2003年3月の「えこひいき日記」

 

2003年3月29日

昨晩、ある公演を観にいった。それは私のところに来てくれているクライアントも出演する舞台で、私のクライアントのパフォーマンスはよかったのだが、公演全体としては「イベントとしては成功しているが、作品としては、うーん・・」という感じだった。んぅん、なんなのだろう。海外のパフォーマーやミュージシャンも参加していて、一人一人のアーティストの力量も申し分はないのに、なぜか、セッションする意味をそれほど感じられない舞台であった。

うぅぅ。なんなのだろう。

料理でいうなら、一皿の料理を、あるいは一つのコース料理を完成させるのに、一つ一つの品がどんなにおいしくても、取り合わせが合わないと「あれ??」という感じになってしまうのに似ているのかもしれない。(そういえば、某料理番組でも、素材はどれも厳選の逸品なのだが、それで作った料理はびっくりするほどまずかった、ということが本当にあったそうである)うぅぅ。

 

「からだ」のことでもそうなのだが、「痛い」とか「しんどい」とか「よくない」という感覚にのみ依存するようなものの感じ方は、私はあまり好きではない。それは感覚としては極限定的なものにすぎないわけだし、それをして「感じている」ことの全てになってしまうような幹事方は、単純に貧しい。やーな言い方かもしれないが、「痛い」「しんどい」くらいのことは、あほでもわかる。舞台を見せていただいても、「よくない」とか「好きじゃない」くらいのこと、あほでも言える。だからその感覚と向かい合わなくてはならなくなったときに、そのような言葉以外で、それがどういう状況なのか、表現できるボキャブラリーを持ちたいものだと、私なりに思っている次第である。

「痛い」とか「しんどい」というインパクトの強い感覚に依存して身体の存在を知るのではなく、けして派手な感覚ではないけれども、滞りなくうまくいっているときの「感じ」も感じられるようになってこそ、感覚の世界は満たされるもののような気がする。だって「痛い」「しんどい」ときだけが「自分」じゃないですもんね。むしろ「それ以外」のときのほうが圧倒的に「じぶん」のはずなのである。たしかに、記憶には残りにくいのだけれども。

 

2003年3月27日

校正原稿を発送。「賽は投げられた」といってルビコン川を渡ったのはアレクサンダー大王だったかと思うのだが、「もう、これでどないや〜」という、やけとも開き直りともつかぬような勇気をもって、賽ならぬ「俵投げ」のような気持ちで原稿を宅配業者に渡してきた。ああ、しんど。ぜいぜい。

もうオソロシイから後ろは振り返らないのだ。(と、自分にいいきかす)

 

ところで先週は仙台出張だった。仙台は久々である。今回、東北大学関連の研究所にお邪魔したり、レッスンをしたりしていたのだが、仙台に行くといってみたくなるお店が何件かある。そして今回、また1件増えてしまった。

私のお気に入りのお店は繁華街・一番町にある。地元の方ならわかってしまうかもしれないが、「M林精肉店」という焼肉屋さんが好きである。関西で焼肉を食べようとすると、ホルモン、つまり内臓肉のバラエティーがあまりなく、ひたすら筋肉の部分を食べるしかないのだが、この店の内臓肉の品揃えはなかなか新鮮で素晴らしい。その名も「ホルモン全部のせ」というプレートがあって、いろんな内臓肉をちょっとづつ食べられるのが魅力である。サラダもおいしい。あと「Nスカ」というインド料理屋も好きで、大きめのスクリーンに映し出されたマサラ・ムービーの中で舞い踊るインドの美男美女を見ながらインド料理を食べるのはなかなか妙な気分で、よい。

しかし今回感動したのは、コーヒーなんである。今回初めて連れて行ってもらったお店で、「H珈琲店」という、これも仙台では有名なお店らしい。コーヒーの専門店で、ケーキとコーヒー以外はメニューになく、しかもストレート・コーヒーはミニマムで千円するというお店だ。店はなかなか繁盛していて、お待ちのお客が出ない程度に常にテーブルやカウンターは埋まっている。しかし店員さんの作法は非常に丁寧で、一回一回豆を挽き、香りを確かめてからコーヒーを淹れている。何か、コーヒーに携わることへの誇りを感じさせるような立ち振る舞いで、淡々とよどみなく、でもある種の緊張を感を持ってコーヒーを淹れ続けているのだ。ずらりと並べられたカップのセレクションも素晴らしい。

