2005年8月の「えこひいき日記」

 

2005年8月31日

8月もラストの日となりました。暑い暑いといっておりましたが(今の多少言っているけど)、日が暮れるのが遅くなり、吹く風の感じが変わり、季節は秋に向かっております。

それにしても、着物の本を読んでいると、いわゆる夏物の絽(ろ)とか紗(しゃ)を着ることができるのは本日限り。9月からは単(ひとえ)という裏地のついていない着物を着ることになっているのだが、9月になりたての日の着物選びは悩ましい。もしも暑かったら、小物だけ秋っぽい色にして、着物は夏物で許してもらえないだろうか・・・・などと、特に明日着物を着る予定がないのだが考えたりする。

 

夕方外に出てみると、飛行機雲が見えた。空が遠くにあった。いつも遠くなってしまってから気がつくのだけれども、いつの間に空は動くのかなあ。どのくらいずつ動くのかなあ。花が開く瞬間とか、芽が伸びていくときなんかもそう思うんだけれども、細やかな変化に気付けることは楽しい。

 

芽といえば、内の事務所のポトスはどんどん成長を続け、事務所のレッスンスペースを一周する日も遠くないかもしれません。ジャングル、ジャングル。

うちの観葉植物はなんか伸びるのが早い気がするなあ。

 

2005年8月30日

朝から食べたものをみんな吐いてしまうという体調で一日が始まってしまった。これには複数理由がある。直接的な原因と考えられるのは、朝からハンバーグとか食べてしまったせいかと思う。この1ヶ月くらい「なんちゃって菜食」に体調がなれていたせいなのか、いきなり挽肉の塊を食べると気持ちが悪くなってしまったのだ。おいしく口に入れたのではあるが。

とはいえ、私は普段から自分のからだになぜか合わないものはすぐ吐いちゃう方だし、吐いたあとはすっきりして回復も早いのだが、本日ややダメージを引きずってしまったのは、前日にあったことも影響していると思う。そのせいであまり眠れなかったのだ。正確に言うと、立っていられなくなって2時間ほど気絶して、その後眠れなくなり、明け方になって数時間眠った、ということなのだが。

前日何をしたかというと、広島の原爆投下の日をテーマにしたドラマを少し観たのである。全編観たわけではない。エンディングを少し見ただけなのである。

 

言語的にきちんと表現するのが難しいのだが、私には時々「自分が入れない場所」というのに遭遇する。小さい頃からそうなのだが、ほんの時たま、自分の意思とはお構いなしにある場所に入ろうとしても全くからだが動かないということがある。そういう場所がやたらあったら私の人生相当不便なのだが、幸いそんなに多くはない。しかし広島の原爆ドームや原爆資料館がなぜか私にとってそういう場所のひとつなのである。

 

広島には中学校の修学旅行で行ったのだが、私は資料館に入ることが出来なかった。クラス全員を乗せたバスが資料館に近づいてくるに連れて私はからだがこわばって石のようになるのを感じ「あ、ここは私は入れないのだな」と感じだ。しかしながら修学旅行は団体行動。自分がバスを降りられない言い訳をどのように言えばいいのだろう・・・とこわばった身体の内側で脳をフル回転させているうちに、バスは停車してしまった。でも私の心配は結果的に杞憂に終わってくれた。不思議なことに、クラスメイトは私に何の言葉も掛けずに次々とバスを降りていったのだ。なぜかは分からない。もしかしたら私の記憶がどこか間違っているのかもしれない。しかし私の記憶によれば、どういうわけだがクラスメイトも教師も何も言わずにバスを降りていき、私は灯りが消されたバスの中でじーっとしていたのである。やがて見学を終えてみんなは戻ってきて、その後は普通に会話をしていたような気がする。なんだかわからないのだが、私は無事に放っておかれたおかげで、変な言い訳をせずにこの局面をクリアすることができた。

 

