2004年4月の「えこひいき日記」

 

2004年4月25日

「鳩のひな」

2日前に、鳩の雛が無事に誕生していることを確認。写真を撮った。でも、それ以降はまだ小さい雛を親鳥が守っているので、シャッターチャンスは無い。もうすこし雛が大きくなって、親鳥がえさを運ぶために頻繁に出入りをするようになったら雛の様子もよく見えることだろう。ともあれ、無事に誕生してよかった。

 

2004年4月21日

「自己責任・・・迷惑?に対するありがとうごめんなさいについて」

ボランティアや福祉とは「おこぼれをほどこすこと」ではないし、自己責任とは「ペナルティ(だけ)を背負う」という意味ではない。本来的には。でも最近のイラクでの邦人拘束がらみの報道を見ていると、どうもいらいらしちゃう。上記のように思っている人が以外に多そうだからだ。日本て、いまだに「おかみ」というか、政府が国民を支配するもの、という体制が強いのかしら。表面的には「国民の税金で(公共事業を)まかなっているのですから、国は皆様国民のために・・・」といってはいるが、言っていることと本当に思っていることはかなり違うのかもしれない。しかもそれを言っている人間がそのことに気がついていないのかもしれない。いかん。くらーい気分になってしまうわ。でも、これが私が住んでいる国、日本なのよね。

 

「迷惑をかける」という言い方があるが、それってなんだろうなあ、と改めて考えたりする。自分の中でも日本語としてまだ確定していない感じがするのでこう言う表現で妥当か迷うところもあるのだが、「迷惑」をかけることと「世話」をかけることって、違うことだと思うのだが、ごっちゃになっている感じがして、めんどくさい。「迷惑」ってかけられたら「被害」かもしれないが、「世話」をかける(お世話になること)って「被害」とは違うよね。「迷惑」をかけたら「ごめんなさい」だけど、「世話」をかけたら「ありがとう」だと思う。(私は、イラクにおける邦人救出については「迷惑」ではなく「世話」だと思っているのだが。確かにすごく労力の要る「世話」だとは思うし、世話するほうも大変だとは思うが、「世話」の代償として被害者に「あやまれ」とか言うのはものすごくお門違いな気がしてしまう)

日常的には、「ごめんなさい」と「ありがとう」の混在というのは、よくあることだと思う。例えば、人の落としたものを拾ってあげて「ごめんなさいねぇ」「すみませんねぇ」と言われることなど。ただ、私は個人的にその人の言葉ではなく態度を聞くので、私の耳には自動的に「ありがとう」として伝わっているのかもしれなくて、このように本来的に「ありがとう」という場面で「ごめんなさいね」と言われても、それはあまり不快な感じは受けない。逆だったら(「ごめんなさい」の場面で「ありがとう」と言われたら)ちょっとむかつくけどね。自己認識や反省の甘い人間って、基本的に嫌いだから。

卑屈に縮こまって「ごめんなさい」を連発するくせに、他人に対して攻撃的な人間というのがいるが、そういうのは基本的にしんどい。そのような人間の使う言葉は、メッセージ・センダーではなくブロッカーである。言葉によって自分の心をさらさないように隠す。そういう人間が感じる他者とのかかわりとは、基本的に「迷惑」ベースなんだろうな。「世話 care・・・心をかける、関心を持つ」ではなくて。

 

2004年4月18日

「こころやさしき・・・」

イラクで拘束されていた日本人2人も解放とのこと。よかった。しかしやはり世論と政府の対応には少々落胆する日々である。解放が知らされたときに喜ぶというよりもしぶいーい顔をして会見に臨んでいた政府高官の面々の様子は印象的だった。「よかった」よりも「めんどくさそう」な感じに思えた。国会内でも外交的にもいろいろあって、仕事多くて大変なのはわかるのだが、「頼むから政府に面倒かけないでよね」みたいな態度はいかにも疲れたサラリーマン風で、ある意味お気の毒に思ってしまう。「自業自得」と強く言う人たちやわざわざ匿名で日本のご家族に嫌がらせをしてしまう人たちも、きっと自分のことで精一杯で、毎日いっぱいいっぱいで、しんどいんだろうなあ。この拉致や戦争は「他人の業・他人の得」としたい・・・要するのに関わりたくない、考えたくないわけよね。

