2006年6月の「えこひいき日記」

 

2006年6月28日

食生活が「ほぼ玄米菜食」になったのは昨年の8月あたりからだったのだが、なぜだか分からないが体重が増加してしまった。腹いっぱい喰っちゃってるからよくないのかもしれないが、しかし腹いっぱい喰っちゃうのは菜食以前からのことだ。若いときに行ったダイエットの経験からいうと、菜食中心になれば体重は減少傾向に移るはずなのに、体重だけは減らないどころか、なんと増加してしまったのである。周囲の方はあまり気がつかないようだが。

ただ、体重増加の驚きを除けば「ほぼ玄米菜食」にしてから体調はよいように思う。私はもともと呼吸器系も弱く、風邪などをひいて軽く体調を崩すときは決まって喉から来るタイプである。その傾向は今でも変わらないのだが、この1年くらいは年末を除いて体調を崩すことはなかった。もっともそれは食事のせいだけではなく、(以前から使用していたが)空気清浄機や、冬場の加湿器で仕事場の環境をケアした効果もあるのかもしれない。

しかしやはりこのことは食生活の影響が皆無であるとも考えにくい。私はここ15年くらいは便秘というものをせずに済んでいるが(精神的ストレスが少なめなことと、もともと基本的に玄米食であることと、生活パターンがほぼ安定しているせいなどがあるだろう)、現在の食生活になってからはさらに消化器の状態が安定したようで、尾篭な話で申し訳ないが最近では食後に必ず排泄がある。またトイレでの排泄とは違うが、食生活を変え始めたときには皮膚の状態に変化が出たことがあった。やたら痒みがでたり、顔の皮膚がぽろぽろむけたりしたのである。ただそれは一時的なもので、治りも早かった。私はもともと皮膚が弱いほうなのでさまざまな皮膚トラブルの経験があるが、そのときの痒みや肌荒れのように痒さやかぶれ、乾燥がひどくなる経緯をたどるのではなく、なんだか代謝が促進されたような感じの変化であった。断食による食事療法やデトックスの経験者の中には、同様の痒みなどを経験する方が多いようで、その部類だろうと勝手に思っていたりした。

もしも「ほぼ玄米菜食」という食生活が断食やデトックスの目的の一つである体内浄化的な効果を持つのだとすれば、私の体重増加や体調の安定はそれによって栄養の吸収がよくなったせいなのであろうか。それとも年齢的に単に太りやすくなっただけであろうか。

確かに私は普段一切スポーツ的なものを行わないので、厚生労働省的な基準から言えば運動不足の部類かもしれない。しかし幸い肥満になることもなく、からだが硬くなることもなく、時々運動のようなことをしても筋肉痛にもならない状態ですごしていたので、たかをくくっていたところもある。悪い状態ではないにせよ、多少筋肉が衰えてきている感触があるのは否めない。ビールマン・スピンみたいな格好とか、できなくなっちゃったし、床に腹ばいになった姿勢から状態をそらして膝を曲げたときに、以前なら頭と足の裏が付いていたが今はもうつかないしね。こういうベーシックな柔軟性プラス筋力を必要とする動きが出来なくなってしまっていることは確かなのだ。

脳も筋肉も「エネルギーをくう奴」には変わりないのだが、消費パターンが異なる。私の場合のような体重の増加と部妙な筋肉の衰えを考慮した場合、加えてみる運動はいわゆるサーキットトレーニングがよいかな、と思ったりする。無酸素運動系の筋力トレーニングと有酸素系のムーブメントを繰り返すことで、マッチョにならない程度に筋肉に刺激を与え、筋肉のカロリー消費率をアップさせる作戦である。

 

さて、そこでお題になるのが「適切な筋力トレーニングとは」というお話である。

仕事上、様々なお仕事、様々な身体状況のクライアントと接してきて思うのは、トレーニングやエクササイズというものは画一的に行えばよいものではなく、その人の身体状況や癖を踏まえた上で行わなければ効果的ではないどころか、中には逆効果(どこかを傷めてしまったりなど)になる場合すらある。