しつこいようだが、私は感情や意思で特定の場所に行くことを拒んでいるつもりはないのだ。原爆資料館の見学は、けして楽しい内容のものではないが、だから見たくないとか、そういうことではない。太平洋戦争や第二次世界大戦の事に関しては小学校六年生の夏に突然「ある義務感」に駆られて戦場から生き残って帰ってきた人や空襲を生きぬいた人たちの生々しい手記(全6巻)を読んだりもした。その中には広島や長崎の原爆に関する記述もあった。これとて、好みや楽しみという意味で「読みたくて」読んだというわけではないが、しかしこのようにそこで何があったのかを断片とはいえ読んだこともあるわけなので、自分としては好みでそれ(広島の原爆資料館や原爆)を避けているつもりはない。

 

昨日何気なく目にしたのは、ほぼドラマのエンドロールだけであった。本編のドラマが終わり、キャストやスタッフの名前が画面に流れる中で実際の被爆者の写真が映し出されていた。白黒の、被爆者の写真。亡くなっている方の写真もあればひどいやけどを負った姿で映っている人もいる。

あのときに広島や長崎で起こった実際のことに比べれば、エンドロールの時間いっぱいに流されたこの写真とて、ほんの一部にすぎないだろう。でもその写真を見た直後に私はなんともいえない気持ちに襲われていた。どういう言語が適切なのか分からないが、悲しみと怒りと絶望感と虚脱感にまみれた集中した何かが私の内側から皮膚の下すれすれまで一気にいっぱいにしてしまうような感じがした。

そのあと私はものすごく心臓がドキドキしてきて、息が出来なくなって床に横倒しになった。そのあとも意識はあったが猛烈に寒さを感じ、毛布を二枚かぶってじっとしていた。普通に寒かったら「ぶるぶる震える」というような動きもできるのかもしれないが、身体が違う素材でできているかのようにうまく動くことが出来なかった。そうやってじっとしているうちに眠ってしまい、目が覚めたのは2時間くらい経った後だった。そのときにはもう体の自由はきくし、別に気分も悪くなかったが、奇妙に目が覚めてしまい、横たわったままテレビを見ていた。テレビでは、以前放送したらしいドラマを再放送していた。それは20年前に事故死した恋人に再会する男性(しかしその男性は故郷の地で恋人が20年も前に事故死していたことを知らないのである)を主人公としたドラマだった。ドラマの中では、死んだ恋人が男性を死の世界に誘うようなこわーいシーンもあるのだが、生きていることや死んでいく(死んでいる)ことを自分の意思や意識の範疇でとらえられる生者や死者が妙に「しあわせ」に見えてしまったのは、その前に感じたことの影響だろうか。

 

原爆投下は明らかにホロコーストである。原爆投下を「戦争を早く終わらせるための行為だった」などと正当化するのは、勝利国であることを傘に着たただの詭弁であると私は思う。同情するつもりはないが、自らの行為に何か正当性を与えなくては原爆を投下した一兵士も、その部隊のメンバーも、ひいては「アメリカ人」も、生きていけないのだろう。それほどに、こんな意味のない大量虐殺は双方の「人間」を戦後も殺し続ける。

私はいわゆる「戦後の子」なので、実体験としてあの戦争を知らない。でも「だからわからない」というのではないと思っている。それは戦時中の誰かや戦場に行った誰かと同じ理解や感想を持てる、などという意味でいっているのではない。そんなことは無理。でも、60年前の戦争が私にはどうしてもただの過去の出来事や他人事とは思えない。だからどうすればいいのかは、まだ分からないのだけれども。

 

 

2005年8月20日

知り合いの仔猫が突然亡くなった。生後2ヶ月ほどの命だった。

この仔猫は知り合いの着物デザイナーさんが自宅近くで保護(なんでも母親猫が育児放棄をしたそうだ。他の兄弟猫たちは皆死んでしまった)していたのだが、ご自宅には既に大勢の猫たちがいて、この子が家族になると猫家族の数が二桁の大台に乗ってしまうということもあり、里親募集中の猫であった。

私も猫と暮らす身であることから、彼女から声を掛けられた。しかしライフスタイルからしてその子を私は引き取るのは無理。どうなるか、仔猫の行く末・・・と思っていたところ、幸いなことに私の知り合いで猫を引き取ってもよいという方が現れ、顔つなぎをしていよいよお引越しか、という段階まできていたときの、突然の訃報だった。

夜、もらったかまあげをわしわし食べて、普通にしていたのに、明け方突然様子がおかしくなって、夜が明ける頃にはもう死んでいったのだという。

 