その気持ちもわからなくはないし、私だってそう思っているところがある。私は私の人生をまっとうに生き抜いて死にたい。邪魔なんかされたくない。しかし個人の生活や意見と重なるようにして自分の所属している地域やら国やらの意見が自分の意見でもあるかのように作用する世界に生きていることも現実。日本という国の国籍を有する限り、我々は日本人と見なされる。それは時に誇るべき事実でもあるが、時に個人としては戸惑うべき事実ともなる。例えば、いくら個人として反対をしていても自分が自衛隊を派遣した国の国民であることは事実だし、その事実において、日本人以外の人から「日本人」として扱われるということが起こりうる。それは「他人ごと」とは言えないことだと私は思う。

なぜ日本人拉致は起こったのかを考えるにあたって、その理由が5人の日本人が危険な場所に行った危険さやテロや誘拐・拉致の卑劣さ(要するにこれは「悪者の仕業」と断じること)にあるというよりも、極めて政治的なポイントにあることを忘れてはならないと思う。彼らが拘束されたのは「日本人」だからで、彼らが解放されたのは彼らが思っていた「日本人」ではなかったから、といえるのではないか。ここでいう「日本人」とは、イラクの(拘束者達の?)目線で言うところの日本人・・・アメリカの追随者で、イラクに軍隊?を派遣した、よくない国の人たち・・・という意味だ。日本人であればみんな「日本人」=「敵?のようなもの」と見られる状況を作り出されたのはなぜか。その部分も考えなくてはいけないのではないだろうか。

 

「鉄腕アトム」という手塚治虫原作の漫画の主題歌の一説に「こころやさし、科学の子」という文言がある。このあいだあるクライアントさんと話をしていて出てきた言葉だ。特に最初からアトムの話をしていたわけではなく、様々な話から展開していって、ふとこの一節が出てきたのだが、なんか、じーんとくる言葉だなあ、と思ってしまった。未来は明るく、今がんばったことは未来に必ず報われる、それを疑わない雰囲気がある。技術や努力の方向性は善なるものに違いないと、疑わない純粋さがある。

でも、アトムより後の世代を生きる我々は「努力」や「技術」の方向性の複雑さを知ってしまって、ちょっと落ち込んでいるのかもしれない。それで疲れてしまったのかもしれない。我々は善ではないものに対しても努力することが出来る。そしてその行為に踏み込んでしまったときにその「努力」を盾に自分の行動を「善」だと思い込もうとするほどに、善をコード化してしまったのかもしれない。

信じていたがそうではなかったと感じると、何が起こったかという事実そのものよりもその認識にたどり着いたショックの方が大きくて、落ち込むものだと思う。自分が踏み出すべき新たな方向を見出し踏み出す前に、その「落ち込み」と向かい合わなくてはいけないのは常なのだが、こいつが怖くて、問題の存在認識そのものを消そうとすることさえある。気がつかない振りをしたり、架空の敵を作り出して、都合の悪いことはそれが理由や原因であることにしたりすることもある。

私が日々向かい合っている問題はイラク問題ではないが、それとよく似た構造の問題は個人の間や家族の間にも存在していることを目にすることは多い。国と国の問題ほどには規模は大きくないが、手強さはけっこうなものだと思う。その中には、家族の問題や自分の身体の不調に対して政府高官そっくりな態度を示す人もいるし、もっとマイルドにではあるが基本的にイラクの「○○旅団」と似たような対抗策を講じて空しい結果に涙する人もみる。私の仕事がラッキーなのは、国政のような巨大機構の問題と違って、本人の認識が変化すればわりと速やかに改善が進むことだろうか。つまり「個人」という単位で向かい合う形式が取れているというところだ。社会や家族などの所属の関係性は、いわば「どこの国の人か」みたいなものだが、そこに属しながらもレッスンの中では一旦そこを離れて「あなたは誰か」ということを話せるのが救いだと思っている。「団体」の立場で接すると、いわば相手が「別の国」の領土内にいるために「国」というような団体の単位で対応するのは実にまずい事態や、下手に相手の領域を侵す「領土問題」みたいにしてしまうと誰も助からないだろう事態に遭遇したりもする。まあ、問題が解決に向かう「速やか」のスピード感は人によって違っていて、ものすごい速さで変化が起こってそれでちょうど良い人もいれば、何年もかけて問題を理解し改善していくことがその人にとって最速ということもあるし、「すみやか」というのも一概ではないですけれどね。