例えば、フィットネスやハードなスポーツを行っている方などになりがちなのは、筋力は強いが関節の使い方や動作の連動が十分ではないために筋肉そのものも硬く、縮むような動作ばかり起しやすいという傾向である。そのような方からレッスンの中で相談を受けた場合、いつも行っているトレーニングを続けながら改善を進めるにあたっては、「不要な力加減を正確に認識し、関節の動きとのカップリングで筋力トレーニングを意識してもらう」、つまり「力を抜く」ことが最初のメインテーマになる。具体的にはそのクライアントさんがどのような身体イメージを持ち、どのようなスポーツを行っているかにもよるが、知らないうちに過度に無酸素運動的な動きにばかり頼り、疲労を起しやすく柔軟性に少し劣るところがあった動きを改善していくことがレッスンのポイントになる。疲労条件に慣れすぎてしまっていて鈍ってしまっている身体感覚を目覚めさせることもポイントの一つとなる。

一方で、動作の際に適切に筋力に頼れない人もいる。例えばある種の武道やスポーツ、ダンスや楽器演奏を習っていて、自分の先生から「力の入れすぎ」などを繰り返し指摘されてきた経験のあるクライアントさんの中には、「何が力の入れすぎなのか」を考えるよりも、「力を入れること(入っているんじゃないかと思う動作を行うこと)」に恐怖してしまって、「筋力を使うこと」を「悪いこと」のように思い、適切なからだの使い方が出来なくなってしまう人もいる。正確に状況判断ができる感性を磨くのではなく、少し短絡的に善悪判断に走ってしまった場合には良くあることではあるが、ある程度アレクサンダー・テクニックを習った人の中にも、まるではしかのように「力を使うことが怖い」という「根性なし」状況を経験する人がいて、「こまったねー」という場合がある。大きく力んではいないものの、自分の身体能力を自分の意思でつかえない状態ではあるので、それはあんまり望ましい状態とは言えない。また、力を使うことを恐れずぎるひとは、目立ちにくいが潜在的にやはりまだまだ力んでしまっていることが多いので、目に立つ筋肉の力みの改善よりもさらに繊細なレベル(精神的なことも含めて)でレッスンを進める必要がある。見た目も一見筋肉質でもなく、細くて「弱そう」に見える場合もあるので、見た目のイメージで判断しても指導を誤る可能性がある。

 

ともあれ、自分のからだの状態を考えた場合、私が目指すべき筋力トレーニングは「関節の動きをリミットしすぎない範囲を守ること」「30秒程度のインターバルで集中すること(多分、腹筋とか背筋みたいな動きだと通常15回程度)」「30秒集中的に筋肉にコントラクションを与えた後は、やはり30秒くらい呼吸をゆったりさせて行うストレッチやバランス力を重視した運動を入れてみる」というような程度で、特に動作として変わったことをするわけではないが、どんなもんになるか、どういう組み合わせの運動が自分で気に入るものだか、やってみようと思う。

ほぼ個人的人体実験ですね。

 

2006年6月18日

南座に『アマテラス』を観にいった翌日、縁があって元伊勢を訪ね、天岩戸神社を訪ねた。雨の中であったせいもあり、他には人っ子一人いなかったが、天岩戸神社はとてもよいところで気持ちが晴れやかになった。

 

しかし同じ日にとても悲しくなるニュースを聞いた。それは丹生都比売神社のご神木に誰かが穴をあけ除草剤を注入したせいで、その杉のご神木が枯れかけているというニュースである。ちょうど1ヶ月半ほど前に縁があって丹生都比売神社にお参りさせていただいたところだった。そのときには何ともなかったのに。

ニュースでも様々なコメンテーターが「一体誰が、何のために」と言っていた。私も同感ではある。ご神木とはいえ、杉の木を枯らすことで犯人が何か得をするとは思えないし、恐らく直接的に神社に恨みのある人や、ご神木に恨みがある人の犯行でもなかろう。「一体誰が、何のために」などとつぶやいてしまうのは、直接的ではない悪意が起す犯罪が存在する、ということへの戸惑いに他ならないように思う。逆にいえば、「悪意」や「犯罪」は何か明確なものだと思い込んでいるところが私にもある、ということである。

