2002年8月の「えこひいき日記」

 

 

2002年8月31日

昨日、事務所のすぐ側の「新風館」というところのステージで、以前ここにレッスンに来てくれたクライアントさんがゲストとして歌うステージがあるというので、観にいった。当日になってこのことを知ったので、ばたばたしてしまった。

彼女たちはこの6月にCDデビューした4人組の女の子たちである。私が直接に知っているのはこのうちの一人なのだが、とにかく、とってもうまくなっていたのでびっくりした。以前からテープを聞かせてもらったり、レッスンの中では目の前でうたってもらったこともあったのだが、そのときよりずっと「自分の声」で堂々と歌っていて、なんだかとても嬉しかった。

「プロになる」というのはそういうことなんだろう、とも思った。合っているとか、間違っているとかではなく、自分が思うことを自分の声で、からだで、伝えること。それは責任を伴う仕事なのだけれども、同時にそれ自体が大きな喜びでもある。

しかしまた同時に、ほんとに、完成とか、終わりというものがないことだなあ、とも思う。なんということはないことなのだけれども、微妙な声の高さ、強さ、呼吸の間合い、そういったもので無限に歌の色合いが変わってしまう。

音楽関係のクライアントさんとレッスンをしていて、度々思うことではあるのだが、どのようなからだの使い方をするかによって、生み出せる音が変わり、そのことによって突然、その楽曲の「意味」が急にはっきりと聞こえ出したり、逆に聞こえなくなったりすることがあるのだ。物理的な音声としては、変わらず耳に聞こえているものなのだが、ちょうど高速道路の料金所の「アリガトウゴザイマシタ」が「ありがとうございました」には聞こえないように、音声ではなく、その意味が、伝わったり伝わらなかったりすることがある。それは比べてみなければ気がつかないようなものかもしれないけれど、それは多分、飽くことなく追求するに値する「音楽のチカラ」のような気がしている。あるいは音楽に限らず、「表現する」ことを自分の仕事とするものならば、考えて然るべきものなのだろう。

 

ステージの上でも、ステージが終わってすこししゃべっているときでも、彼女たちは音楽に対してまっすぐで、熱心で、かわいらしかった。いろいろとたいへんだろうけれども、自分が「いい」と思える音楽を「自分の声」でうたっていって欲しいなあ、と思った。がんばれー!

 

 

2002年8月29日

睡蓮鉢を入れているベランダの簡易池(?)の中には、めだかが2匹いる。もともと10匹1セットという状態で買ってきたのだったが、最終的に残ったのはこの2匹。もう1年以上元気でいてくれ、うち1匹はけっこう巨大化していっているのだが、どうやらこの2匹は「つがい」であったらしい。簡易池の中にめだかの稚魚がいるのをみつけてしまった。

よくあることなのだが、お魚の卵はその親に食べられてしまうことがある。だから卵が孵化しても、それが生長する確立はそれほど高くないのだが、今のところ次々と生まれた稚魚たちは、結構元気だ。うち1匹はだいぶ大きくなって、たぶん、親の口のサイズよりも大きくなっているみたいだから、だいじょうぶだろうか。簡易池の中には睡蓮のほかに、シラペスというパピルスの一種の鉢も入れてあるのだが、この植物の細い茎の間がちょうど稚魚たちの隠れ家になっているようでもある。このまま元気で育ってくれるといいなあ。

 

魚たちにも産卵が出来る条件や、稚魚が育つことの出来る環境や条件があって、やたら産んじゃう、生まれたから育つ、というような自動的なものではないことがわかる。だって、ガラス製の水槽に入っていたときはめだかたちは一度も産卵をしなかった。(だから、偶然に生き残ったこの2匹がオスとメスであったことも、まったく気がつかなかった)おそらく、ガラス製の水槽では水温の変動が今よりありすぎたからだろう。「産卵」などという「体調」にならなかったのかもしれない。あるいは、産んでいたけれど育たなかったり、食べられてしまっていたのかもしれないけれど。

ともあれ、「育つ」って、たいへんなんだなあ、すごいなあ、などと改めて思うのである。

 

