2004年9月の「えこひいき日記」

 

2004年9月21日

「類・族そして個」

9月も半ばを過ぎたが、依然として暑い。まだ夏な感じである。先日の連休も気分は「秋」というよりもまだ夏であったが、事務所がある三条通沿いでは「三条あかりけしき」という名の、京都映画祭とも連動したライトアップ&映像の投影イベントもあって、なかなかにぎわっていた。実はこのイベントにはこの事務所もちょっと参加していたのである。向かいのNTTのビルをスクリーンにして映像を投影するプロジェクターの設置場所として事務所をお貸ししたのであった。ここのほかにも民家やお店の一角をお借りして大小のプロジェクターが設置され、イベントに協力している。事務所を貸していると言ってもプロジェクターの番をしなくてもよいので、私も三条通のどこにどんな映像が映されているのか探しながら歩いてみたのだが、なかなか楽しいものであった。結果的に一番大きな映像を映していたのがここのプロジェクターで、ちょっと嬉しい気持ちになった。

 

ところで先日からまるでシケの海の上に居るような感じで過ごしていたが、あることがあって、症状が一気に好転した。今はかなり楽である。さらに回復への方向性を高めようと目論み、実に15年ぶりくらいに指圧と鍼治療を受けてみた。問診があって、短めの施術を受けたのだがスムーズに終了した。そこでは問診を中心に陰陽五行説に基づく体質診断をし、施術の方向性を決めるらしく、いろいろ質問された。それに答えていって「あなたの体質はこれのようですね・・・でもこの部分は違いますが・・・」などと診断された。個人的によくあることなのだが、私はいわゆる「タイプ別診断」みたいなもので分類に困られることが多い。自分でも「ぴったり!」などと思った「分類」に出会ったことはない。しかし診断者もタイプの中にその人間を入れてしまうことが目的でやっているわけではないし、「なるほど」という部分もあったので、とても面白かった。私の体質は、甘いものを食べ過ぎてはならない、とかね。最近やたらと甘いものが欲しくて食べていたのだが、それと体調の因果関係は今後自分なりにみてみようと思う。

まあ、「タイプ別」という考え方が集合体の最大公約数を示すようなやりかたなわけだから、固有性から外れる部分があるのは当然といえば当然である。人によっては「タイプ別」の診断や特長(こうした体質診断もそうだが、例えば「○○座の今日の運勢」みたいなものなど)をすごく気にして、中にはシリアスにその診断に添って自分の行動を合わせてしまう人もいるが、幸か不幸か私はあまり気にしないほうである。朝のテレビで「今日の運勢」などを見てもそれなりに喜んだり嘆いたりはするのだが、10分後には忘れてしまうほうである。

 

自分が「はずれる」タイプであるせいか、「タイプ」で人間を判断しようという考え方がいまいちわからなくなることがある。だが「この人はどういう人か」を自らが見たことの中から認識できる人は少ない。前例的な経験や知識として「こういうタイプがある」という認識があった方がわかりやすい側面はあるし、中にはそこから入らなければその存在が目に入らない人もいる。先日も私が仕事でクライアントを指導するときに「クライアントをタイプに分類して指導しているのか」と言われてやや困った。その人は基本的に「タイプ別」で人を見るらしいので、そうしないということが理解しにくいようなのだ。私は素に人個人の「パターン」は見るが、複数の人を「タイプ」に分類することはしない。「からだの使い方」を指導する場合、最大公約数的なパターン傾向を優先すると、取り落としてしまう情報が多すぎるからだ。

概念とか認識が隔てる人間の距離は仕事上でもプライベートでも考えてしまうことが多いが、隔たりがあってなお共存できることがすごいのかもしれない、などと思う。

 

2004年9月14日

「ストレスというもの」

ここ1週間ばかり船酔いのようなめまいが続いていたのだが、それが良くなるどころかだんだんとハードになってきてとても疲れるので、病院に行くことにした。

このような症状の場合、迷うのは「何科に行くべきか」という点である。「めまい」という症状の多くは耳の機能異常によるところが多いそうなので、耳鼻咽喉科に行くほうが良いのかもしれないが、耳関係の他の症状(耳鳴りとか、難聴とか、痛みとか)はないし、ひょっとしたら脳神経の問題かもしれないので、どちらの科もある病院が望ましいのだが、なかなか手ごろ(?)にないものである。しかし昨日から発熱と身体の痛みも出てきたので、これは内科的な症状かもしれないと思い、とりあえず検査設備のある内科系の総合病院に行ってみた。