他になんと言い表すべきか分からないので、「悪意」という言葉を私は使ったが、多分、犯人は自分がしたことについて明確な「悪意」は自覚していないのではないかと思う。少なくともその「不明瞭な悪意」は具体的対象に対するものではないのではないだろうか。

この「的もなく、直接的でもなく、明瞭でもない悪意」によって行われる犯罪というものが最近多いような気がして、私は心底怖いのである。直接的に恨まれて襲われるのだって十分怖いが、故のあることであれば端たいてい「襲う」などというアナーキーな行為に行く前に話し合ったりするチャンスがある。私の知る限り、まっとうに的を得た「恨みごと」ならば、話し合ってお互いの思いを公開すれば解決できるように思う。そういう「恨み」って、たいてい情報不足がもたらすものだからだ。しかし本人にも「どうしてこんなことをするのか分からない」というようなことは、怖い。だって、防ぎ方や解決の仕方も極めて難しいからだからだ。何せ、当事者にも「わからない」と言わしめるものが原因だからである。

しかし考えて見れば、この事件ほど不可解ではなくても、世の中の心痛む事件というのは、どこか「なぜそんなことをするのかわからない」行為の目的の不明瞭さを含んでいるような気がする。純粋に直接的で目的が明瞭な犯行、というものが果たして本当にこの世に存在するのかわからないが。例えば、今回杉を枯らした人間は、多分「杉を枯らしたかった」のではなく、「別のもの」を破壊したかったのではないかと思う。同時に、周囲や社会というものから大事にされていない自分に対して、「大事にされているもの」が妬ましく、それ「大事にされているもの」が自分のほかに在るがゆえに自分が不幸であるような、「大事にされているもの(ご神木?)」が自分の「敵」のように思えてしまい、それを攻撃することが本当に自分が向かい合うべきものへの代替行為のように思えてしまうのかもしれない。

でも、それって恐ろしく時間の無駄というか、どう考えても解決から遠いことだと思うのだ。「別のもの」に目的があるのに、「別のもの、じゃないもの」をターゲットにして、かりそめに自分の不幸を中和しようとするなどという小手先の工作に溺れられる脆弱な精神を保有することが、私は怖い。それはきっとたいした気晴らしにすらならず、勿論解決からは遠く、その人はただもっと不幸になるだけだもの。自分がやっていることが「おかしい」と気がつかなければ、出口はない。

 

少し前のことになるが、ある町の高校生が同じ町に住む一人暮らしの写真館のお爺さんを殺害した、という事件があった。高校生はその日先生から素行について注意を受けて「むしゃくしゃしていた」というが、そのことにお爺さんは何の関係もなく、また計画的に「お爺さんを」殺そうとも思っていなかった証拠に、高校生は押し入ったお爺さんの家にあった物でお爺さんをめちゃめちゃに殴り、殺していた。

たまたまなのだが、この写真館のお爺さんに私はお会いしたことがあった。たいした話をしたわけではなかったが、二言三言交わした用事の会話の中にも、とても温厚で穏やかな感じを感じた人であった。

ニュースでこの殺人事件が報道されたときにも、私の脳裏に浮かんできたのは、穏やかな彼の口調であった。私が現実にそのお爺さんについて知っていることはあまりにも少ないが、しかし彼が殺されなくてはならない理由も、死の気配も、私には思い当たるものがなく、それゆえにニュースを聞いたときはショックで心臓が急速冷凍されるような痛みを覚えた。こんなこと、あってはならないと思う。でもそう思うことが起こりうる、少なくとも、起こってしまった世界に自分は生きている。そんな現実の中に自分も生きているということがたまらなく痛い。自分の力で世の中が変えられるなんて思ってはいないけれども、変えられないことが、無力と思える以上に痛い。

後日、その町を訪れたときに写真館の前で手を合わせた。事件からは少し時間がたっていたのだが、玄関にはたくさんの花が手向けられていた。

 

 

覚鑁上人(1095−1144)という密教の高僧が書かれた文章にこういうのがある。

 

密厳院発露懺悔文(みつごんいんほつろさんげのもん)