そう考えると、人間の方が結構「野蛮」でむりやりなやり方で産んだり増えたりしている部分があるような気がする。俗に「(母)親」が「子」に対して持つとされる「母性本能」も、実は「本能」などではなく、経験であり、教育(「思い込み」、「思い込まされ」、「義務感」というものも含めて)である部分がずっと大きい。持ったことのない感情、やったことのない行動は、出来ないことである方がむしろ自然だ。小児虐待のニュースなどを見るたびに思ってしまう。虐待する方は、自分がライブで「子」であって楽しかったことなど、あんまりなかったんだろうなあ、とか。「支配」や「管理」を受けたことはあっても、育まれる、というのとは違う体験だったのかなあ、とか。私の子供時代とて、全てがすばらしい思い出で埋め尽くされているわけではない。多分、多くの人がそうだろう。しかしほんのひとひら、自分がこの人間の子供に生まれたことを許容できる思い出があれば、生きていけるような気がしている。別に虐待をする人を擁護する気持ちはないが、そういうかたちでしかコミュニケーションを思いつけないような経験をつんできている人たちもいる、ということは思ったりするのだ。

ある程度の年齢になったら結婚する、子供を持つ。就職して、仕事をする。それは社会的に伝統的な「契約」ではあっても、人間が成育できる環境ではないこともある。もちろん、激しく離反するケースばかりではなく、人間としてのすてきな生育環境と「家族」とか「夫婦」というスタイルが相成り立っていることだってたくさんある。けれども、やはりそれは自動的なものではない。結婚したから大丈夫、子供を産んだから一人前、などという自動的なものではない。

「そういうものだ」と思って結婚し、子供もいるけれど、人間としてにっちもさっちもいかない人たちはやはりたくさんいる。でも結婚して子供を持っちゃえば、にっちもさっちもいっていないことはおいそれとばれずに済んだりはするので、そのことが本人に「かろうじて」の安定をもたらしていたりすることもある。私のクライアントの中にも「どうしてこの人が人の親なんだろう」と思えるような人がいるが、その人が「かろうじて」家庭内暴力に至らずに済んだり、子供を殺したり、自分が死なずにいるのは、その人が悩みの対象がそのに在るからであったりする。だから、家族とか、婚姻関係を解体すること、あるいは他者との関係を拒絶することだけが、その個人が自由になって生きやすくなる方法というわけでもない。

自動的じゃない、といったのはそういう意味だ。生きていくために育たなくてはならない。

 

ただ、人間ってすごいな、と思うのは、人間は自分で自分を育てることができる、ということだ。人は年齢的な意味での子供時代だけで成長が止まるわけではない。50歳になっても、60歳になっても、80歳になっても、本人が気がついたときが一番のチャンスなんだなあ、と思ったりする。それはクライアントさんから教えてもらったことだ。

やっぱり「育つ」ってすごいことだなあ、と思うのである。

 

 

2002年8月22日

風に秋の気配がする。日向は暑いけれども、ようやく秋に向かっているのがわかる。

暑さに比例して長かったゲル化脳期もようやく終わりを告げてくれそうで、ようやく少しだけ思考力が戻ってきた。

 

The Alan Parsons Projectというグループがある。すごくふしぎな感じの曲を色々出しているのだが、このあいだから、彼らの『DAYS ARE NUMBERS(THE TRAVELLER)』という曲がアタマの中を駆け巡ってしょうがなくって、今日やっとそのCDを手に入れることが出来た。祝!(と、ひとりで祝う)仙台出張中にもゲットを試みたのだが、なぜか主要なCDショップにことごとくその姿がなかったのであった。(ちなみに、Alan Parsonsのコーナーはちゃんとあるのである)

 

この曲を知ったのはもう何年も前なのだが、初めて聞いたときから「いい曲だな」と思っていて、とても印象に残っていた。一度聞いたくらいの曲の英語の歌詞をそのまま暗記できるほど、私は英語が得意ではないのだが(場合によりけりなのだが、英語と私の思考パターンはあまり相性がよくないことがある)、私にとって印象的で「いいな」と思うものはたいてい「映像化」されて私の記憶に残るので、その「映像」を思い出してみているうちに歌詞のこともよみがえってきた。そしてその歌詞の内容が、この間からアタマの中をぐるぐるしてしょうがなかったのだ。

