先してしまった理由の一つには、某氏のことがある。

某氏はとても美しい役者さんである。彼の襲名披露公演にも足を運んだし、少し創作的要素の入った舞台や、今回の公演の「昼の部」の演目に出演されたのも拝見している。「絵になる」という言葉が何の違和感もなくはまるくらい、この方の立ち姿は美しい。

でも、申し訳ないのだが、彼が演じる役がどれもカルい。役柄がいわゆる「カルい」人物の役、というのではない。稀代の色男や、ヒーロー的な人物を演じているのだが、何だか私にはカルくみえてしまうのだ。だから拝見する度に悩む。なんでやろ、と思う。セリフを間違えたわけではない。所作を間違えたわけでもない。存在感がない役者でもない。のに・・・と。

 

先日、私は片岡仁左衛門さんの「知盛」を指して「美しい立ち姿」と書いた。そして先ほど某氏のことを指しても「立ち姿は美しい」と書いた。でも、その「美しい」という言葉の意味するところ、内容は異なる。某氏の美しさとは、何よりもビジュアルであり、見目形のかたちである。しかし仁左衛門さんの美しさは「そこにそのかたちを与えているもの」の美しさである。

この話をクライアントさんにすると「やはり人生が出るんですかね」という応えが帰ってくる事が多い。私も、実はそう思っちゃう。でも、それをクライアントさんほど素直に言ってしまえない自分がいる。なぜかというと、その「人生」が「出る」って、なんなんだろう、どういうことなんだろう、と考えてしまうからである。因果な仕事をしているせいだろうか、普通に、直感的に「人生が出る」と言ってしまうことを、その言葉に帰着させて片付けてしまうだけでは、納得できない自分がいるのである。それ以外の言葉で、それがどういう「感じ」なのかを表現できなくては、それがどんな「感じ」なのか本当にはわかっていないと思うのだ。

だからもうしばらく考えないとわかんないんだけど、それより先に感じてはいるんだよね。

 

2007年7月13日

片岡仁左衛門さんが演じる平知盛(『義経千本桜』の)を観て泣いてしまった。自分でも意外だったが、花道に登場した姿を見たとたん、ぼろぼろ涙がこぼれてしまった。立っているだけで、この武将の覚悟が伝わってくるような、壮絶に哀しい(でも美しい)立ち姿だった。本当に、知盛さんの霊でも憑いているんじゃないかと思うくらい、だった。

人がそのように立てるなんて、凄いと思う。だから芝居見物は止められない。

 

 

2007年7月3日

ATMに並んでいたときのことである。ATM使用中の女性の後ろから年配の女性がすーっと近づいてきた。一瞬のことだったので、誰もはっきりしたりアクションこそしていなかったが、多分ATMに並んでいた人の多くが一瞬ギョッとしたと思う。当然ながらATMを使用中の人も驚いて、後を振り返った。年配の女性はATMの横に設置されている紙用のゴミ箱にゴミを棄てたかったらしいのである。自分が多少ルール違反をしている意識はあるのか、うっすら笑いを浮かべていた。でも驚いた顔で振り返った女性の顔をみると、「なによ、ゴミを棄てだけなのに、睨まなくてもいいじゃないの!まったく・・・」と毒づきながら去っていった。

かわいそうだけれども、こういう人は誰からも好かれないだろうな。と思った。

「ゴミ箱にゴミを棄てる」という行為をとがめる人は誰もいないと思う。でも「どこで」とか、「どういう場合に」という認識が彼女には抜けている。ゴミを棄てるのをどうしてそんなに焦って急いでいたのかは知らないが、「ゴミ」になった紙くずが掌にある、と認識した瞬間、彼女の頭の中は「棄てねば」という意識に支配されてしまったのだろう。それで、どこかで「よくないこと」という認識が皆無ではなかったにもかかわらず、「目に付いたゴミ箱」に突進してしまったのであろう。「まずいことかもしれないけれど、このくらいのこと、許してよね」と、相手の許しを期待するような笑いを浮かべることさえも、彼女にとってはエネルギーを要する作業であったに違いない。だから、こんなにもエネルギーを投じているのにそれが功を奏さず、相手の驚いた顔を「非難して睨んでいる」と認識した瞬間に、エネルギーが逆流してしまったのだろう。