我等懺悔(われらさんげ)す、無始(むし)より(この)かた妄想(もうぞう)(まと)はれて衆罪(しゅざい)(つく)る。身口意業(しんくいごう)(つね)顛倒(てんどう)して、(あやま)って無量不善(むりょうふぜん)(ごう)(ぼん)す。珍財(ちんざい)慳悋(けんりん)して()(ぎょう)ぜず。(こころ)(まか)せて放逸(ほういつ)にして(かい)()せず。屡々(しばしば)忿恚(ふんね)(おこ)して忍辱(にんにく)ならず。(おお)懈怠(けだい)(しょう)じて精進(しょうじん)ならず。心意散乱(しんにさんらん)して坐禅(ざぜん)せず。実相(じっそう)違背(いはい)して()(しゅ)せず。(つね)(かく)(ごと)くの六度(ろくど)(ぎょう)退(たい)して、(かえ)って流転三途(るてんさんず)(ごう)(つく)る。()比丘(びく)()って伽藍(がらん)(けが)し (かたち)沙門(しゃもん)()して信施(しんせ)()く。()くる(ところ)戒品(かいぼん)(わす)れて()せず。(がく)すべき律儀(りちぎ)(はい)して(この)事無(ことな)し。諸佛(しょぶつ)厭悪(えんの)(たま)(ところ)()ぢず。菩薩(ぼさつ)苦悩(くのう)する(ところ)(おそ)れず。遊戯(ゆげ)笑語(しょうご)して(いたず)らに(とし)(おく)り 諂誑(てんのう)詐儀(そぎ)して(むな)しく()()ぐ。善友(ぜんにゅう)(したが)はずして痴人(ちにん)(した)しみ 善根(ぜんこん)(つと)めずして悪行(あくぎょう)(いとな)む。利養(りよう)()んと(ほっ)して自徳(じとく)(さん)じ 勝徳(しょうどく)(もの)()ては嫉妬(しっと)(いだ)き 卑賤(ひせん)(にん)()ては驕慢(きょうまん)(しょう)じ 富饒(ぶにょう)(ところ)()いては希望(けもう)()こす。貧乏(ひんぼく)(たぐい)()いては(つね)厭離(おんり)す。(ことさ)らに(ころ)(あやま)って(ころ)有情(うじょう)(みょう) (あら)はに()(ひそ)かに()他人(たにん)(ざい) ()れても()れずとも非梵(ひぼん)(ぎょう)(ぼん)ず。口四意三(くしいさん)(たが)いに相続(そうぞく)し (ほとけ)観念(かんねん)する(とき)んば攀縁(へんねん)(おこ)し (きょう)読誦(どくじゅ)する(とき)んば文句(もんく)(あや)まる。()善根(ぜんこん)()せば有相(うそう)(じゅう)し (かえ)って輪廻生死(りんねしょうじ)(いん)()る。

行住坐臥(ぎょうじゅうざが)()ると()らざると (ぼん)(ところ)(かく)(ごと)くの無量(むりょう)(つみ) (いま)三宝(さんぼう)(たい)して(みな)発露(ほつろ)(たてま)つる。慈悲(じひ)哀愍(あいみん)して消除(しょうじょ)せしめ(たま)え。(みな)(ことごと)発露(ほつろ)(ことごと)懺悔(さんげ)(たてま)つる。乃至(ないし)法界(ほうかい)(もろもろ)衆生(しゅじょう) 三業(さんごう)所作(そさ)(かく)(ごと)くの(つみ) 我皆(われみな)(あい)()わって(ことごと)懺悔(さんげ)(たてま)つる。(さら)(また)()(むく)いを()けしめざれ。

覚鑁上人御作

 

 

ぞっとするほどの名文である。私はたまたまぱっと開いた密教関係の書物でこの文を発見して、なんてすごい文章、なんてすごいことを書く人なのかと思ってしまった。

私が「すごい」と思ってしまったのは、まず、この文章に込められた「覚悟」の強さに対してである。「かくご」なんていうと、例えば殴られる前に痛さや衝撃を「かくご」してぎゅっと目を閉じるようなことを思い浮かべてしまうかもしれないが、私が感じたのはそういう「あきらめ」や「のがれられない不幸への予想」としての「かくご」ではなく、今起こっていること、これから起こるだろうことに対して目をそむけずに当事者として対処しようという「自覚」のようなものである。思えば呼んで字の如しなのかもしれないが、「覚悟」とは「おぼえる・さとる」という、現実への認識なのである。