私はだいたい3年に一回くらいの割合で過労で病院に行く。たいてい高熱がでて、生理食塩水の点滴を打ってもらい、体調が回復するのだが今回は新手のパターンだ。ゆえに今回の病院での検査内容も初体験のものばかりで、なかなか面白かった。頭部のCTに平衡感覚検査、血管の状態の検査、それと血液中の活性酸素量を調べる検査などである。しんどい状態なのにそれらの検査を「面白がる」というのは奇妙なんだが、自分で知覚できること以外の視点から自分自身のからだのことを知ることや、やってきたことのないことをするというのは、やはり何だか面白いものである。また、検査内容のほかにも院内を行き交う人たちを観ているのも何だか面白かった。考えて見れば総合病院のようなところに行くのはほぼ10年ぶりであったし、単純に珍しかったこともあるのだが、人間の行動はやはり周辺環境にかなり影響されているものだなあ、などと思った。医師や看護士、患者は意図的にその役を演じているわけでもないのだが、しかし「そうとしか思えない(どうみても患者にしか見えない、とか)」行動をとっているのが興味深い。彼らはこの病院を出ればそんな口調でしゃべらないかもしれないし、こんな歩き方でもないのかもしれない・・・などと妄想するとさらに面白い。そしてその日はたまたま大勢「健康診断」のために病院に来ている人たちが居て、いかにも辛そうな病人と、元気いっぱいで仲間同士で大声でしゃべっている健康診断の人との対比も奇妙であった。病人はまあ自主的に病院に来ているわけだし、しんどいから各々静かなのであるが(看護士さんとはやたらしゃべっている人もおられたが)、健康診断の人はここにいることがどうも落ち着かないのか、やたらと大声でしゃべり、へんな冗談を言っていたりする。明るい口調だが緊張しているのがほのかに伝わっていて、面白かったりした。

私の診断は幸いというか、CTで見る限り脳は異常なし、ただしやはり「めまい」は認められ、血液から見ても疲労状態です、との診断が下った。「ストレスの高いお仕事をされていますか」と医師に言われたが、「はい」と答えるしかない。最近、わりとハードなクライアントを抱えていたし、考えてみれば蓄積疲労の兆候は7月くらいからあったのに、仕事にかまけて横目でしか見なかった私が悪いんである。また体重減っちゃったしなー。その日は点滴を打ち、とりあえずめまいを抑える薬を処方された。今のところめまいは続いているが体調は随分楽である。

 

「ストレス」という言葉は便利なものだ。医師に「ストレスが高い」と言われてなんとなく会話は集結してしまうのだが、そのように名付けられたからといって状況が片付けられるものではない。仕事が私にストレスを与えていることは確かである。では仕事をやめればストレスが発生しないかというと、そういうものでもない。今の仕事は苦労も多いが、やりがいもあるというか、仕事を通してでないと見えてこないようなものにまみえる機会も多いので面白いところもある。特にクリエイティブなクライアントさんのレッスンはわくわくする。しかしそれが「ストレス」になりうることも理解しているつもりだ。だからこそ、仕事の仕方は考えないといけないと思う。「仕事を辞める」意味ではなく「休み」は欲しいし。結局その後も普通に仕事をしているのだが、レッスン以外の作業については大幅にセーブしている。後回しに出来ることは出来るだけ後回しにしながらやっている今日この頃である。

 

2004年9月10日

「3年」

この夏は何気なくハードな仕事が続いたので体重は2キロ減少した。最近は体重の回復はあるが、疲労はしている。また普段全く運動をしていないので、筋肉にも衰えはあるように思う。やはり仕事ばかりしていてはいけない。自分のために自分の「からだ」を使う時間を確保しなくてはと思う。

 

明日は9月11日。3年前にアメリカで同時多発テロが起こった日である。幸い私の直接の知人でなくなった方はいなかったのだが、そのまた知人となるとその中には犠牲になった方もいる。崩れていくWTCを呆然と画面の中に見たあの日の記憶は今も鮮明だ。

あの日から3年の間に何が起こったのだろう。戦争がはじまりたくさんの人が亡くなった。「テロ」と呼ばれる行為とそれに対する報復が各地で起きてさらにたくさんの人が死んだ。日本の自衛隊もイラクに派遣された。先日はチェチェンで大勢の子供たちが死んだ。