このお店の「水出しコーヒー」というのは本当にすごいと思った。これは連れて行ってくれた連れが注文した品で、一口だけ飲ましてもらったのだが、すごかった。「水出しコーヒー」はワイングラスに暖かくないコーヒーが注がれてくるのだが、一口含んだだけでくらっときてしまうほどだ。形容する言葉がない。ブランデーでも入っているのかと思うくらい、甘味があって、濃く、でもしつこくなく、薫り高い。本当に、上等のお酒を飲むようにちびちびと飲む感じのコーヒーなのだ。私は「ブルーマウンテン・ナンバー1」を頼んだのだが、マイセンのチューリップ型のカップに注がれたそれは、なんというか「育ちのよい」、嫌味のないおいしさのコーヒーだった。「ブルーマウンテン」の「ナンバーワン」は、まあ素人の私が素人チックに淹れてもおいしいコーヒーではある。しかし「おいしさを引き出すというのは、こういうことなんだな」という仕事が施されたそれは、そのコーヒーの持つ「素性」が嫌味なく浮かび上がる一品に仕上がっていた。ちょうど、素晴らしいインタビュアーにかかると、インタビューされる人が一人でしゃべる以上の言葉が引き出されたりして、視聴者によく伝わることがあるように、このコーヒーもまた、自らの「よさ」を喧伝するでなく、とても自然においしさが引き出されている気がした。

珈琲店を出てもコーヒーの余韻は続き、くらくらとしながら一番町をさまよっていたが、また仙台に行ったら行ってみよう、と思うのであった。

 

2003年3月20日

私のところにレッスンに来てくださっている方のなかでも最高齢の方の「最後のレッスン」が、今日あった。なんで「最後」かというと、これまで大阪府内に一人暮らしされていたのだが、埼玉の息子さん夫婦と同居することになり、引っ越されるからだ。だからコンスタントなレッスンは、これで「最後」ということになる。

 

その方が最初のレッスンにいらしてからちょうど3年になるだろうか。義理の娘さんの勧めでこちらにいらっしゃったとき、彼女の骨盤は肋骨とぶつかっている状態・・・つまり、いわゆる「おばあさんの猫背」になっていて、日常動作が非常に苦しい状態だった。ヘルパーさんが生活のお手伝いをしてくれているといっても、やはりこれは辛いことである。試しに動いてみてもらうとわかりやすいと思うが、ウエストのあたりで深く腰を曲げたまま歩こうとしても、うまく足が上がらないし、腕を上げようとしても、真上には手が上がらない。肩関節や膝、股関節に損傷がなくても、このように大きく動作は制限されてしまうのだ。そのために彼女はよくこけて顔を打っていたし、座るとか、しゃがむという動作は本当に「こわい動作」であった。

しかしレッスンを受けてもらうにつれ、状況はよくなってきて、今では階段もすっすと上れるし、低いところへ座ったり立ったりするのも、何にもつかまらずに可能になった(それまでは床に腰を下ろしてしまうと自力では立てなかったのだ)。そういうふうにして日常の「自由」を得ることは、彼女にとってとても大きなことだったようだ。レッスンを受け始めてからお友達には「見違えた」と言われるようになり、自然に気軽に外出する機会も増えたようだった。

そして猫を飼い始められた。うちにいる猫を見て、以前飼い猫のことを話してくださったことがあった。16年一緒にいた猫が数年前になくなったらしいのだが、そうおっしゃった後に「私がいなくなるほうが早いから、もう猫は飼えません」とちょっと切なそうに言っておられたのが印象的だった。しかし確か1年程前に、お孫さんが猫を拾ってきて、それが縁でまた「猫の居る生活」が始まった。新しい猫のことを、嬉しそうに話されるのを見て、私もなんだか嬉しかった。

そして今回のお引越し。「最後のレッスン」を終えて、ふと猫のことを聞いてみた。すると彼女は、「どうしようかと、夜も眠れないくらいだったのですが、幸いヘルパーさんが引き取って飼ってくださることになりました」と本当にほっとしたようにおっしゃった。ヘルパーさんは猫が好きな方で、既に4匹の猫を飼っているらしい。「外にも出していた猫だし、家は残していくので、空家だけれどお風呂場から猫だけ入れるようにして「家付き半野良猫」になってもらおうか」と思ったり「いっそ野良猫の方がしあわせだろうか」と考えてみたり、いろいろ考えたとおっしゃっていたが、どうやら猫にとっても人間にとっても一番よい結末になったようで、よかった。