心優しき未来に私も臨めるのなら、私は自分の気持ちに嘘をつかないことでしかそこに向かう道筋が良くわかんないかもしれないな、などと思う今日この頃であった。

 

2004年4月15日

「危うきこと」

イラクで拘束されていた3人の邦人が解放されたとのこと、よかった。しかし新たに2人の日本人が拘束されたとのニュースもあり、イラクの情勢が依然危険であることは変わりがない。いや、ますます危険になっているといえるだろう。イラクにおいて「イラク人」と「外国人」が容易に敵対関係になりうる状況はむしろ激化している。各国の人たちがイラクで拉致にあっていることは既にニュースでも何度も報道されている。「外国人であること」がその理由である。その人がどんな人間かではなく、ただどこの国の人間であるかが、暴力を行使する理由になる・・・それはとても悲しいことだと思う。だって、それは人間をみる視点ではない。記号を見る視点だもの。人間対人間の関係ではない。しかし対象になるのはやはり人間なのである。恐ろしいくらい馬鹿馬鹿しくて、悲しいことだと思う。

こうして3人の人たちが解放されたから良いようなものの、日本政府の対応って、冷たいなあ・・・と思ったこの数日間であった。もしも彼らの拘束が長引く事態になったら、日本政府はどうするつもりだったのかなあ。「彼らは危険地帯に自分で行ったのだから、それに対して政府が(自衛隊撤退などを交換条件として)責任を負えというのはいかがなものか」と政府高官が発言していたし、「そのような危険地帯には渡航しないよう、常識的な判断をして欲しい」という旨の発言をした人物もいた。率直に言って、あきれてしまった。もちろんこれは困った事態だし、誘拐は許されざる行為である。交換条件に「自衛隊撤退」を持ってくるのも無茶苦茶だと思う。でも、例えばそこでいう政府高官の「常識的」とはどういうことなのか。「危うきには近寄らず」「あぶなそうなことには知らん顔」「政府が団体でやったことには政府が面倒を見るけれども、日本人が個人でやったことは知らないよ」が「常識的行動」ということなのか。ではその危うき地で危うい状況下だからこそ本当に助けを必要としている人たちはどうなるのだろう。政府のいう「国際貢献」って何なのだろう?もちろんスキルのない人間がただイラクに行く、というのは無謀だろう。それならばちょっとあきれられても仕方がない。でも彼らは別に危険を侵しに行ったわけではなく、ちょっと違うかもしれないが、いわば「遭難」したようなものかと思う。十分な装備をし、訓練をつんでいてもなお、彼らの努力だけでは回避したい事態に遭遇したという側面があるように思う。もしも「危ういことには手を貸すな」「政府に面倒かけないでくれよ」というのが政府の態度だとすれば、政府って政府のための政府で、日本国民のためにはあんまり働いてくれないんかな・・・と思ってしまう。

自衛隊的には「非戦闘区域」とされたイラク(日本政府的に言えば「サマワ」?)が「危険地帯」であることは周知の事実であろう。そこに足を踏み入れるということが「安全ではない」行為であることは明らかなことだ。自衛隊員の家族だって、泣いて止めていたくらいですもの。拘束された3人の日本人にもそこが危険地帯であるという認識は十分にあったと私は察する。物見遊山や怖いもの見たさや、無謀な冒険心や功名心でその地に行ったわけではないだろう。危険を承知で、でも危険の認識がそこに行くことを止める理由にはならなかったから、行くべき理由があったから行ったのである。危険な場所だからこそその地で援助を必要としている人たちのために、権威や組織に守ってもらうこともせずに赴いたのである。その行為は、誰かに真似しろと勧められるものではないし、彼らの行為を手放しで褒め称えるのもどうかと思うが、でも誰かに彼らの行動を責める権利のあるようなものでもないと思う。誰かが信念を持って行った行為には相応の敬意を払っても良いのではないかと思う。