この文章の中にある「(ことさ)らに(ころ)(あやま)って(ころ)有情(うじょう)(みょう) (あら)はに()(ひそ)かに()他人(たにん)(ざい) ()れても()れずとも非梵(ひぼん)(ぎょう)(ぼん)ず」という態度、つまり「そのつもりがあってすることと、そんなつもりはなくてやってしまったこと」の両方を「自分のこと」として受け止める覚悟は、物事を改善に向かわせるときに不可欠なものである。自分の仕事に寄った観点でいうならば、ここにある「誤って殺す」「密かに取る」「触れずとも犯す」といった行為を「自身の行為」として受け止められるか否かは「無意識のからだのくせ」を改善する際の最大のポイントとも言えることなのである。私のところにやってくる多くの人は「そんなことやっているつもりはない」が実際には「やっている」恒常的な力みや動かし方の誤りが原因で自らの身体を痛めている。しかしあくまでも本人にとっては「やっているつもりのないこと」なので、その行為は認識せず、結果的に生じた歪みや痛みや動きにくさのみを認識していて、まるで「被害者」のような気持ちでいることも少なくない。その「被害者」が実は「加害者」であったことに気がついたときの衝撃は、小さくないことが多い。勿論、全ての人にとってそれは悲しい衝撃に感じられるものではなく、気がつかずに結構ひどいことをしていたことへの反省や悔恨はあるものの、それよりも「もうこれ以上こんなことを続けなくてもよいのだ。他にやり方があったのだ」という開放感というか、「これから」のことに目を向けてくださる方も少なくない。気がつくことは時に痛いけれども、しかしその気付きがあるからこそ、もう二度と同じ間違いのループはまることはないし、仮にはまりそうになっても自力で脱出できる力を得ることができる。

しかし中には反省も覚悟もなく、ただ嘆いたり、気がつくことの痛みから逃れんがために「そんなことをしたつもりはない(ゆえにそんな事実はない)」と言い続けるひともいる。あるいは「それはからだの問題ではない」という言い方で逃げようとしたり、「私はこんな痛い状態になっているのに、その上努力しろだなんてひどい」という人もいる。苦労しないとよきものが手に入らないというわけではないが、やるべきことをやらないとおこるべきことがおこらないのは道理。その過程において、「状況や物事が良くなること」イコール「無痛」というわけではないこともあるが、これとてその人のものの考え方や状況によって異なるものだから、絶対にそうなるというものではない。感覚や思考が保守的な人や良くも悪くも思い込みが強い絶対主義者(根拠は定かでない場合もあるが、「こうあるべき」「こうなるはず」という主義や理念が、実際に起こっていることよりも優先される考え方の持ち主)ほど、全ての変化が自身の予想や理念を裏切る苦痛と思えることは少なくないので、たとえそれが「良い方向に向かっている」過程であっても「(これまでと違うがゆえに、それが不安で)苦しい、痛い」という感覚になることがある(このあたりのことは、拙著に詳しくあるので、よかったら読んでみて欲しいが)。

当然ながらそう言う方のレッスンは進歩に乏しいので、こちらからお断りしなくても辞めてくださる方が多い。力になれないのは残念だが、本人に「そのつもり」がないことを無理に変えるわけにもいかない。相手の了承がないのにこちらが仕事上の技術を行使することは「改善」という名の「暴力」になりかねないからである。しかしながら、お断りしてこちらの気持ちがせいせいと晴れるわけでもない。仕事上、受け入れざるを得ない一線であると分かってはいるが、その人が私の目の前にこなくなることはすなわちその人の中で何かが解決されることではないことに、やはり気持ちが痛くなる。