 

それにしても、「夜も寝られない」とおっしゃった、彼女の平静で真摯な口ぶりがなんとも印象的だった。自分と生活をともにしてくれた猫の行く末を「夜も寝られないほど」考えるのは、全く普通で当然のことだ、ということを、その口調が物語っているのだった。それはもちろん「当然」で「普通」なことなのかもしれないが、そういうことを当然に、普通に、そして真剣にしてくださっていることに、心の底から安堵している自分が居た。希望のようなものを感じてしまう。

 

バクダットの夜明けの空に空爆の閃光と轟音が響くのをテレビ画面を通してみながら、私はその希望のようなものをお守りのように握り締めている気がした。自分が信じられないことが自分の周りで起こるのは、やはりしんどい。自分の所属している国なのに、自分が住んでいたことのある国なのに、その国の行方を差配している人の考えていることが理解できないというのは、へこむ。そんな中にあって、「猫」と「人間」という違いはあるけれど、「猫だから、いいや」じゃなくて、離れても、その幸せを祈れること、その幸せのためになにか自分に出来ることをすることを惜しまないこと。そういうことを出来る人が身近にいる、ちゃんと居るんだ・・・ということが、本当にありがたいと思った。

ちゃんと感じて、考えよう。

 

2003年3月18日

なんとなく眠れないまま夜中にテレビをつけたら、アメリカのブッシュ大統領がイラク問題に関する国連決議の採択を要請しない旨のニュースが流れた。嫌な気分は夜通し続いて、朝になってテレビを見たらブッシュ大統領の演説が流れてきた。暗澹たる気分の朝である。

 

結局何度考えても同じ疑問に戻ってきてしまう。「なぜ戦争をする必要があるのだ?」「どうしてブッシュはそんなに戦争がしたいのだろう?」

結局根本的にそこに私が理解ができることがほとんどないのだ。イラク攻撃に反対するデモ・パレードは世界中で展開されていて、攻撃に反対する理由もさまざまだと思う。だが多くの人が、多分、思っていると思うのだ。戦争は解決方法にならない、ということ。戦争をすることがアンチ・テロにはならないし、「(次のテロが起こりそうな前に)自分から仕掛ける権利がある」などというブッシュの発言も、まったく正気の沙汰とは思えない。さらにそれに追随する日本の小泉首相の発言にも、失望を禁じえない。

自分が日本人であることが嫌になる。こういう発言をする人間を首相とする国の国籍を有することが、嫌になる。私は日本の文化は好きだし、日本語も好きだけれど、この国の政治的なあり方は、嫌だ。アメリカも・・・特にニューヨークやハワイは愛着のある土地で、好きだが、今のブッシュ政権は嫌いだ。ブッシュが大統領をやっている国がアメリカで、そのアメリカにニューヨークやハワイがある、という理由で、その場所に行くことをためらう自分がいて、そのためらいを苦しく思うくらいに、なんだかすごく複雑な気持ちなのである。

 

そういえば、教科書のなかに「愛国心」みたいなものを教育する文言を入れよう、みたいな話があったが、私には正直に言って「愛国心」とは何なのかがわからない。先ほども書いたように、日本の文化や風土・・・それも観光ガイド的な意味で言っているのではなくて、自分がここに生まれて体験したさまざまなことや、育った場所の風景や、そこにまつわる思い出に対する「愛着」としての「愛国心」ならわかる。でも国籍に対する「愛着」があるか、といわれると、それはよくわからない。民族的な意味での日本人が日本の国籍を所有していることが「あたりまえ」のこの国では、「日本人」が「日本国籍」を有することをセットで同一に認識しがちだが、アメリカやインドやヨーロッパ諸国ではそれは「あたりまえ」ではないことである。私は、基本的に国籍とはこの国との「所属契約」だと思っているので、それ以上の愛着は、多分、ない。

自分の大事なもの・・・上記の愛着のある場所や、家族を守るために「戦う」という考え方もある。しかし「戦い」とは「攻撃」なのだろうか。私だって、大切なものは大切だから、それを壊されそうになったら全力で「守る」だろう。その「守る」とは、私にとっては、例えば叩かれそうになったら「よける」とか、壊されそうになったら「持って逃げる」とか、自分や私の大切なものを壊そうとする「その人間に向かって反撃する」とか、そういうことである。私の個人的見解かもしれないが、自分が具体的に認識していない「敵」に向かって「敵意」を抱くのは難しい。自分を殴ろうとする「その人間」を憎むことは、私には出来る。でも「その人間の家族」とか「その人間の所属する会社」「その人が住んでいる国」をその人間を憎むのと同じ憎しみで憎むことは、私には難しい。自分の憎しみは、確実なターゲットに当てるべきもので、ターゲットが見当たらなくなってもてあました憎しみをぶつける的を探して憎むのは、全然違うことである。