私は、「ボランティア」とか「NPO活動」を記号的に礼賛するつもりはない。とても素晴らしい活動をしておられる方がいる一方で、「いいことをしている」ことに酔いしれたり、「ボランティア」を何かから逃げることの言い訳や、お門違いな「罪滅ぼし」の道具にしかしない人間もいる。だから彼らがボランティア等の非営利的行為のためにイラク入りしたことを持ってして、「えらい」「だから彼らに罪は無い」などと自動化するつもりはない。ただ、彼らが悪戯に危険地帯に足を踏み入れたのではなく、自身の信念で、必要性を感じて行動したことについてはちゃんと認識すべきではないかと思っている。

 

無謀なトライと似て非なるものとして、前人未到の値に足を踏み入れ、ある意味で危険を冒さなければ進歩や発展がないことは多々ある。例えば学問の世界や、芸術の世界ではよくあることだ。拡大解釈かもしれないが、そういう発展性に向かう一歩をも「あぶないかもしれないじゃん」の一言だけで断じ、成果があっても大して誉めず、失敗があったときにだけ大声で「ほら、みたことか。だからいったじゃない」みたいに声を荒げる超・保守的な姿勢には危険を感じちゃうなあ。

 

2004年4月11日

「極私的流行物:その1」

先日はケーキを自棄食いしてしまったが、自棄でもおいしいと感じる自分を健康というべきか、困ったというべきなのか。それにしても食欲は楽しい。ケーキでも春になってくると生のフルーツをふんだんに使ったものがおいしくなってくるが、野菜も生で食べたくなってくる。というわけで、私の最近の流行り物は野菜である。年末から年始にかけて新しいキッチングッズを手に入れたおかげで(業務用ピーラーやコンベクション・オーブン、バーミックスなど)調理の幅も広がって楽で手軽でよい。昨日も夜中に突然サラダが食べたくなって、人参のサラダを作って食べてしまった。ドレッシングはバルサミコ酢を使った。バルサミコを使ったサラダは私の場合、トマトが定番(ブルスケッタを作るのだ)なのだが、生でシュレッドした人参にも合うものだな、などと感心した。

今年は生のハーブ類なども食べてみたりしている。イタリアンで使うようなハーブもそうだが、ベトナム料理やタイ料理もお店で食べなれてきたおかげで、今まで用い方がわからなかったハーブにもなじみが出てきたし、手に入れることも容易くなってきたし、ありがたいことだらけ。先日はペストソース(バジルとオリーブオイルと松の実とチーズで作るイタリアンのソース)を生のバジルをバーミックス(ブレンダー)にかけて作ってみたが、やはりフレッシュなものはおいしい。瓶入りのものを買うとお値段もバカにならないのだが、安売りで生のバジルが手に入ったなら手作りする方がずっとお徳でおいしいと思う。こうなってくると、自宅でハーブ栽培などもしてみたくなってくるのだが、現在の環境ではちょっと無理だろうなあ・・(鳩が食いちぎってしまうからな)。

あと、酢もちょっとしたブームなんですね、私の中で。もともと多分、酸っぱいものは嫌いじゃないのだが(例えば梅干がこの世から消滅したら生きる意欲の何パーセントかを失うと思う。恐らく、大げさではなく。そういえば鍋物のつけダレもポン酢が一番好きかもしれない。でも酢のものをしょっちゅう食べるかというと、そんなことは無い)、最近の極私的ブームは飲用酢である。沖縄の「もろみ黒酢」を頂いたのは昨年半ばだったが、そのとき「けっこういけるじゃん」と思ったことがきっかけだった。それ以来、毎日欠かさずというほど熱心ではないものの、疲れたときには思い出したように時々飲みたくなっていた。最近では飲用酢専門店も出来るくらいポピュラーになってきたようだが、そういう店に置いてあるお酢は果汁やはちみつがブレンドされていて、ジュースのように飲みやすく、ちょっと驚いてしまうほどだ。「お酢が体に良い」と飲用酢が出始めた頃にもはちみつや果汁をブレンドしたものは売られていたりレシピが公表されていたが、最近の物は本当に洗練されていて、おそらくストレートの飲用酢が苦手な方でも大丈夫なのではないだろうか。開発した方、えらいなあと思う。先日も、疲れが溜まっていたクライアントさんに試しに少し飲んでいただいたが、「おいしい」とおっしゃっていたし、やはりけっこういけるんじゃないかと思う。