一方で、「報復」や「テロに屈しない」という名目の元に国家レベルでの殺戮が行われることを止めるべく活動している人もいる。その中にはいわゆる「テロ」の被害者の遺族達もいる。また、WTCのあった場所には今も千体以上あるという個人の特定がされていない遺体(の一部)があるというが、身元の分からぬ犠牲者を家族に返すべく、延々たる努力を続けている人たちもいる。事件から3年経っている。それら遺体の一部は、申し訳ない言い方だが、もはや「物体」としてしか認識できない状態になっているに違いない。しかしその「物体」を「人間」として扱い、年月が経っても家族に返すことが、この辛い出来事を越えてなお生きなくてはならない遺族・・・拡大解釈すれば、あの事件の後生きている私たちは皆「遺族」なのかもしれないが・・・にとっては大切なことことなのだと思う。辛いことではあるが、きちんと死を認めなければ生きていけないような気がするのだ。そうした行為の一方で、「テロリスト」「○○人」という標識の下に、それこそ「物体以下」の認識で他者を殺害することを自分に許せる考えもある。

それが同じ「人間」という生き物の中に存在していることに、なんともいえない気持ちがする。

 

こんなふうに、人が死ぬこと、殺されること、そして生きているということの意味をこんなに「日常的に」考える機会はこれまであまりなかったのではないかな。一般的に。上記の「テロ」以外の事件でも、人が簡単に殺されるニュースに遭遇することが多くなったように思う。その悲惨さに目を奪われ、目をつぶってシャットアウトしてしまいたくなるが、でも一つ改めて思ったことがある。人間はもともと簡単に死んじゃうものなのである。生きていることがあたりまえなのじゃなくて、本当は死にやすいものを一生懸命守って生きているのである。だって、階段から転んでも、ちょっととがったもの(ナイフとか、錐とか)が刺さるだけでも、小さい鉄の玉(銃弾とか)が当たるだけでも、死んでしまえるものなのだ。ストレス状態・・・自分の通常のリアリティからして「受けれられない」「ありえない」と思う状況・・・が発生しただけでも、人は死ぬことが出来るのである。生きているということは、けして自動的な現象ではない。でも生きていることが単に習慣化しちゃうと、それを忘れそうになることがある。守られるシステムがあたりまえすぎて、見えなくなっているような気がする。

「生きている実感がない」という人に出会うことは、仕事上でも少なくない。それって自分を知らない(興味が向いていない?)、ってことなのじゃないかな、と思うことがある。その場その場の対処だけで生きていて、するのに精一杯で、自分が何をしているのかわからないんだな、と思うことがある。しかし「わかる」ことの難しさも私なりに知っている。仕事をしていて、相手が「わかる」ことって、要するに本人がわかりたいことだけなんだな、と思うことは度々ある。こちらの行っていることのリアリティが相手の中になければ、言語は判読されても意味は解読されない(ブッシュだってそうだよねー。彼は本当に「わからない」からわかんないんだよねー)。何十回、何百回言っても、やっても、それが本当に相手に分かるようになるのは、私が言う前にそのことが相手の中に既に「ある」場合だけだよな、と思うことはたくさんある。でも、何百回目かに私が言う前に、相手が既に伝え続けていた「それ」を、かけらでもいいから自分自身で取り出すときが訪れるように・・・と思って、私は伝え続けるんだけれども。多分、養老司氏は『バカの壁』の中でそんなことをおっしゃっているようだが(すみません、私自身は読んでいません。又聞きしたことからの推測で書いています)、私にとってそんな「バカ」は日常だ。リアリティという名の「バカの壁」の厚さに毎度呆然としている。すんごい徒労だ、と思いながらも、諦めるのに足りないのは、ときどき「わかる」ことが訪れてくれるからかもしれない。何千回かの「バカ」よりも一粒ずつの雨粒のように訪れる「わかる」が嬉しいから、私はぎりぎり絶望していないのかもしれない。

 

次の本の中には、割と具体的で物理的な「からだ」とか「からだの使い方」のことを書く予定なのだが、それだけじゃなく、「死」のことも書こうと思う。ネガティヴな意味でではなく、「生」との対義語としてではなく、生きていることの一部として「死」についても扱いたいと思う。生きているうちに体験するさまざまな意味の「死」について書くことが、「からだ」や「生」にリアリティを持ってもらえるのではないかと思っている。

逃げずに生きることが難しいことは私なりに知っているし、自分が生きたいと思っても、不意に中断されることだってありうる。だから「生きない」のではなく、それでも生きてみることを選択したいと思う。

 