 

だから私にはアメリカ大統領がやろうとしていることがわからない。本当に戦うべき「敵」とはなんなのだろうか。

 

2003年3月16日

約10日ばかり前に原稿の初校というものが出来上がってきて、チェックを入れているのだが、チェックしているうちにあちこち直したくなってしまい、今ちょっと原稿を書き直したりしている。大筋では最初の原稿と同じなのだが、文章の表現とか、順番とかが、なんとなくしっくり来ないような気がして、手を入れている。何となく妙な気分だ。原稿を書いている最中も何度も「こんなん、あかんわ。こんなん絶対あかんわー」という精神的クライシスに見舞われたが、これはどうやら明確に終了があるものではなく波状攻撃をかけてくるものらしい。少しだけ冷静になった頭でならわかることなのだが、「あかん」という思いに根拠はない。具体的にどこが悪い、とか、まずい、ということを感じているのではなくて、「こういうことを書いて、興味を持って読んでもらえるのだろうか。うまく人に伝わるんだろうか」ということへの不安なのである。ただ身がすくむほど不安なのだ。それはそのまま「読んでもらいたい」という気持ちの別の表現でもある。

丸ごと一冊自分だけで書く本はこれが初めてなので、そういう自分の気持ちのアップダウンを眺めるのは、興味深くもなんだか奇妙な感じだ。1冊の本が出来上がるまでに、自分の気持ちはいろんなふうになって、そしてそれを潜り抜けるもんなんだな、などと妙に冷静な「私の中の私」の一人は思ったりしている。翻訳本を出したときはそれはそれでけっこうしんどかったが、基本的に「原著者の本」なのだし、自分が力を尽くせることは限定されている。共著のときは、分量的にも雑誌の原稿くらいだし、自分が忘れ果てた頃に本になったので、けっこうあっけなかった。だが、書き下ろしの原稿というのは、締め切りも別になくて、私が書けなきゃ終わりなわけで、そういう楽しさと苦しさはやってみなくてはリアライズされなかったものだ。「こんな気持ちになるもんなんだなー」と、いちいち感じながら書いている。

 

唐突だが、最近の私は抹茶を点てることにはまっている。1週間前くらいからカフェインを摂取してもそれほど動悸が起こらなくなったせいでもあるのだが、このくらいの季節、なぜかコーヒーよりも青い苦味と甘味のある抹茶がおいしい。

茶道具専門店や、ちょっと高級な通販雑誌のページを開くと「野点セット」というのが販売されている。専用の手提げ籠の中に抹茶椀と茶筅、茶杓、棗が納まるようになったセットで、この籠を持てば「どこでも茶会」ができるわけだ。しかし往々としてこうした立派なセットは高い。ので、私としては自分の身の丈にあったお値段の道具を一つ一つそろえてみることにした。こういうお買い物は時間がかかるが、楽しい。そして私は一旦思い立った欲望を抑えない人間である。私は出来るだけすぐに、欲しいものが、欲しい。自分でもあきれるが、ほんとにそういうことに我慢がなくて、欲しいものを手にするためにかける時間と労力は苦労だとは思わない。

茶碗は、あまり高くなくて、かわいいが落ち着きがあって、手触り感がカジュアルな感じのものを選んだ。白地に青い花?にもみえる、ちょっと抽象的な柄の椀と、カフェ・オ・レ・ボウルにも使えそうだけれども、素材が「和」で、色合いも渋い小ぶりの茶碗の2種類を購入した。ベトナムの白磁のお椀も、いいな、と思ったのだが、持ったときの重みがちょっと気になって、今回は購入を見送った。(こっちの方がバーゲンしてて、安かったんだけどねー)茶筅は野点用の最も小ぶりなもの。茶杓も最も廉価なものを購入した。棗は、ほんとはシュガーポットなのだが、小ぶりでお気に入りのものがあったので、それを転用することにした。ところで籠は、どうにも気に入るものがないので、まだ購入していない。しばらくはこれら一式を椀の中に「入れ子」のように仕舞って、風呂敷かなんかで包んで、それをバッグに入れて持ち運ぶかな、外に出るときは、と思っている。あと、小さい魔法瓶も買った。本当はその場で湯を沸かすほうがよいのだが、これに湯を入れて持ち歩くことにしようと思っている。今のところ、まだ出動していないんだけどさ。