たまーにそれよりさらにややこしいケースに出くわすこともある。自分では自覚する勇気も覚悟もないのに、他者には「プロなら私をよくしろ」「金を払っているのだから私の気分をやわらげろ」と要求だけはしてくるのである。どうやらこういう人たちの自己意識はあくまで「被害者」であり、自分を助ける他者であるはずの「プロ」への認識は「金さえ払えば何でも捨てていいゴミ箱」のような意味合いらしい。そういう人たちこそプライドは高く、他人を信用したことはなく、用心深く批判的である。自身が何がしかの仕事で「プロたらん」とする努力をしていないわけではないのだが、残念ながら努力の仕方が間違っていることも少なくなく、ただの「印籠」としてその「プロ」という称号にしがみついているだけであまり中身がない方も居るし、「要求されたことが何でもできることがプロ(あるいは、人によく思われたり、役立ったりすること)」であるかのように勘違いして溜め込んだストレスをこちらに向けているに過ぎないこともある。

「やつあたりは、たいした気晴らしにもならず、まして解決策にはならない」というごくシンプルなことが理解できない人たちもいるのだ。その「理解の出来なさ」は人格によるものではなく、状況によるものだと思いたい。でも、どうなんだろう、とも思う。一時的な状況で、こんなこと続かないだろうと思っていたことでも、続いてしまえば変えがたいと思えるほど手強いものになり得る。それは仕事上、よく知っている。

幸い、私の十数年の仕事の中ではそういう人たちに稀にまみえる程度で済んでいるが、何度あっても慣れるどころか、結構悩んでしまう。何を悩むかというと、「どうしてこの人はこのように考えてしまうのか」が私には主体的には理解できないこと、「どうしてこんな苦しい繰り返しを本人が(助けて、といいつつ)止める気にならないのか」ということ、「これらの状況の中で、本当に私は相手を遠ざける以外にて助けが出来ないのか」についてである。

 

木村敏氏の名著『異常の構造』のあとがきはこんな言葉で締めくくられている。

 

私は本書を、私が精神科医となって以来の十七余年の間に私と親しくつくあってくれた多数の分裂病患者たちへの、私の友情のしるしとして書いた。そこには、私がしょせん「正常人」でしかありえなかったことに対する罪ほろぼしの意味も含まれている。

(『異常の構造』 木村敏・著 講談社現代新書 1973年初版)

 

この言葉がいつになく重く感じられる今日この頃なのである。

(「謝罪」ではなく「罪滅ぼし」というところが大きいんだけれどね)

 

 

2006年6月14日

予定外のときに用事が入ったりして観たい舞台も観にいけない、という事態はたまに起こるものだが、そういうことはなるべく起こって欲しくない(起したくない)と思いつつ、起きてしまう。先日もチケットを予約していた舞台を観損ねて、大変ブルーになった。不義理をしてしまったなぁという思いもあるし、何より楽しみにしていたというのに。うぅぅ。

 

そういう事態の直後だったゆえに何事も予定外のことは起こってくれるなと警戒心を持ちつつ迎えた本日、坂東玉三郎さんと「鼓童」の舞台『アマテラス』を観にいった。私は坂東玉三郎さんのファンなので歌舞伎や舞踊公演、バレエなどの舞台はたくさん拝見しているし、あと、シャンソンのCDなども所持しているが、鼓童さんの生の舞台を拝見するのははじめて。このコラボレーションがどんな世界を生み出すのか、想像もつかないまま観にいった。

以前この「えこひいき日記」にも書いたことがあるが、私はサッカーの動きが「音楽」に見えてしまうことがある。ただ、常時そう見えるわけではない。むしろ、ノーマルな視力の問題として動きは見えるものの、その動きの意図や流れがなんらそれ以上のものには見えないことの方が多い。でも、本の稀に訪れるその瞬間はやはり楽しく・・・楽しいという以上に幸福で、何か人間にとって本質的に幸福と感じられるものがたまたま通常「サッカー」や「音楽」という形式で表現されているだけで、人にとって幸福だと感じられる何かの元は一つなのではないかと思えるほど、「サッカー」が「音楽」に見えても違和感がない。(今、ワールドカップやってるけど、ロナウジーニョさんの動きなんて「ダンス」だと思う方が分かりやすいもんね。あるパスワークとか、バレエのテクニックにそっくりだし。彼は「踊れている」ときほどやっぱりすごいプレーをする)