2004年9月8日

「へんな出来事」

先日の地震には驚いた。もしもの場合に備えて猫のからだを押さえていたのだが(暴れたりして怪我しないように、またいざ逃げるときには速やかに行動を共にできるように)猫は微妙に「不快」という顔をしていた。揺れを起しているのは私ではないというのは理解してくれているようだが(例えば、猫の爪が私の服に引っかかって取れない状態になったりすると、このこは「私がやっている」と思ってクレームするのだが、地震は理解してくれたようだ)、「なんだよー」という感じではあるらしい。

地震以来、感覚的なレベルで地面が夏場の板チョコのようになっているような感じがするが(余震もあるし)、まあそれはよい。一応平和である。

 

ところで今日はいきなりへんな電話がかかってきた。「○○さん、いますか」といきなりぶっきらぼうに言ってくる男性の声での電話だった。よくわからないのだが、この男性は「○○」という男性を探しているとのことで、しかもその「○○」はここのアレクサンダー教師と名乗ったのだそうだ。どういう用件で「○○」を探しているのかもよく分からないのだが、この男性は名乗りもせずに(番号も非通知でかけてきたし)一方的に「○○はどこにいるのか」とだけ聞いてくるのだ。自分と○○がどんな関係で、どうして探しているのかも話さない。仕方ないので不機嫌に「そんな人はここにはいない」ということを言い続けると、一方的に電話は切れた。気持ちの悪い電話だった。

電話の後、記録を調べてみると「○○」は7年位前に何度かレッスンにやってきたことのある人物だった。まだ以前の事務所のときである。ある資格試験にトライしていたらしいが「座っていられない状況になる」といってレッスンを受けにきた人物だった。かなり極端な人物で、「見る」と聞こえない、とか、「動く」と見えない、とかいうふうに、過剰な集中によってかえって能力を発揮できず、なおかつ潜在的なプライドが高くて問題に向かい合えない、という感じであった。いわゆる「メディテーション」とか「ヒーリング」にも興味があるらしいが現実逃避的な関わり方しか出来ていない感じで「やれやれ」だったのだが、それなりの状態にはなったらしくて、離れていった。

その人物の名前がなぜ今になって出てくるのか妙な感じだ。電話してきた男に○○は借金でもしていたのかしら?と想像したりしたが、プロの借金取りではなさそうだし、「おともだち」なのかも知れない。一瞬「同一人物かも」とも思ったが、いずれも想像の域を出るものではないし、それ自体にたいした興味はない。しかし何の理由があってここの「教師(従業員?)」を名乗っていたのか知らないが、迷惑だよなー。そいつが実際にそれと詐称して「仕事」をしていたのかどうかも知らないが(幸い、今のところそのような問い合わせもない)、仮にしていたのならほんと迷惑だ。そういうのに引っかかる方がでないことを切に祈る。

そういえば以前も、私と立ち話をしたことのある程度の人が「友達」と名乗って営業活動的に利用していたことがあったが(営業された側の方が私の知り合いで、その方が連絡をくれたのでわかったことだが)、苦笑いして終わる程度のこともあれば、あざとくてあきれることもある。とにかく、あんまり下品なことはない方がよいな。

 

念のために書いておくが、こちらのレッスンは私が全て責任を持って行っており、私以外に教師はいません。アルバイトのスタッフは居ることがありますが、彼らも基本的に不定期に事務作業を手伝ってくれているだけなので、名刺を持って営業に行くなんてこともないし、もちろん「教師」と名乗ってレッスンを行うこともありません。仮に「アレクサンダー・テクニック・センター スタジオK」を名乗り、こちらの関係者を装ったり、レッスンを行おうとする人物がいたとしても、それは当方とは一切関係がありませんのでご注意ください。

というわけで、このホームページの冒頭と、プロフィールのコーナーにちょっとだけ「注意書き」めいた一文を付け足してみました。

 

「関係はない」といっても、それで無関心を決め込めるほど、私の神経は太くない。申し訳ないと思う。

あんまり悪質な場合はこちらも法的な手普段を含めて処置を取ろうと思いますので、何かご不審なことがある方はこちらにお知らせくださいね。

 

2004年9月5日

「音のうごめき」

先日、すごく高性能のイヤホンを頂いた。届いたのがちょうど外出する直前だったのでさっそくMDにつないで使ってみた。

このイヤホンがどのように高性能かというと、遮音性が高い、ということが最初にあげられるだろう。だから外に音が漏れることも少なく、小さな音量でもはっきり音楽が聞こえる。装着の仕方もちょっと変わっているのだが、耳の穴にぴったりと収まったイヤホンは外の音をまさしく「耳の外」に置いてしまうのだ。そうすると、外の音は音以外のカタチで私に感じ始められる。「振動」として感じられるのだ。それが顕著で面白かった。

