2006年2月の「えこひいき日記」

 

2006年2月24日

トリノ・オリンピックを見るともなく見てきたが、フィギュアスケートの荒川静香ちゃんが優勝(金メダルね。考えてみれば、オリンピックだけ「一位」のことを「優勝」とは言わないのね)したのには思わず喜び、涙が出た。メダル、メダルと騒ぐのも品がないと思っていたが、事前の下馬評ではなく、事後の祝福の騒ぎはやはり華やかでよいものだ。

個人的に彼女のようなクール・ビューティーは好みなので(容姿や冷静そうに見えるところも好きだが、でも中身は情熱的で、集中力があって、意思が強く、分析力がある)、彼女の演技が高い評価を得るのはやはり嬉しい。

 

でもやっぱりスポーツって過酷。誰かに比べて誰かの努力が劣っていたとは思えないのに、優劣をつける。そしてオリンピックのような場においては周囲が認識する「優」と「劣」の差はとても大きい。

こんなことを言うのはなんだけれども、こんなものに人生の全てをかけるのはやっぱりおかしいと思う。ものすごく努力して、ものすごく集中するけれど、こんなの自分の人生のほんの一部、ほんのワンシーズンなんだ、と思って集中しないと、当事者はやっている意味がわかんなくなるのではないかと思う。自分を見失いそうになるのではないかと思う。自分を見失ってしまうとゲームには勝てない(この場合の「勝ち」は他の選手とのレースに、という意味も在るけれど、それよりも、それをすること、したことに対して自分が納得できるかという「納得感」という意味である)。ゲームに勝つことが人生に勝つことではないのだけれども、ゲームでの「勝ち」は多分自分の人生を励ましてくれると思う。

むつかしいね。

 

2006年2月21日

私のところに通ってくださる最年長のクライアントさんの一人は和歌山からお出でになる女性である。うんと年上の方(80代後半)にこんなことを言うのは礼を失するところがあるかもしれないが、実にかわいらしい方でなのである。どこか快活な少女のような雰囲気のある方なのである。

私のところにお出でになるようになって3年弱になるが、最初にお会いしたときには後姿だと「首がない」ように見えるくらい、がっくりと首が前方(下方)に曲がり、本人も「首が取れそうなくらい痛い」と訴えておられた。これは長年にわたる首の使われ方による変形なので、今なお首の形状はすっかりまっすぐになったとはいえないものの、機能面での回復は上々で、首の痛みはかなりおさまり、趣味(というよりライフワーク)である手芸に費やす時間も結局減らさないで改善をみることができている。昨年はブラジルにも渡航されたし、とにかくアクティブなのである。

 

とはいえ、レッスンで得ていただくことによって何もかも無条件に良くなるわけではない。世間的に言われるところの「年相応の」危険は彼女にも訪れる。例えば駅の階段から足を滑らせて転倒し(階段の下まで転げ落ちてしまったのだという)「レッスンにうかがえません」と連絡が来たこともあった。先日もちょっと重いものを無理して支えたら腰に痛みを感じ、外科に行ったら「少し骨がずれていますね」と言われたそうだ。

階段から転倒することや重いものを持って負ってしまう損傷は必ずしも年齢だけに由来するリスクではないが、年齢に伴って高まるリスクであることも否めない。ただ、転倒や損傷の確率をゼロには出来なくても、そこからの回復やこけ方に関することには貢献できることもある。彼女の場合、階段の上のほうから転げ落ちたにもかかわらず、骨折はなかった。打ち身はあったもののあとは表面の擦り傷くらいで、周囲が最も心配した骨格への損傷がなかったことには驚かれたそうだ。先日の腰痛も結局3日ほどで大きな痛みは引いた。異例の回復の早さだと周囲にも言われたという。

 

先日の腰痛の時のことである。初診の検査のときは慌しい診療で「どういう状況か」は医師から聴けたものの「回復のためにどのような注意をすべきか」については十分話を聞く時間が持てなかったことに少し不安を感じたこともあって、次の診療のときに彼女は「秘密兵器」を診療室に持ち込んだのであった。彼女の「秘密兵器」とはスケルトンモデルである。うちから購入していかれた1体だ。いそいそと毛布に包んだスケルトンを抱きかかえて持っていったらしいのだが、小柄な彼女が毛布に包んだスケルトンを抱えている姿を想像するだにかわいらしい(多少シュールともいえるかもしれないが)

医師は大変驚き「どうしてそのようなものを持っておられるのですか?」と質問してきたという。自らスケルトンモデルを持ち込んだ患者というのは彼女が最初らしい。今後もこの記録が破られる気がしないが。「からだのお勉強をしに、京都まで通っておりますので」としばし説明すると「それはすごい」と感心されたそうだ。持参のスケルトンのおかげで、彼女は的確に損傷箇所を把握し、注意事項を聞くことが出来たという。