 

野菜だの、お酢だのと書くと、まるで健康オタクみたいだな、とわれながら思う。そうでなくてもこんな職業をしていると、私は「健康オタク」なんじゃないかという先入観を抱かれることがある。一番ひどかったのは、アメリカから帰国するすこし前くらいに某心理学会に呼ばれて出席したときの経験で、ジーンズにヒールシューズをはいて、仕事の後にコーヒーとプリンを食べていたら驚愕された、というものだったかしら。こういう仕事(?)をしている人間は、化粧気がなくて、ぺたんこの靴を履き、無添加無農薬の自然食品しか口にしないと思っていたようである。あほか。そういうのって、眼の前の人間をみるセンスじゃなくって、設定されたコードを確認したいセンスだよね。

それに私はそれほど禁欲的な人間ではないもーん。基本的に、したいことをしているだけだもーん。ちなみに食事に関しては現在クライアントに神経性摂食障害の方がいることもあって、自分が「ふつうに」いつ何をどのくらい食べているのか記録してみているのだが(「ふつう」というやつがいかに見えにくいものであるかは、職業柄重々承知しているのだが、特に特殊な状況の方に接触してそれを「ふつう」にする手助けをする場合には、まず自分の「ふつう」が何たるものか知るのは必要なことだと思ったし)、けして「厚生労働省推薦」みたいな食事のとり方をしているわけではないことが改めて明らかになっている。しかしそれで体重が減りも増えもせず、ある程度の健康状態を恒常化できているのは、リズムに乗れているからだと自負している。私の場合、睡眠時間もそうなのだがある期間で総睡眠時間を合計するとほぼ一定、というリズムが自然と出来上がっているようなのである。自分にふさわしいリズムを刻めるかが「健康」であって、そいつは「管理」するものではない。野菜だって、お酢だって、いかにも「健康そう」なイメージではあるが、だから食べているわけではなく欲しいから食べているのであって、食べたくないときは単純に摂取しない。それは理念やプログラムで制御してそうしたりしなかったりしているのではないし、「食べない」ということは「嫌いになった」とかいうことでもない。これまた先入観を呼びそうな表現になっちゃうが、自分自身というやつに聞いて、からだに聞いて、そうしたいことをしているだけである。その「聞き取り」ができることが「リズムに乗れている」ということなんだと思っている。そういうやり方を採用して、そんなに後悔しない人生を歩めていることは、ほとんど感謝すべき幸福かもしれない。

 

欲望を所有することは自己責任を持つということである。自身の行動原理が「こうしたい」ではなく、「こうしなければならない」「こうであってはならない」などの不安に根ざすものであるほど、その行為は不自然なものになっていくような気がする。例えば、個人的には「自然」とか「健康」をまるで何かの宗教に入信したような感じにならなければ考えられない「特殊事項」にしてしまう必要もないと思っているのだが、自分自身の行動に最低限の自己信頼がおけないと、どうしても自分を縛るものが欲しくなってしまうような気はしている。縛られる感覚が強ければ強いほど充実しているように感じてしまったりする。そういう感覚が、例えば「自然食」でいうとその行為の必然性において「不自然食」にしているような気がする。「特殊化」することが「意識化」することと直結し、唯一の認知手段になっちゃっている人たちがいるということは、私なりに仕事を通して知っている。拘束されて守られることは不安からその人を少しだけ救うかもしれないが、幸福からはちょっと遠い。でも特殊モードでしか「自然」や「健康」に関われない人がいるとすれば、それは多分そういう「人生」ないし「時期」なのであって、仕方がないのだと思う。もっと望ましいかかわり方があるとは思うが、最悪というわけではないのだから、本人が望みもしないのに他人の私がとやかく言うことではない。味覚が人それぞれであるように、幸福感というのも実に様々なんだろうと思うので。