もともと私は「振動」に対してやや敏感なほうなのかもしれない。普段からエレベーターが上ってくる気配を音ではなく振動で感じることがあるし、外にでて信号待ちなどしているときに通り過ぎていく車やバイクのエンジン音が振動として自分のかばんをタッピングしているのを感じることがある。そんな感覚がイヤホンをしているとさらに顕著にするので面白かった。このイヤホンをして電車に乗っていたのだが、アナウンスの声が振動として私のかばんや皮膚を揺らしているのが感じられる。音は聞こえないんだけれども。駅のプラットホームに居る人の話し声は聞こえないが、話しの内容に応じて動いている手や指の動きはいやにはっきりと見える。まるでダンスのようだと思ったりする。一人の人間の身振りがこのような連続性を持ってなされていたのかなあ・・などとしばし見惚れたりする。話している本人も、話ということに夢中で、自分がどんな身振りで動いているのか知らないだろう。その動作が話している内容と合致するかどうかはわからないけれども(パントマイムではないのだから、直接的に合致はしないと思うのだが)、動きだけで十分何かを「語っている」ように思えてしまう。そうかと思うと、マリオネットのようにぎくしゃくと動きながら話している人もいる。この動きに反して言葉そのものは途切れることなく口から流れ出ているのかもしれない。でも動作はラップよりも切れ切れだったりする。そんなことがはっきりと目に入るのである。

イヤホンから流れてくる音楽は、遮音性が高いだけに、その音楽だけが純粋によりはっきりと聞こえている。なのに感じられることが「音楽だけ」にならずに、かえって色々なものが感じられるようになるのはなぜだろう、と思ったりする。風景もはっきり見える。

(などと書いているときに大きな地震がきた。面白いけれど、ああびっくりした。変な位置に置いていた本が落っこちてきたりもして、驚いちゃった)

わずかこれだけのことなのだが、いつものことがいつもとが違った感覚で捉えられることが、私にはすごく面白いのである。

 

いわゆる「五感」という言葉がある。「見る」とは視覚という目の機能によるものだし、「聞く」とは耳の機能だし、「味わう」とは舌の機能で、「匂う」とは鼻の機能である。触覚というやつだけがちょっと変わっているのだが(こんな複雑な感覚が他の4つの感覚と同じカテゴライジングをされていること自体が大雑把なのではないかと私は思うのだが)、ともあれ、今回私が思ったのは、人間はこの5つの感覚に「分けて」世界を知覚しているのではなく、世界とは感覚を「合わせて(あわせることができて)」ようやく感じ取れるものではないか、ということであった。そんなこと、言葉にしてしまうとあたりまえのような気がするんだが、でも例えば通常視覚で関知できるものをそれ以外の感覚で感じ取ろうとはなかなかしないように、人間の知覚は意外と五感という名の身体能力と認識に「分かれたまま」でわかったような気持ちになっていることが多いのではないか、と思ったのだ。それが悪いとは思わない。でもそのままでは寂しいような気が私はしてしまう。「理解する」という意味で「分かる」という言葉を使うことがあるが、初めて触れるものを理解しようとするときに、それのある一部分(側面)に狙いを定め手がかりにすることは少なくない。「分析する」という言葉が同様に「理解」の手立てとして使われるように、細分化することが理解江の手がかりなんだろうと思う。私もそういう方法を採用している。でもそれだけでは対象を理解したことにはならない。それだけでは不完全なのである。

例えば高性能のイヤホンが外的な音を「遮断」してより耳の穴から純粋に音楽を流し込むことが、その人間の感覚を遮断された内側の世界にだけ留まる・・・感覚が聴覚だけになってしまったり聴覚機能の孤立を促すなどの・・・ことにはならず、意外にも音を「音」としてしか感知していなかった自分の「あたりまえ」を崩してくれるなら、なんだか面白いぞ、と思ったりする。(フローテーション・タンクの面白いところもそこなのだが。でもそれはタンクの専売特許ではない。)

(とか書いていたら、また地震が来たー)

普段「からだ」のことを教える仕事をしているが、それを「からだ」のカテゴリーにだけ閉じ込めて考えるのは、私はあまり好きではない。「からだ」という側面からみえる人間という存在に、あるいは「からだ」で捉えられる世界に、私は興味がある。自分なりに深めていけたらいいな、と思っているところである。