2007年6月の「えこひいき日記」

 

2007年6月26日

先日「B・ブートキャンプ」の話を書いたら意外にもいろんな方からメールを頂いたので、念のために補足を。

特定のエクササイズDVDに限ったことではないし、広くはあらゆる学習に対して言えることかもしれないが、私としては以下のことにココロを止めながら臨んでいただきたいと思っている。

 

1)              何のために「このエクササイズ」をするのか

2)              なぜ「DVD」でするのか

 

理由が明確に言えなければやるな、と言っているわけではない。でも、「自分の希望を自分に問う姿勢」を伴いつつやっていただきたいと思う。

 

1)について

「効果的と謳われているエクササイズをやってさえいれば、きっと自分の潜在的な願望が勝手に実現してくるに違いない」などと考えるのは、はっきり言って、甘い。「やっているうちにきっとなんとかなる」というスタンスから出発した場合、多くの人が最初に自力で感じるのは「これじゃない」という違和感である。その「違和感」「できなさ」を「このエクササイズが効かない」「自分に合わない」などと理由で片付けて、「では自分は何を望んでいるのか」を問い忘れる事が多い。その結果、別のエクササイズに手を出して言っては繰り返し挫折、というループにはまりがちなので注意が必要だ。

「自分の希望」を読み取れば、「挫折」「逃避」あるいは「エクササイズの質を落とす」のとは似て非なる形で、加減の調整やアレンジの可能性も見えてくるかと思う。

自分がこのエクササイズを選ぶのは、ダイエット(体重や体脂肪の減少を目的とする、など)目的なのか、シェイプコントロール(特定部位のたるみを取りたい、サイズダウンしたい、など)目的なのか、体力増進目的なのか、これまでのエクササイズに不満があるからなのか、健康不安(なにか「カラダに良い」といわれるものをやっていないと気がすまない)からなのか、友人との共通の話題に乗る遅れたくないからなのか、たとえ他人には明かさなくとも自分自身にだけは嘘や隠し事をせず、きちんと把握しておくことは大切だと思う。

 

2)について

わざわざ「DVD」という方法を選らんで学ぼうとするには、それぞれ事情があると思う。だが、自分の目的によってはそのほう方がベストの学習方法とは限らないことも認識しておいたほうが良い場合もある。

例えば、実際に教室に行ったり先生に付いたりして習っている人が「参考にしたくて」「自習の一助として」DVDを購入したり、あるいはDVDでチェックしてから実際に教室に通いだす場合もあるが、「先生や教室との人間関係上、買った方が無難だったから」とか「買った方が上手になったような気がする(けど、結局あまり活用しない)」ということもある。後者である場合でも、まあお金以外に消耗するものはないとも言えるし、経済活動に貢献したともいえるから悪くはないかもしれない。

でも「実際に先生に付いて自分の出来ないところをさらすのが恥ずかしいから」などの理由からDVDを活用する場合、その意図を上回る効果を暗に望むのは虫が良すぎるので注意。

 

 

私のところに「B・ブートキャンプ」のDVDを持ち込んだクライアントに関しては、上記の1)2)の意思が非常に明確だったので分析をお受けした次第だが、「自分で選べないからー」みたいな理由で何でもかんでもこちらに持ち込んでこられてもお受けできないので、ご了承あれ。

 

B・ブートキャンプ」は、私個人は結構気に入ったが、気に入った理由は「ダイエット・エクササイズ」としてではなく「トレーニング・エクササイズ」としてである。もちろんその人のもともとの体型や動作パターンによるが、「あれをやればやせる」とは限らないと思う。特に、俗に言う「筋肉が硬い」「固太り」タイプの人は注意。「疲れる」感覚と「痩せる」実感とは違う。とはいえ、このワークアウト自体がかなりきついメニューなので、汗をよくかくぽっちゃりタイプの方が形振り構わずとにかく1時間くらい暴れ回ったら、体重の減少は望めるかとは思う。ただそれは「身体機能の向上」とは比例しないものかもしれない。

 

ともあれ、皆さん、それぞれの目的に向かってwork it!