 

2004年4月8日

「鳩たち」

2日前に鳩がまたベランダに卵を産んでいるところを発見。ポラロイドで写真を撮った。現在親鳩は片時も卵の側を離れず卵を温めている最中である。順調に行けばゴールデンウィークくらいに雛の姿が見られるのではないだろうか。

うちのベランダでの鳩の産卵は私が確認する限り通算6回目になり、世代は2代目であり、その2代目にとって2回目の産卵である。鳩という鳥類は例えばツバメなどのように産卵時期が決まっているのではなく、卵を産んで育てることのできる環境やタイミングを選ぶのだそうである。そのせいか、1回の産卵で産む卵の数も多くはない。私が観ている限り、鳩たちは毎回2個卵を産み、それを丁寧に育てる。今回の産卵にあたっても、鳩たちはもう1ヶ月くらいはベランダをうろうろしていた。コンクリートの床にしばらく座り込んでいることもあったし、見かけの問題だけで言えばもうとっくに産卵してもおかしくはなかったのだが、鳩にとっては何がタイミングであったのだろうか。わからないが、なんとなくめでたい気分ではある。掃除とかめんどくさいんだけれどもね。

私は無条件に自然や動物を礼賛する趣味はないが、猫や鳩をみて感心することはある。鳩が飛べることも、猫が高いところへ飛び上がれることも、「できてあたりまえ」のように見えてしまうかもしれないが、するべきことをしないとできないことだということは、ひよひよの雛鳥が飛べるようになるまでや、猫が物体の高さと発揮すべきジャンプ力をどのように見定めるのか、そばで見てみて始めて知ったことだ。鳥だって最初からは飛べない。何度も何度も練習する。鳥だけど、飛ぶことを怖がったりもする。猫だって、無謀な勇気だけで高いところへジャンプするわけではない。確信がもてるまで、何度もそれをやってみるのである。けっこう真摯でまっとうな努力なんである。失敗を笑ったりして、事実以上の外部刺激をそこに与えると猫だって鳩だって学習意欲を失う。そういう学習経緯には、人間と猫や鳩の「相違点」よりも「共通点」をより感じてしまう。もちろん、身体的な構造や種としての文化を考えたときに、何もかもを同じということは出来ないし、それをして一種の価値付け(同じだから素晴らしい、とか)を行う気持ちも私はない。しかし「猫だから」「鳥だから」の一言で、対象に対する観察や興味を断ち切る趣味もまた無い。

鳥だから(飛べて)あたりまえ、猫だから(俊敏で)あたりまえ、というのは出来ている場面だけを記憶した人間の確率統計的な先入観に過ぎない。そんなこというんだったら、人間って、何が出来るから人間としてあたりまえだと思われているんだろう・・・などと真剣に悩んでしまう。

目に立つところしか目にしようとしない観察力の無さというものは、ほとんど「無関心」と呼ぶべきものかもしれない。「愛情の反対は憎しみではない。無関心である」という言葉があるが、私もそう思う。関心が持てない、関係性がないと思うなら、どう関係が無いのか、それがわかれば「無関心」ではないと思うのだけれども、関心を持つ意思・意欲そのものを持たない場合、埒があかない。そういう人に限って「関心を持つ(というより、他者に対して反応する)のは「痛み」とか「違和感」とか「不安」とか、ネガティヴな感覚によってのみなので、ますます世界との関係性は持ちづらくなるだろうなあ・・・

 

いかん、いかん。考えが暗いほうに行ってしまった。今日は、新しくきたクライアントが「ずれてる人」(言っていることと、思っていることが激しくずれていて、まるでアクセルとブレーキを両方同時に踏み込みながらぎしぎししているような感じ。初めていらしたので期待と不安が入り混じっていたのだろうが、最初から「がっかりしない準備」にいそしまれるとちょっと疲れます。「期待しないように期待しているのに期待して、でも期待しないように、でも期待して・・・」って疲れる)で、疲労してしまったことと(ケーキを自棄食いしてしまったわ)、これを書いている最中に「バクダッドで日本人3人が拘束」などというニュースを見てしまったので、つい暗くなってしまった。今日という日にはいろいろよいこともあったのに、いけないわ。