抹茶は、意外とモンブランなどのクリーム菓子と合う。抹茶を点てたときの泡もカプチーノのようでクリーミーなのだが、その優しい苦味と、甘さを控えたクリーム菓子との相性はなかなかだ。生チョコなども合うな。もちろん和菓子も会うのだが、あんこを使ったものなら緑茶やほうじ茶の方がおいしいときもある。あんこを使わない、練りきりのようなものなら、上品で抹茶によいかもしれない、などと勝手に思うのであった。

 

2003年3月11日

ローリング・ストーンズが来日公演をしている。私はいわゆる「ストーンズ世代」ではなく、CDを買って彼らの音楽を聴いたのは数年前に過ぎないのだが、なんとなく魅力的に思う。それは個人的な体験として、ミック・ジャガーとすれ違ったことがあるからかもしれない。

 

私がまだニューヨークに住んでいた頃、住んでいたアパート近所に有名なバーがあった。蝙蝠をモチーフに使った、ちょっと独特な内装のお店なのだが、出している料理はけっこう本格的においしかった。薄暗い店内でダンスミュージックを聞きながら味わうヌーベル・キュイジーヌはなんだか奇妙な取り合わせではあったが、なかなかよいのだ。ちょうどニューヨークに来ていた母や母の友人と夕食を食べていると、突然ウェイトレスが申し訳なさそうな顔でやって来て「ごめんなさい、今日は午後9時から貸切になるのですが・・」と言ってきた。つまり「9時までに出てくれ」ということなのだが、ちょうど食事も終わりかけていたし、大して困りもしなかったのでそう伝えたのだが、そのときのウェイトレスの様子で「誰か有名人が来るんだな」ということはすぐに察しがついた。「有名人との遭遇」は、ニューヨークでは珍しいことではない。私もデ・ニーロがスーパーから出てくるのも見たことがあるし、弟はホテルのエレベーターでデビット・ボウイと乗り合わせたことがある。私が知る限り、どの場合も大騒ぎになるようなことはなく、その場に居合わせた「市民」はごく上品に「スター」を無視する。といっても、しっかり意識はして見ているんだが。

「誰だろうねー」などといいながら、店を出ようとすると、外にリムジンが止まって、誰かが下りてきて、そのまままっすぐ店内に入ってきた。ちょうど店を出るために歩いていた私とすれ違うかっこうになったのだが、それがミック・ジャガーだったのである。細長いシルエットの男が、機嫌よさそうでも悪そうでもなく、浮つき過ぎない程度の軽さの足取りで店内に歩いていった。彼はそのとき50歳くらいだったと思う。でも私の受けた印象はとても「50歳のフェイマスな男性」のそれではなかった。言い方が変かもしれないが、何か不思議な生き物とすれ違った気がした。例えば、私の知る限り、「少年のココロを持つ男」というのは、まあ存在する。しかしその主体は「男性」であって「少年」ではない。「少年性」は、成熟した男性の持つイノセンスであって、けして「ワルガキ」の青々しさではない。でも彼はちょっと違っていた。貫禄はあったし、セクシーではあったが、熟した人間の放つ重みがない感じだった。あくまで私の印象に過ぎないが。そういう印象を与える人間を実際に見たのは初めてだった。すれ違っただけなのに、ちょっとドキドキしてしまった。こんな歩き方をする人間が、どんな声で歌うのか、私は始めて興味を持った。彼の名前は知っていたし、恐らくどこかで彼らの音楽も耳にしてはいたが、恥ずかしながら興味を持ってその名を思い浮かべたことはそれまでなかったのである。

 

コンサートには行かなかったので、テレビの画像を通してライブ演奏中のストーンズを目にした。いまやミック・ジャガーは還暦間近。しかしやはりそんなことは彼には関係なさそうである。

 

以前、突然「バーバーパパはどういう生き物なのか?」「なんなのか?」という疑問が涌いてしまって、誰かにそう口走ったことがあったのだが「ああいう、独自の生き物なのではないか」というお答えがかえってきて、妙に落ち着いてしまったことがあった。(ちなみに日本語の絵本では『おばけのバーバーパパ』となっているが「おばけか?」というとそれもなんだか妙な気がしてしまう)