同様のことは他の場面でも起こることがある。例えば(これはかなり意図的に実験していることだが)テレビでオーケストラの演奏を音声を消して見ていても「音楽」が聞こえるときはやはり素晴らしい演奏だったりするし、音声を消してダンスを見ていても「音楽」が聞こえるようなダンス公演もまた、ダンサーのからだそのものが奏でている「音楽」を別の人間がそのからだと楽器を通して「音」にしたり、別の人間が「衣装」や「背景セット」にしていて、通常はそれを「音楽」だなどと感じていないだけで、本当は壮大なオーケストラ演奏の曲のようなものなのだな、と普通に納得したりできることがある。稀だけれども。

私が何を「音楽」と感じているのかは自分でも上手くいえないが、それはいわゆる楽譜に書かれ、通常CDで売られている「あれ」のことを指しているわけではなく、言葉とはまた違う意思の流れのようなもの、のような気がしている。

前置きが長くなったが、『アマテラス』での鼓童の太鼓の音は明確な「セリフ」に聞こえた。弦楽器のように広範囲の音域を持たない打楽器たちがあれほどはっきり「意思の流れ」を示唆するのを初めて感じたような気がする。かと思えば、小さな「セリフ」のやり取りがやがて「何を伝えているか」ではなく「そのやり取りを続けることの喜び」に変わり、よりフィジカルなうねりへと変化していったりする。耳にコンスタントに聞こえているのは「音」に他ならない。しかしそれが「何に聞こえるか」は実に多様なのだと、改めて感じて面白かった。

さらに個人的に面白かったのは、インターミッションでの客席のざわめきに感じたことだった。この「ざわめき」はもともとは個人個人が発した意味のある言語である。しかしそれが同時多発的に発せられることで、発音された音は言語には聞こえず「ざわめき」というものに聞こえる。言語として発せられたわけではない太鼓の音が「言語」に聞こえ、言語として発せられた言葉たちが「音」とも認識されきれない不定形の音に帰することに、紙に書かれた漢字をじーっと眺めているうちに「この画像が意味するものがわかっていたはずなのにわからなくなってくる」というゲシュタルト崩壊に似た感覚を感じ、こういうことも、天岩戸に隠れてまた出てくるアマテラスの物語にふさわしい現象だろうか、などと思ったりして、一人面白がっていたのであった。

 

 

2006年6月6日

気がつけばもはや六月。今日は六歳の子が何かお稽古事を始めるのによい(そうするとそのお稽古事は身につくとか)、とされる日でもあり、ダミアン君の誕生日とされる日でもある。

 

日々色々なことがあるのだが、前回日記を書いたときから今日まで色々なことがあって、疲れてしまっていた。最近、あんまり「疲れた」とは思わなかったのだが(普通に一日の疲れというものは感じるが、そういう意味ではなくて)、ほんとに、久々に真剣に仕事やめることなども考えた。ただ、それは私にとって解決方法とはなりえないし、例えば人間関係において真剣に嫌だな、そうしてこんなことをするのかと思う人間がいる一方で、やはり素晴らしいと思う人たちもいるわけで、そのおかげで私は、瞬間的に注意力を拿捕してしまいやすい「いやなもの」にこだわりそれを避けることにエネルギーを傾けるよりも、もっとどうできるかをたくさん目に考えたほうが良い、と思うに至った。そういうわけで、ようやく少し立ち上がれる気持ちになったんだけどね。

 

世の中でもいろんな事件があった。最近、ニュースを見ていてもショックを受けることが多くて、そのことにショックを受ける。

少し前のニュースになるが、「TYイン」というチェーン展開しているビジネスホテルの社長が営業認可後に障害者用の設備などを勝手に撤廃したことを「自分としては制限速度がある場所をちょっと10キロオーバーくらいで走った感じ。悪いといえば悪いけれど、そんなに悪いとは思わない」という発言をしていたことがあったのだが、ご記憶の方はおられるだろうか。このセリフを、先日インサイダー取引疑惑で逮捕されてしまった村上氏の弁明をテレビでみていて、急に思い出したのだった。