 

「このお人形(スケルトンモデル)を見ていると大変勉強になります」と日頃から彼女はおっしゃっているのだが、ここのレッスンのことも彼女は「お勉強」と呼ぶ。ここでのレッスンは「秘密のお勉強」らしい。

先日も、同窓会の席で彼女がいったい何を習っているのかが話題になったのだそうだ。というのも、同窓会で顔を合わせるメンバーの中では昨年までは自分で歩いていらしたのに今年は車椅子での参加、車椅子で出席していた人が今年は起き上がれないということで欠席、などということも珍しくない。そんな中で彼女一人が曲がっていた首が伸び始め、ますます元気なので「どうしたの?何かなさっているの?」と度々聞かれるのだそうだ。彼女は「ふふふ。秘密のお稽古をしているのよ」と答えているらしい。「秘密のお稽古」とはぐらかすような返事をするのは「本当に興味がおありなら、また聞いてくるでしょうし、自分でもお調べになるかもしれないから、そうしたらこちらのことを教えて差し上げようと思うのです」という彼女なりの段階的配慮である。また、このレッスンの内容が極めて個人のニーズや個性に即した進め方をするものなので、画一的に説明してしまうことの危険性(本質的な説明から遠のいてしまう)ことをよくお分かりだからでもある。

 

「なかなかおっしゃることが身につかず、申し訳ありません」「もっと早くこう言う勉強を始めればよかったわ」とことあるごとにおっしゃる彼女だが、彼女を見ていると本当に「始めるのに遅い時機などない」のだということがよくわかる。私こそ勇気をもらうひと時なのである。

 

2006年2月17日

2月も後半であります。

1月からここ最近まで実に色々なことがあり、多忙を極めた。おかげで今年の「世界チョコ祭り」(俗に言うバレンタイン・デー)はゆっくり吟味も出来ずにおろそかにしてしまった。

 

「世界チョコ祭り」の当日、私は引越しをしていたのでした。これまで事務所と同じビル内に私室を構えていたのだが、その私室を引越ししたのである。引越しといっても遠くではなく、徒歩通勤圏内なのですが。

引越しを決行した理由は、幾つかある。すこし手狭になったのと、通勤至便ではあるものの日当たりが悪く景色も良くないので、気分転換がしにくいというのが主なところか。もともと仕事の都合を最優先に借りていた部屋だったので、それ以外の条件を重要視していなかったのだから「それ以外」の条件が満たされていないのは当然とも言えるのだが、何年か住んでいるとやはり「それ以外」の条件のことも気になってくる。相変わらず「交通至便」であることも外せない条件なのだが、「それ以外」の条件も満たすべく物件を探し、引越しとなったわけである。

仕事をしながらの引越し荷造りってなかなか過酷。もともと皮膚が薄くて弱く、指紋もほとんどないくらいの手が、ダンボールを触ったり部屋の隅に溜まった埃を掃除したりしているうちにすっかり荒れてしまったので、ハンドクリーム代わりにグレープシードオイルを塗り(このオイルはべたつかず吸収がよいので重宝する)軍手を着用して作業に当たった。

「交通至便」以外の条件を無視して住んでいた狭い部屋なのに、いつの間にか増えた書類やら本棚やらキッチン用品の移動に用意された引越しトラックは3トントラック。作業にあたってくださる引越し屋さんは3名。一人暮らしにしては少し大きめの引越しといえるかもしれない。引越し当日の部屋の有様ときたら「ダンボールの断崖絶壁」によって部屋は狭い迷路と化し、もはやカニ歩きをするのが精一杯。「なんじゃこりゃ」という感じであった。自分の荷物ながら、荷物ってこんなにあったのか、これをまた引越し先で荷ほどきするのよね、とやや絶望的な気分になったが、手際のよい引越し屋さんの手によって断崖はどんどん解体され、車では5分とかからない引越し先にどんどんと再構築されていったのであった。

引越しから3日を経過した現在では絶望的な絶壁の姿はもはやなく、なんとか人の住める部屋になってきた。あたりまえのことかもしれないが、内容物の増減や入れ替えではなく、配置や組み合わせによって、「絶望的なダンボール箱の断崖」が「部屋」に変容したり、「部屋」が「ダンボール絶壁」と化したりするのはなんだか不思議だ。狭くて暗かったとはいえ、つい数日まで普通に住んでいた場所、使っていたものが、箱詰され、積み上げられるだけで自分にとっての意味というか、物体の存在意義というか、関係性、活気で切る機能性が変わってくる。そしてまた、箱の中身はもとの部屋のものとなんら変わりはないのだが、箱から出されて新しい場所で新しい配置を与えられるだけで「違う部屋」になるのはなんだか面白いものである。

 

というわけで、通勤生活を新鮮に楽しんでいるここ数日なのである。