 

ちなみに歌詞はこんなんである。

 

The travelers is always leaving home

He never has the time to turn around

And if the road he’s taken isn’t leading anywhere

He seems to be completely unaware

 

The travelers is always leaving home

The only kind of life he’s ever know

When every moment seems to be

A race against the time

There’s always one moe mountain left to climb

 

Days are numbers

Watch the stars

We can only see so far

Someday , you’ll know where you are

Remember

Days are numbers

Count the stars

We can only go so far

One day, you’ll know where you are

 

・・・

 

「遠くに行くことしか出来ないけれど、いつか自分がどこにいるのかわかるだろう」などという歌詞は泣かせる。歌声もやさしくてよい。よかったら聞いてみてくだされ。

 

2002年8月18日

大きいコピー機をどけ、家具の配置を変えてみて、部屋の中の「空気の流れ」が変わったのがよくわかった。この「空気」とは「雰囲気」とか「生活動線」という意味ではなく(それもあるけれど)、「物理的な空気の流れ」である。わすか10センチほど今よりせり出ていたコピー機がデスクエリアに流れ込む空気をせき止めていたのだ。せき止められていた空気の流れが「こういうものであったのか」と感じるのは、実に新鮮な感覚だ。前の配置だって、強力に不満があったわけではない。だから、ひょっとしたら変えないまま、ずーっととはいわないけれど、もうしばらくすごしていたかもしれない。しかし変えてみればわかる。今の方が快適だ。それは、変えてみないとわからない快適さだ。あー、よかった。

快適さの岐路は思いがけないところにあるのかもしれない。そういう感覚の妙がわからずに日々を生きていくのは、単純に、つまらないなあ、と思う。その妙に気がつかないまま、漫然と生きていくのは。

 

ところで『共感覚者の驚くべき日常』(リチャード・E・シトーウィック著、山下篤子訳、草思社、2002年4月30日初版)という本を読んでいるところである。この本の原題は『The Man Who Tasted Shapes』というのだが、その題の示すとおりの「感じ方」を持つ人がしばしば「共感覚者」と呼ばれる。

私たちは多くの場合、五感と呼ばれる感覚(感覚器)を通して感じられる「感じ」を身体感覚として個々に安定化させている。共感覚者と呼ばれる人たちは、感覚入力とそれを「どんな感じに感じるか」のマッチングが平均的な場合とすこし違う人たちで、多くの場合とはすこし違う「感じ方」をすることが一時的なことではなく、本人の中で安定化している人たちを言う。

例えばおいしそうな料理を、その盛り付けを楽しみながら食べたとしても、「味を味わう」とは「こんな感じ」で、「料理が見える」とは「こういうこと」で・・・というふうに、それぞれ別の感覚を同時に感じることが出来て、それが「別」でありながら「同時に」感じていることであることがそんなに混乱せず日常的に行うことが出来る。同時の体験でありながら「味が見え」たり、「盛り付けの形に味がついている」という感じ方をする人は少ない。(ただし形容詞的に、あるいは後天的な経験学習の結果得た感覚として、そういう感覚はありうる。私自身、自分にとって「感じられる」もののほとんどが「みえる」と感じられるが、それは後天的な訓練や教育によって整理・獲得された傾向が強い。)

しかし、共感覚者と呼ばれる人たちの「ものの感じ方」がコモンではないからといって、すなわち「異常」なのではない。我々が「あたりまえ」としている、「味覚」が「こんな感じ」のことで、「見える」というのが「こういうこと」と感じるのは、どうしてそうなのかについても、謎なのである。例えば、盲目の人に角膜移植をしてもすぐには「見えている」とは感じられないことがある。身体的な機能事態は正常に機能していても「見えるとは、どういう感じのことか」がわからなければ「見えていても、見えない」ことがあり、その期間も人によっては数年間にわたる場合があると聞いたことがある。