バーバーパパとおんなじ扱いにするのもどうかと思うが、「ミック・ジャガーってなんなんだ?!」と思うよりは「ああいう、独自の人間」と思う方がしっくり来てしまう気がしてしまった。

 

2003年3月8日

先日、すこし循環器系が弱ってしまったのでちょっと検査をすることになった。その一環でホルター心電計という、ウォークマンくらいの大きさの心電計を装着して24時間心電を記録するというのをやってみた。小さい頃から心電図をとれば必ず再検査に回され、血圧を測れば血圧の低さのために脈が取れないということも私にとっては日常茶飯事なので(今回の検査のときも、脈拍を計る電子機器を使用したのだが、ことごとくエラーであった)、こうした検査にはある種の親近感すら覚えるのであるが、ホルター心電計は初めて使う検査器具だ。みょうにわくわくしながら検査に望んだ。

24時間の心電記録を行う目的は、発作のタイミングをつかまえるためである。うまく発作の状況が記録できれば原因や対策の分析に役立つ。逆にいえば、この24時間中に発作が起こってくれなければせっかくの高価な機器を使っての記録作業も残念なことになるわけで、私の心境はなかなか微妙だ。発作症状はぜんぜん楽しくないのだが、この24時間中に起こってくれないと、ちとコマル。医師も苦笑しながらこの検査の意味を説明してくれた。

私は勝手にこの検査を「ゴキブリほいほい作戦」と名付けた。ちなみにゴキブリは私が全く親近感を抱けない生物の一つなのだが(ゴキブリには申し訳ないが)、知るためには捕えなくてはならない。それといっしょで、けして「それ」(ゴキブリ、もしくは発作)にはまみえたくないのだが、捕まえて、知ろうとするならばその出現を願わなくてはならないのだ。

機具の装着とともに、医師から小さな記録用紙を渡された。この24時間中に「何時何分、何をした」というのを記録するのである。記録用紙にはスコア表のように、例えば「運動」とか「就寝」「起床」「食事」「投薬」「排泄」「乗り物に乗る」など、心電にアクションを与えやすい主な身体行動が予め記載されており、記録者は時間を書き入れてどの行動をしたかをマークすればいいようになっている。そして機具本体には「イベントボタン」と呼ばれるボタンがついていて、もしも発作が起こったらこのボタンを押すことによって心電記録自体にもマークを入れられるようになっている。自分の24時間をこのように意識的に過ごす機会はありそうでない。私はあるミッションを受けるように、神妙に医師の指示を聴いていた。

 

そいでもって最終的に「ゴキブリ」はキャッチできたのかというと、これが微妙だったのである。データは今分析に回っているのでその結果はまだわからないのだが、装着中の24時間に大物の「ゴキブリ」は出現しなかったので、なんだか微妙にがっかりしたような気分である。くそう。

 

でもまあ、自分の心臓とは生まれたときからの付き合いなので、ある程度は加減というか、距離というか、付き合い方がわかっている。その距離感に変化があるのかないのかを確かめるのが今回の検査の目的だ。距離感が変わったとしても自分がしたいことや基本的な生活が変わるものでもない。だから全く普通に仕事をしているので、これを読んでくださった方、どうぞ心配なさらず。

そういうことを慌てもせずに思える自分が不思議な気もするのだが、そのような自分に気がつけるのもこのような機会に恵まれたからに他ならない気がする。ひょっとしたら、まだこの程度のことだから余裕があるだけなのかもしれないが(だってこれのほかは食欲もあるし、よく眠れるし、血液検査も尿検査もスーパークリアなんだもん)、やっぱりわからないでうだうだするよりも、わかったり感じたりした上で答えが出たり出なかったりする方がよいような気がするのだ。

 

それにしても、ホルター心電計にしろ、便利な医療器具がいろいろ開発されていることには驚く。それを使用する必要があるかないか、機会があるかないかは別の問題として、さまざまな角度から「自分のことがわかる」技術や手法が用意されているのはなかなか素晴らしいことだ。心電計にしても「生体電流」の発見・・・つまり生物の営みを「電流」としてとらえてみる観点・・・がなければこのような機械の開発はなかったわけで、やはり多角的な興味を持つということは大事だし、面白いなあ、などと思った次第である。