猫の死を知らせてきたデザイナーさんのメールには突然のことへの戸惑いと悲しみ、そして「ごめんなさい」「許して」という言葉が並んでいた。「ごめん」の宛て先は、私と、猫を引き取ろうとしていた人へと、そしてその仔猫への。

猫を亡くしたとき(猫に限らないだろうが)、できる限りのことを全部尽くしたとしても、仕方のないことだとどこかで思っていたとしても、まだ何か自分に出来ることはなかったのか、それを怠りはしなかったのかと思ってしまうことがある。彼女の「ごめん」はその気持ちだったと思う。

メールに返事を書いたが、でもなんと書いてよいものかわからないというのが正直な気持ちだった。亡くなった猫さんにと、お花を彼女に送った。できるだけかわいい花を選んでアレンジしてもらった。

 

死ぬ前の日に撮ってもらい、こちらにメールに添付して送られてきた仔猫の写真が遺影となってしまった。猫は屈託のない顔をしてカメラのレンズを見上げている。

短い命だったが、猫は最後まで幸せだったと思う。そう私が思いたいだけだろうか。でもそう思う。

 

私、人間やってますが、どの命にも平等に優しくなどない人間だと思う。例えば日々報道される交通事故のニュースにも「ひえー」とは思うが、この仔猫へほどの悲しみをいちいち傾けるかというと、そうではない。嬉しいとか悲しいとかいう気持ちは対象が自分にとってリアルかどうかで決まる。ただ、自分にとって限られたリアルなものをより深く理解していくことがそれ以外のものへの理解や認知につながることはあると思う。そういう意味で、私は猫を通して世界を観ている。猫の死を通して人間の死を考え、生を考える。自分を考える。

 

自分の猫が死ぬときが来たら、私は多分猫に「ごめん」と思ってしまうと思う。そのときになってみなければわからないが、何か具体的に謝りたいことができているかもしれないし、何もなくてもきっと思ってしまうだろうと思う。私の心はいつもどこかで猫の死を拒絶しているから。拒絶なんて出来るもんじゃないとわかっていてもどこかで「ずっと一緒に生きていこう」と思ってしまっているから。神様や自然の摂理を脅迫するつもりはない。これはただの願い、祈りである。叶えてほしいから祈るのではない。叶わなくても、それが私の気持ちだから、祈る。

では自分が死ぬときに私は誰かに対して「ごめん」「許して」と思うかな。何をごめんと、何を許してと思うかな。わからない。今はまだ。

人生の最後の時に謝ってしまうかもしれないけれど、でもなるべく誠実に生きようと思う。それは少しだけでも私の人生に関わってくれて、でも先に行ってしまったものたちへの礼だとも思ったりする。

 

 

2005年8月17日

今年は阪神大震災から10年の年にあたり、日航機墜落事故から20年目の年であり、終戦から60年目にあたる。特にお盆を挟んで墜落事故と終戦記念日は並ぶかたちになるので、なんとも気持ちは複雑である。テレビでも相次いでその追悼の番組、題材としたドラマなどが放送され、泣きすぎてぐったりしていると猫が寄ってきて、一緒に寝てくれた。(夏場は暑いせいか、寝るときにはあまり寄ってこないのであるが)

 

お盆休み明けの本日から通常業務に復帰であるが、やはり休みを取ると楽である。

 

お盆休み中にある舞台を観にいった。これは京都芸術センターが毎年開催しているセミナーの発表会で、日本舞踊、能、狂言を習ったことのない日本人や外国人が3週間ほどの訓練を受けてその成果を能楽堂で発表する、というものである。発表会では略式ながらちゃんと衣装もつけ、音楽のほとんどはテープであるが、中にはお師匠さんがそばで歌ってくれるものもあり、なかなか見ごたえがある。

今回、私のクライアントさんも何人か参加していた。彼らはいずれもダンス経験者で日本舞踊未経験者なのだが、なかなかどうして決まっていた。未経験者が3週間ばかりの特訓で舞台に立っているのである、この時点で上手い下手を判じるのは早計というものだろう。しかし発表の場である能楽堂には上手い下手とは関係ないよい緊張感が漂っていて、その緊張感が観客の目をひきつけていて、なかなか見ごたえがあった。スタイルを自分の言葉に変えていくまでにはさらなる研鑚が必要だろうが、しかし「スタイル」というものが持つ力を改めて感じた時間であった。型には意味がある。力がある。もちろん踊り手としてはそれを自分のものにしなくては意味が薄くなるのだが、しかし型をなぞってみるのもまた意味がある過程だと思う。