私はこのホテルチェーン社長の発言を聞いて、本当に驚いた。驚いたのは2つの意味においてである。一つはこの発言の内容にであった。「ちょっととかいう問題じゃねーだろ」とテレビの前で突っ込んでしまったことを覚えている。もう一つの驚きは、この社長が自分の発言に大変自信を持っていることに対してであった。テレビカメラの前の社長の表情は「ね、あなたもそう思うでしょ。こんなことでお咎め喰うなんて、私もついてないですよね」といわんばかりで、自分で自分の発言を心底から肯定していた。私はそのことに驚いてしまった。すっごい間違った事言っているのに、悪気はないんだよね。その「悪気のない態度」だけをみてその印象を汲めば、本当にこの人(ないしこの人の発言)は「間違っていない」ように見えもするから面白いものである。

村上氏も逮捕前の会見で「金を儲けて何が悪いんですか」と発言していた。「金を儲けること」がいいことなのか、悪いことなのかは私にはわからない。なぜなら、それが肯定されたり否定されたりするのはその意味によると思っているからだ。「金儲け」自体の是非ではなく彼にとって「金儲けとは何か」という哲学が問題である気がするのだ。でも、彼にとっては「金儲け」自体がゴールであり、命題だったのかしら、とも思えてしまった。彼にもあの社長と同様、「自分を疑う」姿勢が微塵もなかったように感じられたからである。

「自分を疑う」というと、否定的に聞こえるかもしれない。しかし私はそのことを勧めたいと思っている。私の著書を読んでくださっている方にはもうお分かりいただけているかと思うのだが、私が「自分を疑え」といっている「自分」とは、認識、「自分にとってのあたりまえ」のことであって、人格や存在という意味ではない。著作の中でも「「あたりまえ」をあたたかく疑え」という小見出しを設けたが、自分の中で常識化、常態化したことを洗い出すことは結局自分を肯定することだと私は思っているし、自分を知るということでもあると思う。そうした作業を経て自分のとるべき行動、行くべき道が見えてくるように思えるのだ。身体的にも、思考的にも。

しかし「あたりまえ」はあたりまえすぎて、その存在を認識することは怠られがちになる。そうしているうちに自分にとって「常態(ふつう)」という意味での「あたりまえ」は守られるが、「そのようにすることが道理に叶う」という意味での「あたりまえ」ができなくなっていることに気がつかなくなってしまうように思う。

私はそのことを恐ろしいと感じる。それは「こころ」とか「じぶん」というものを失う、ということではないのかなあ、などと思ったりもする。「こころ」なんてものがなくても生存も発展も出来るし、なんかいっぱしのことに励んでいるようにもみせられるけれども、私はつまらない。いわゆる道徳的な意味でいっているんじゃないよ。自分がしたいこと(意思や希望)が自分がしていること(行動やパターン)に支配されていることにも気がつかないなんて、つまらないと思うのだ。でも気がつけば、変える選択肢も手に入れられる。でもそういう変革すら、自分のためにではなく、「他の人がいいって言うから」「いいことをするのは、いいことにきまっている」みたいなノリでしか理解しない人もいるから、そういうのだと絶望的ではある。それって「金儲けはいいことか悪いことか」という論議と同じである。「薬を飲むのは身体によいのかわるいのか」とか「スポーツはからだにいいのかわるいのか」という質問(?)と同じである。くだらない。きちんと「疑う(自分にとって何かということを考える)」ことを怠ると、その意味ではなくそれ自体に責任を押し付けようとしちゃうんだもん。大変保守的で、お馬鹿だと思う。

 

私、一応商売人の家に生まれ育ったから、お金でする苦労も、お金でもたらされる喜びや恍惚も、少しは理解しているつもりである。それでもやっぱり「儲けることがいいのかわるいのか(そのココロは「悪いはずないよね。私はよいことをしたのだ」「私に批判的な人間は儲けようと思っても儲けられなかった負け犬なのだ。わかっていないのは彼らである」)」などという言葉を言う気がしない。より自分に身近なことに置き換えて「仕事をすることはよいことか悪いことか」と自分に問うても、それは「仕事」の問題ではなく「仕事の仕方」の問題であるように思えてならない。