それにしても、イラク情勢は泥沼である。イスラエルもパレスチナも、予想されていたことだったが、泥沼である。暗い気分が広がってしまう。日本人3人が拘束された事態に、日本政府はどう対応するのだろうか。私は自衛隊派遣には反対という意見をもっていたので、ふと「それみたことか、どうするんだよ小泉!」みたいな気分にもなってしまう部分があるので、われながら嫌になってしまう。「それみたことか」なんて本当はどうでも良いことだ。拘束された方々が無事に解放されることを心から望む。

あるニュース解説者が「日本にとって外国人とは日本人にならない人たちのことで、アメリカにとって外国人とはいつかアメリカ人になる人たちのことである」と言っていたのを聞いたことがある。「いつかアメリカ人になるイラク」というのが、ブッシュ大統領のアメリカの論理なのかもしれない。では日本にとってのイラクとは?アメリカの目を通してではなく、日本にとってイラクとはどういう問題なのだろう?

それは、自分自身へも「お前は何がどうだから日本人なんだ?」という問いかけになって跳ね返ってくる。私は何を持って自分が日本人なんだろうか。今の日本政府のやり方と、日本人をやっている私(?・・・でも納税しているしなあ、この国に。国民年金も払ってるし)との間には、どのような関係性が成立しているのだろうか。明確に答えられない自分がいる。

 

2004年4月5日

「新年度なので?セキュリティ」

先日、テレビをつけたら「春の甲子園」(高校野球)をやっていて、ちょっと驚いてしまった。世間的にはいわゆる春休みでしたのね。

いわゆる「新年度」という区切りを意識するのは、納税のときくらいであろうか。どこかの会社や組織に勤めるわけでもなく個人事業主をやっているとあんまり関係がないので、この「新年度」についてはさして考える機会がない。あえていうと、組織や企業から何か講演会なんかの相談を受ける際に「新年度の事業として・・・」ときりだされて、「あ、それって4月以降ってことね」とアタマの中ですばやくホンヤクするときくらいである。

 

別にそういう時期だからやろうと思ったわけではないが、このホームページに関連することで幾つかの作業をした。一つは、こちらのメールアドレスに電子証明書発行サービスを導入したため、メールアドレスが「@nifty.ne.jp」から「@nifty.com」になったこと。従来の「@nifty.ne.jp」のメールアドレスでもきちんとこちらに届きますのでご心配なく。ただ、今後こちらからのメールのアドレスは「@nifty.com」というので届くとはずですので、よろしく。こうしたセキュリティ・サービスに加入するのも「念のため」で、今のところ具体的な被害をこうむったわけではないが、最近ではほぼ半数以上のレッスン予約をメールでやり取りするし、原稿だって添付ファイルで送っちゃうことがほとんどだし、より安全な情報交換のためのちょっとした配慮はしておいた方がよいかな、と思ったのだ。

あと、大々的にウィルスチェックもやっちゃいましたわ。送受信メールに関してはプロバイダの「ウィルスバスター」に加入しているのだが、まあこういう作業も定期的にやっておいた方が安全であろう。最近ではわけのわからんスパムメールが送られてくる数も、バカになりませんしね。もちろん知らない人からの添付メールなんて空けないし、あやしい英字タイトルのメールたちも即削除の刑に処すのだが、それでも念には念を入れて。なんせウィルスに感染してしまうとこちらが被害者であるにもかかわらず即加害者になる場合が多い。縁のある方々を被害者にしてしまうのは心苦しいことだ。

こういう電子環境が整うと、ますます全てのミスはケアレスミスが火種になってしまいやすい。もともと全てのミスとはケアレスミスのことなのだが、ものごとがスピーディーにデジタルに処理されるようになると、その「ただのケアレス」が「ただの」の規模にとどまってくれなくなる可能性が高い。まあ、やれることは適宜やっておこうと思ったまでである。