発表会に至るまでには、それぞれのクライアントさんから日本舞踊独特の所作についてレッスンの中で質問を受けたこともあった。私は門前の小僧的にいわゆる伝統芸能を敷居が高いものと思わずに楽しんできたので、西洋の踊りとの違いをあからさまに感じたことがあまりなかったのだが、なるほど考えて見ればいろいろと違いはある。西洋の踊りの法則で日本舞踊を踊ろうと思ってもしんどい(というか、そういう認識で踊っていない)ところは多々ある。そういう違いに触れてまた自分の踊りを考えていくことはとても大事なことだと思う。今後の彼らが楽しみである。

 

ところで、「なんとなく菜食」という食生活は今もって続いている。しかし厳格に菜食を通しているわけではない。休み中は実家での会食などもあったので、お肉もお魚も食べた。しかしそれで以前の食生活に戻るかと言うと、基本的には「なんとなく菜食」のままである。自分ではもっと他愛なく以前の食生活に戻るかも、と思っていたので、意外といえば意外であります。

例えば私は餃子が大変好きで、こどもの頃原因不明の病気で病院に入院していたときにも(めまいがして、立てなくなって、何を食べても吐いてしまうので入院中は点滴で生きていた)「退院したら餃子をいっぱい食べたい」と思っていたくらいで、今もって好きである。お盆休み中に母やいとこたちと「おやつ」にラーメンと餃子を食べた。これが久々に食べたお肉だったかな。大変おいしく頂いた。しかしそれだけといえばそれだけ。特に何か爆発的なリバウンド的リアクションが生まれるものでもなかった。

その後、会食やら外食の際に何度かお肉も食べたし、餃子を食べる機会ももう一度あった。しかしそれはそれでおいしくいただき、だからどーということはないのである。

ふーん、て感じ。でもなんだか楽しい。

 

2005年8月6日

先日、某カード会社のポイントが溜まったので、何をもらおうか考えた挙句「体脂肪計付き体重計」をもらうことにした。これは体重、体脂肪とそのレベル、内臓脂肪とそのレベル、BMI値、基礎代謝量などが測定できるものである。すでに体重と体脂肪が測定できる機器はもっていたのだが(体脂肪を足から測定するやつね)、より細かく測定できる機器(こいつは体脂肪を足からと腕からとで計る)で計測すると何か意外な結果でも出ないものかと思って、注文してみた。

早速使ってみたが、なんら意外性のある回答は得られなかった。

あくまでも「私の場合は」であるが、足だけから計る機器と今回もらった計測器が示す体脂肪の数値にはたいした差は見出されなかったし、体脂肪も内臓脂肪も少な目か標準くらいで、じつにふつーの結果であった。普段、基本的に好きな時に好きなだけ食べ、時にはたくさん食べる(パスタ300グラムとか、パッタイ(タイ風やきそば)2人前とか、今はしないけどケーキ最高12個とか)上に仕事以外では買い物くらいしかからだを動かさないので、なーんか意外な数値でも出るものではないか、と期待(?)したのだが、実に普通であった。

この体重計は事務所に置いてあって、使ってみたい人には使ってもらっている。身長、年齢、性別をいちいちインプットしてもらう手間はかかるが、何かの目安にしてもらえる情報を得てもらえるなら嬉しい。(先日もあるクライアントさんが使ってみていたのだが、意外性に富んだ結果を出していて、なかなか面白かった。本人にとっても意外だったらしいので知ってもらってよかったことかと思う)

 

ところで私のパートナーはなかなかりっぱな体躯の持ち主なのだが、先日得度し、秋から加行(いわゆるお修行)に入るのを期に「動物性の食物を絶つ」実験を始めた。お寺では無論食事は精進料理になるのだが、その他の場所でも実験的に1年間菜食をしてみよう、と思い立ったようである。そしてときおり例の体脂肪計付き体重計を使ってみて、自らの身体にいかなる変化が起こるのかを測定するつもりのようである。「実験」という、自主的かつフットワークの軽い動機付けであるせいか、すっぱりと突入した菜食は意外にも苦ではないらしい。

