2007年1月の「えこひいき日記」

 

2007年1月31日

先日から私がサーキットトレーニング方式でやっていた業務の主なる所は経理関係資料の修復だったのだが、昨日なんとか終了。かなり雑駁だが。また税理士さんにおこらりちゃうなー。こんな不甲斐ない私を根気よく助けてくださっているというのに、たいへん申し訳ない。

いわゆる決算期にパソコンがクラッシュするというのはこれがはじめてのことではない。規模は違うが過去にも2度ほどあった。だいたい私が疲れていたり機嫌が悪いときに電化製品を触るとそれらがよく壊れる。ただ「必ず壊れる」というほど百発百中でもないし、怒りや疲れの強度によって壊れる頻度や規模が違うのかなどもよくわからないので(自覚的には無茶苦茶腹を立てたり疲れていたりしても何も起こらないときもあるし、なんでもないと思っていたときに何かが起こってしまうこともある)、普段はあまり気にしないようにしているのだが、この時期にデータが飛んだりパソコンに黙り込まれたりするとなかなか影響が大きいので、まじめに困る。

 

しかし一昨日などは都合12時間、ぶっ続けでキーボードを叩いていたが、疲労の仕方がクライアント業務のときとも原稿を書くときとも全く違っていることに改めて驚く。アタマはそんなに疲れない(逆にいうと、私、クライアント業務でこんだけアタマを使い続けているのか!と驚いた)。ただ、椅子に座り続けているために坐骨周囲の筋肉と起立筋の一部と、右肩がいつもと違う動き方と疲労を示しているのがはっきり分かって面白い。記憶している限り、12時間中トイレに立ったのは3回。普段はもっと多いから、代謝なんかも変わるんだろうか。

家に帰ったら食欲もなく、ワインだけ少し飲んで寝ちゃいました。私は酒が弱いくせに酒好きで、最近ワインセラーなども買ってしまったのだが、適温に冷やされた一杯のワインはやはり美味しい。

 

2007年1月28日

このところ、クライアント業務以外の時間の業務(クライアントが終わってからやるので、どうしても夜だ)は、まるでサーキットト・レーニングみたいだった。20分とか、30分とか、1時間の刻みでどんどん事務仕事をやっていかないと片付かない事態に陥っていたからだ(そこまで事務仕事を溜める私が悪いんだが)。感情を交えず1時間作業をやって、機械的に5分休む。また30分別の作業をこなして、30分経ったら強制的に次に移る。そういうふうに「こなしている」と、原稿を書くような思考作業と違って脳は疲れないから、睡眠が不足してもなんとかなりはするのだが、猛烈に脳が飢えるのも感じる。因果なことだ。もっと身のあることを考えたいわ、などと思ったりする。眠らないと身がもたないとわかっているのに本が読みたくなるし、なんと原稿が書きたくなったりする。因果なことである。

でもさすがにもうだめ。なんとか終わらせるわ。こんな生活。

 

そういう状態だともうテレビが見られない。画面から発せられる人の声としぐさがカラダのどこかに刺さってくるような感じがして、あちこち痛い。そこで音楽がヘビー・ローテーションで流れることになるのだが、最近はスガシカオちゃんのベストアルバムがえんえん流れている。この歌詞の数々だっていいかげん刺さるものがあるのだが、この、治りかけた傷のかさぶたをそっと撫でられるような感じにはまっている自虐的な私である。治りかけの傷口に向かってさし伸ばされてくる手が一瞬、自分を引っかこうとしているのか、撫でようとしているのか、怯えてしまうような一瞬のドラマをよくもまあこんな風に言葉で捕まえられるな、などと感心したりもする。

 

2007年1月23日

矮小化とわかりやすさについて考える。いや、以前から考え続けているんだけれども、世相的な問題と自分自身の直面している問題の両面から、改めて考えちゃった次第である。

 

世相的な問題というのは、スーパーから納豆が消えたという現象を引き起こした某番組のデータ捏造問題。私はあの手の番組はほぼ見ないし、しかも納豆を食べる習慣が私の食習慣になかったので、何事が起こっているのかよくわかっていなかったのだが、その後のニュースなどの報道をみていると、起こるべくして起こった事件という気がする。

だいたい「手軽に健康に」とか「楽してダイエット」とか、甘い。本当に大切なのはそういう方法論ではなくて、まず「どうやってここまでその不健康な状態が維持できているのか」を知ることであり、正確に知らないと、健康とか体型とか、その人間の恒常性と関わる問題が改善されるとは思いにくいからだ。(これって、私がこういう仕事しているからそう思っちゃうのかなぁ)しかもそれをたかだか1時間の放送で納得のいく説明を経て結論に達しうるということの方がアヤシイ、というか出来たら驚異的だと思う。

好意的に言い換えるならば、「手軽に」「楽に」人間にとって根本的に大切なもの(例えば「健康」)を得るというのは、ありえないことであるからこそ憧れであり、あくなき「夢」なのかもしれない。さらにうがって言い換えるならば、テレビのお仕事の一部はそのありえない「夢」を「エンターテイメント」というカタチにして売ることかもしれない。そうであるならば、この手の番組は「健康」というものをテーマにしたエンターテイメントとして鑑賞すべきものであり、科学的(?)でアカデミックな情報の発表として受け止めることのほうが、鑑賞態度として間違っているのかもしれない。

製作者が行った捏造は勿論言語道断だが、視聴者もまた冷静でいなくてはならないと思う。「手軽さ」に飛びつくその素直な軽率さが、製作者が捏造をしてまで番組を続けようとする行為の下支えをしていることも自覚すべきではないかと思う。

 

ある研究者がこぼしていた事がある。「食事にしても、何か運動するにしても、それって何に効くんですか、としか聞かない人がいる。何かに効くからそれをする、ということしか行動する意味がないと思っている価値