でも、そう推測することは出来ても、やはりこういう人は好きにはなれない。と思った。

例えば彼女が逆の立場だったらどうするのかしら、などとも想像してみた。彼女がATMを使っているときに、別の誰かが背後からやって来てゴミを棄てようとする。その時彼女はどうしたり、言ったりするのだろう。「あら、ゴミをお捨てになるのね。どうぞどうぞ」と言葉や表情で言うだろうか。それは上手く想像が出来なかった。やはりさっきと同じテンションで「もう、人がATM使っているのに、びっくりするやないの、もう、まったく・・・」とか言いそうな気がしてしまった。

そういうことを、ATMからその女性が去って、自分の番が来るまでの1分くらいの間に思ってしまった。

 

他者と自分の関わりで、自分の振る舞いよりも、自分が感じた被害的な認識にだけ敏感に反応する人がいる。残念だけれども、どういう人間は結構いる。本人は自覚していないかもしれないが、常に「自分には自分の思うことを行う権利があり、他者にはそれに協力する義務がある」と言わんばかりの態度をとっていることが多い。でも自分も他者にとっては「他者」である(つまり、もしも自分以外の人も自分と同じ考え方だったら、自分にも相手に協力する「義務」があるんだ、という認識)はない。だから権利関係の利害調整以外の意味で他者に「ありがとう」なんて言わないし、言ったとしても「言ってあげたのに」みたいな「権利の主張」になってしまい、それ以外の人間関係が築けず、孤独である事が多い。だから余計人に対する希求の思い(全面的に自分を認めてもらいたい、受け入れてもらいたい)が強いのだが、でも基盤になっている人間関係が「give&take(でも本当はtake多めを期待。自分が損することを何より警戒するし、自分が投じたものの回収、過去の損失の回復に執着する)」なので、その方式で人に対する限り、飢えと不満感はつのる結果になる。

思い出せる限りでも、クライアント関係でも何人かそういう人がいたなあ。

メールで予約のやり取りをする中で「あ、このひとはだめだ」と思った人は早々に断るが、多くの場合、私から断らなくても、相手の方が棄て台詞を吐いて去っていく事が多い。時にその棄て台詞たるや、自分では思いつけないようなすごい文言が多いので、そういうメールや文章は全部保存している。職業的な意識で考えるならば、どういう人がどういうことを言うのかは、その人を好きか嫌いか、その態度が快か不快かによらず、ある意味興味深い。

 

ところで、彼女の言う「このくらいのこと」って、彼女にとってどのくらいのことなのだろう。

本当に「このくらいのこと」という「こと」って、この世に存在するのだろうか。「このくらい」かどのくらいかはしらないが、あるのは「こと」だけだと思う。それが「このくらい」であろうがなかろうが、なかったことにはならない。

でも「このくらいのこと」というやつは「この世になかったこと」のように認識されているように思う。でも、それは「そんなことは起こらなかった」という認識ではない。「ある」のに「なかった」ことにされている、という「こと」なのである。ややこしい。

自分の仕事を振り返っても、だからクセってなおしにくい、と思う。本人にとっては「このくらいのこと」だと思われている事が多いからだ。でも違うんだよねー。結構重大なんだよねー。

でも、それに目を向けるも、向けないも、結局はその人の人生の選択なんだと思う。「人生の選択」と、言葉で書くと「おおごとそう」に思えることは、実は日常の「なんでもなさそうなこと」の中でしか行われていないのだ。

がんばって生きないとね。