体重に関する実験は、かれこれ15年位前に一度やってみたことがある。どこまで太れるものか、実験したのである。私の場合、「普通の精神状態」をキープしたままでは50キロの壁を突破することが出来なかった。同様に「普通の精神状態や生活状況」をキープする範囲内では、38キロ程度にしか減量できないこともやってみてわかった。つまり私が「普通の私」という恒常性をキープできる体重の範囲はこの差10キロの間ということになる。その範囲を超えた体重になろうとすると、何か、本質的に自分の思考とか、行動などを変質させなくてはならなくなる、つまり「狂う」感覚が生じるのだ。だから、一見減量に比べれば楽で、ただひたすら食べ続ければよさそうな増量ですらも「普通の精神状態」ではあるうちには自ずと限界が生じたのだった。

私はあくまで自主的・実験的に(続ける自由も止める選択肢も自分の気軽な意思次第という状態で)この体重操作をやったので気が楽ではあったが、それ以外の条件で体重の増減に悩んでいる場合は「体重(身体)の恒常性と精神の恒常性の関係」は浅くしか認識しないかもしれないと思ったりする。自分の経験の中からいうと、例えば強いてダイエットなどしているときには思うように体重が減らないのに、ダイエットしなくてよいとなるとすっと体重が落ちたことがあった。そのときは「なんでやー」と思ったが、そのときにも薄々は気がついていた。私は「みかけ(他者が自分をそのようにみている・認識していると認識している自己像)」というもののためにダイエットしようとしていただけで、その目標体重はいわばなんら私の「人格」とつながった数値ではないのだと。急激なダイエットをしたことのある人が少なからず経験するリバウンドという現象も、「自分」を形成している生活習慣や思考や嗜好がなんら変わっていないのに、「ひとりだけ」変化してしまった「肉体」という名の人格の一部を奪還しようとしている「自己」の働きの一つなのかもしれない。

本来、こころの問題であれ、精神の問題であれ、肉体の問題であれ、それは問題を見出した領域だけに限定されるものではなく自分自身の様々な部分とリンクしているものである。どの領域に問題を見出したにせよ、人格に深く食い込んだ「それ」を本当の意味で変えたいのならば、「全体」の協力体制が大切である。レッスンでお会いするクライアントさんを見ていても、とても熱心で、「変えたい」と言いながらも、実際のところ思うようには変わらない方がいるが、それは「問題」は見えていても「全体」やそのつながりにリアリティを持てていないからではないか、というケースが少なからずある。

限定され、「問題」への認識と一体化した自己像からいかに自分を解放するか・・・それは時に根気を要するやっかいな仕事である。

しかし同時に、たとえそれがこれまでの生活からしたら大きな変革であっても、それが肉体を含め、自己にとって「必要なこと」という意味で「自然」と感じられたなら驚くほど滑らかに変化することができたりもする。クライアントさんでもそう言うケースはたくさんあるし、今回のパートナーの菜食がそうであるかもしれない。

 

かくいう私も「なんとなく菜食」を続ける結果になっている。強いて続けようとか、パートナーに付き合おうと思ったわけではないのだが、高野山から下山して以来そういう感じになっている。ずーっと以前、減量のために「野菜は食べてよい」みたいな制限食を摂った経験もあるのだが、そのときは辛くて楽しくなかったのだが、今回は何の苦もない。やはり「強いる」つーやつが「苦」の元なんだよな、「野菜」が「苦」なんじゃなくて。

また野菜を主体にした食事を作っていると、調理時間が短くて済むことにも気がついて、家事が楽でよい。料理というのもおこがましいほど簡単なおかずだが、キャベツを茹でるか蒸すかして、胡麻とポン酢をかけたものだけのものでもけっこうおいしくて、食が進んだりする。あと生麩焼いたりね。

さて、そうして菜食をしていると体重は減るのかと申しますと、今のところ減りません。まったくダイエット目的ではないので体重は変化しなくても良いのですが、多分今後何らかの体調的変化は出るかと思うので、経過を見ていきたいと思う。うふふ実験・実験。