2003年11月の「えこひいき日記」

 

2003年11月14日

以前こちらにレッスンに来たことのある人が所属するグループが某テレビ番組のテーマ曲を歌っていることに今日気がついた。ふだんゆっくり丁寧にテレビなんて見ないものだから、こういう情報はついつい見落としてしまう。今回だって、たまたまエンディングを見ていて気がついたのだ。インディーズから数年前にCDデビューしたのだが、晴れて今度11月19日にメジャーデビューするようである。よかったよかった。陰ながらご活躍をお祈りする。

『ゆらり ゆらり』という曲なので、よかったら聴いてあげてね。

 

2003年11月12日

昨夜は、先日観にいって予想外のできばえにへこんだ舞台をもう一度観にいった。「あれがいつもの出来ではない」という劇場スタッフさんの言葉を信用しないわけではないが、自分で観てみないことにはやはり納得感に欠けるというものだ。劇場は立ち見も出る超満員。盛況で大盛り上がりであった。まあ、これだったら安心、大丈夫・・・というできばえで、まずは安心したのだった。

しかしロングラン公演というのは大変である。思うに、そもそもそういう公演期間を想定した身体作りや訓練を行う発想やチャンスがないのではないだろうか。日本ではロングラン公演という公演スタイルが一般的ではないのだから(劇団四季など、ごく一部は別ですが)仕方がないのだが、楽日を2日後に控えた出演者のコンディションには、思わず脳裏で中島みゆきの『地上の星』が鳴り響いてしまいそうなものがあった。それは本番のパフォーマンスからは想像しにくい、あくまで裏側のことかもしれないが、「好き」と「やる気」と「根性」だけで持ちこたえるには、ロングラン公演は過酷なのである。毎日おんなじことを繰り返しながらも、ただの繰り返しに終始せず、安定した舞台を提供するには、リハーサル以前の練習の段階から「自分にとっては何が無理で、何が無理でないか」を知る訓練をしておくことが望ましい。私はニューヨークでオフ・ブロードウェイの俳優やジュリアードの学生を指導した経験があるが、私のような仕事をする人間が彼らの指導に携わるのは、「根性で我慢」しちゃうのではない、ハイ・クオリティ・パフォーマンスの「維持」の仕方を体得してもらうためである。好きでこの仕事に携わったのだから、パフォーマーは舞台のために無理をすることを厭わない。だからこそ、無理ができる己の力に頼りすぎてはならない。

ただ、本番中の彼らに今それを強要したとて何にもならない。それはあくまで今後考えていただくことだ。彼らを贔屓にしてしまった私に出来ることは、差し入れをし、若干のアドバイスなどをすることくらいだ。とにかく、スタッフをはじめ出演者全員が無事に千秋楽を迎えてくれることを祈るのみである。

 

2003年11月7日

めまぐるしくいろんなことがあり、もはや11月突入である。

この一週間ばかりの私のスケジュールは公私共に濃密であった。

先週の今時分は、ある公演を見に行って期待を下回るできばえに思いのほかへこんでしまい(私がへこむことでもないかもしれないし、システムトラブルなども重なってのことだが)個人的に、えらくまいってしまった。納得がいかなかったので翌日劇場に差し入れを持っていって様子を聞いてみて、ともあれ「いつもこんな調子であるわけではない」ことがわかって、ちょっと安心した。差し出がましいとは思いながら、出演者にちょっとアドバイスなどして、劇場を去った。

その翌日、私が「息子」とも思ういとこの結婚式があり、朝からコスプレにいそしんだ。実に珍しくまじめに化粧に取り組み、振袖を着付けてもらった。それにしても、着物姿、それも正装した状態だと、本気できちんと自分の背骨を使わなければ全く脚が自由にさばけないことを実感した。日頃からレッスンにいらしてくださっているお茶の先生や日本舞踊をする人たちには言っている事なのだが、本当にまじめにそうしないと、動作がなんとぎこちなく無様になることか。結婚式では、私の隣で様々な思い出がこみ上げた弟が泣き出してしまい、つられて私も泣いてしまい、何と涙涙の結婚式になってしまった。とはいえ披露宴のごはんもおいしく頂き、BGMに突っ込みを入れ、新郎とは「第一ラウンド(結婚式)、第二ラウンド(披露宴)終了!おっす!」と気合を入れあうという、ガッツと和みの内に無事終了。その後の二次会に向けて今度はドレスに着替えた。ほんと、コスプレである。これから私が歩むであろう「恐るべき小姑への道」を予感しながら、怒涛のごとくその日は終わった。

それから私は福井と奈良に行った。この道行きも非常に面白かったのだが、ここでは割愛する。でも充実した旅のお蔭で連休明けからスケジュールは結構ハードだったのだが、そのわりにぜんぜん元気である。

 

今日は市内の小劇場で今日が初日のJ&M出演のダンス公演を観にいった。「ショートバージョン」という但し書き付きの30分の作品である。ただ、これは全編が仕上がっていてそれを編集したという意味の「ショート」ではなく、全編制作に向けてのプロット集的な「ショート」なので、ちょうど映画やドラマの「予告」を観ただけではこれがどういうお話なのか正確には把握できないのと同じで(でも面白さは「予告」からもそれなりにわかるように)、全編の完成に期待が膨らむ「ショートバージョン」であった。終演後、音楽の使い方や身体表現の仕方について、すこし彼らと話ができた。やはりとても面白い。それにしても、難しいことに挑戦しようとしているなぁ・・・というのが私の率直な感想。前作の最終公演時には「次の作品は軽い感じで・・」などと言っていたのに、なんのなんの、こいつは大テーマですよ。それだけにありがちな手法、率直過ぎる表現ではかえって陳腐になりかねないテーマである。しかしこのずっしりした普遍的かもしれないテーマを、高度な技術、正確な身体のボキャブラリーの引き出し方を存分に使って、軽やかに料理していただきたい。12月の伊丹での公演が楽しみである。