 

 

2007年6月21日

諸事情により、この数週間ぐれておりました。決着はまだつかない。でも腹をくくるしかないのかな。

 

話は変わります。

私のところにはいろんな人がいろんなDVDを持ってきたりする。例えば、ダンサーが自分の出演している舞台やそのリハーサルの様子を録画して持ってきてくれて、それを見ながらレッスンの中でチェックを行う場合もあるし、有名な(?)ダンサーやスポーツ選手が動いている映像が持ち込まれて、その動きの解析を依頼される場合もある。

最近見せていただいて面白かったのは、最近巷でも話題の「B・ブートキャンプ」というエクササイズDVD。うちに来てくださっているクライアントさんが「魅力とともに、危険を感じる」ので「自分に合うやり方や、からだの使い方についてアドバイスがほしい」ということで持ってきてくださったものだ。いやー、よくできております。自分でもやってみました。おもしろかったー!でも、きついー。ちゃんとやらないと、きつい。うわさによると、多くの方が初日で筋肉痛になって動けなくなることも珍しくないそうだ。クライアントさんの勘は正しくて、確かにする人によっては注意をしないと筋肉痛とど根性だけが育ってしまうかもしれない。でも、ハマル人の気持ちがわかる。よく出来ています。

 

どのようによく出来ているかというと

1)              1時間のトレーニングのプログラミングが絶妙(いわゆる筋トレ・メニューで筋肉に負荷をかけて引き締めかつ精神的にも「耐える」ことを通して得られる「達成感」を感じさせるようなパートと、武術の動きをベースにして正確に関節などを使わないと上手く出来ないパートと、負荷をリリースしながらも運動を持続させる(足踏みなどの行為で)パートなど、上手くおりまぜている)

2)              Bさんの声のかけ方とカメラ目線が絶妙(多分、DVDの利用者の気持ちがこの辺で萎えそうになる、というところで絶妙の「はげまし」がカメラ目線ではいるのだ。これはきっつい状態のときに「どうせDVDだし、さぼってもわからないし、いつでもやめられる」と逃げ腰になりがちな利用者の気持ちをけっこう助けてくれる)

3)              参加者に常にカウント(声を出させる)ことを通して、運動中に無酸素状態で力んだままにならないように工夫し、有酸素運動化している。また声を出すことによってやる気も持続できる。

4)              DVDに様々なタイプの参加者を参加させていること。インストラクターであるB氏の背後には、たくさんの生徒さんが並んでいっせいにエクササイズを行っているのだが、いわゆる「上手い人」だけではなく、様々なレベルの生徒さんが映っている。このことも、DVDの前の利用者に「これでもいいんだ、がんばろう」と思わせる効果があるように思う。

 

ちなみに私は、ここ10年ほど、運動と名の付くものを全くやっていない。普段はストレッチすらしない。だが「Bブートキャンプ」をしても、筋肉痛で動けない、という事態にはならなかった。多少、腹筋運動と腕立てふせを割愛して行ったところはあったが、ほぼコンプリートでやってみても、そんな感じだった。手前味噌になるのでお恥ずかしいが、あえて客観的に書かせていただくならば、筋肉痛にならずにエクササイズしたいならポイントは「武術ベース・パート」でのからだの使い方だと思う。肩関節、股関節、膝関節などを「正確に」使うこと。一つの関節をひたすら正確に使うことを要求されるエクササイズは少なくないので、くれぐれも関節の位置を正確に認識してエクササイズすること。そうすれば、力んだり、腹筋をこわばらせることで姿勢を安定させなくても、エクササイズを続行する事が可能になる。それは、いわゆる深部筋を使う動きに通じている。でも深部の動きを知覚(自覚)するのは容易ではないので、つい表層の筋肉でやってしまいがちになる。そうするとひどい筋肉痛になるのだ。

 

深部筋エクササイズは一種のブームになっているようで、さまざまなメソッドが存在しているし、古典芸能や古武術などの動作も「深部筋を使っている」としてエクササイズとして注目されたりもしているが、残念ながら、そのインストラクトをしている人たちの中にも間違って表層の筋肉で動作をやってしまっている人たちが少なくない。表層の筋肉を使った方が筋肉にある種の「手ごたえ」を感じるので、自分で「やってる!やれている!」感じになりやすいのだが、その「感じ」に溺れるとせっかくの努力があだになるので細心の注意が必要なのだ。本当に深部筋が働いたときは、大きな感覚を伴わない事が多い。「すーっと」とか「さっ」とか出来てしまうのである。だから、深部筋とともに鍛えるべきは身体感覚である、ともいえる。より細やかな身体感覚と動作に気がつける訓練をすべきなのである。その一助になれば・・・と日々レッスンをしている次第だが、何らかのものが伝わっていればよいな、と思っているところである。