レッスンに来る人の中にも、長い間身体部位が過剰な緊張や圧迫にさらされ続けていた場合、圧迫や筋緊張が減少した状態が「感覚できない」ことが、あまり珍しくなくある。多くの場合、それは「感覚のバロメーター」が緊張していた時期に置かれているので、そのものさしのまま「自分が感じていることを感じよう」とすると、わからなくなってしまうのだ。わからないことは再現が出来ない。だから「しようとすると元の緊張状態に戻ってしまい、自分では出来ない」という感想になるのだが、しかしそれは「最終結果」というわけではない。「わからない」という感覚に戸惑い、それによって「それ(戸惑い)以外に感じられていること」が封じ込められているから、よけい「わからない」ことも多いのだ。だから落ち着いて、「感覚のバロメーター」を過去のそれに寄らず、「今現在」感じていることを感じ、その感覚でもってどのような行動をすることが出来るか、それはどんな感じに感じられるか・・・という体験を重ねていくことによって、より緊張せずに行動する自由を得ていくのだ。それは一歩一歩、ゆっくりだが確実に行うべきレッスンであり、辛い痛みや症状にさらされ続けた人は「とにかく!」という感覚になりがちだが、それで改善が見られないから個々に来ているんだろうし、ここは一発腹を決めて、自分の「からだ(感覚)」と向かい合ってみるべきだろう。

感覚を「どういう感じ」と感じることがその個人の中で安定化しているかは、実にバラエティーに富んでいる。中には、自分には全く思いも寄らない感覚で物事を感じている人もいる。それを簡単かつ安易に「異常」だと思うことは、それこそ感覚の矮小化であると思う。私は仕事上、その人が困っているときのみ、その人の感じ方の世界に踏み込むわけだが、多くの感覚は「付き合い方」さえわかれば「個性」や「才能」として十分生かせるものであり、「治す(直す)」必要などないものなのだ。でも、逆にいえば、付き合い方がわからないことが、理解の仕方がわからないことが、本人とその周囲の人を不安にさせたり傷つけたりするんだなあ・・と思うのだ。

 

この本の中で語られている(研究対象となっている)共感覚者は「不随意の体験」によってそういう感じ方になってしまっている人たちになっている。まだ最後まで読んでいないので、結論めいたことは何もないのだが、感想として、思うことの幾つかを書いてみた。そのついでに書くと、日本人に生まれた方が共感覚的感覚に対する一般的認知度は高いから、生きやすいかもしれないなあ・・・と思ったりする。日本人の認識は、欧米言語圏の人たちに比べるとメディアミックスがすすんでいる。一つの言葉を幾通りもの書き言葉で表現できるなんて、アルファベット言語圏ではないことだし、そのことによる感覚世界の違いはなかなか侮れないものがある。(この話を書き出すと長くなるので、また今度)

なんでもないことだが、例えば風鈴の音色を聞いて「涼しい」と感じることは、「異常」ではない。しかし感覚入力としていうならば、「音」として聞いたものでなぜ触覚として「涼」感が呼び起こされるのか、不思議といえば不思議でもある。水盤に花をいける。「涼しそうにみえる」という感想を持つことは「異常」ではないが、しかしなにが「涼感」を自分に感じさせているのか、考えてみると不思議である。ともあれ、いろんな感覚を感じて、死ぬまで生きてみたいと思う今日この頃である。

 

2002年8月17日

私は割りと子供の頃からよく本を読むほうだったので、自分の事務所にある本の数を、主観的に「多い」と思ったことはないのだが、客観的に見て「少なくはない」のだろう、とは思う。実家の方にもたくさん本が置いてあって、こちらにもって来たい本もあるし、次々出版される本や雑誌の中にも欲しいものはあるし、これから先、基本的に「増えはしても減りはしない」だろう、と予測する。そうでなくてもこのところの机の上のカオスぶりは私の思考の停滞ぶりを反映して余りある状態だったので、とりあえず、片付けてみることにした。これじゃ、入れたい本も入らない。スペースを作らねば、スペースを。

 

まず、なぜかリース期間を過ぎてもまだ引き取りに来てくれない大きなコピー機をどかし、サブの書類棚の位置を変えた。やや見にくい位置にあった書類棚が扱いやすい位置に来たところで、幾つかの書類束をそちらに移す。古いカタログなんかは捨てて、いいかげんに置いていた新着のカタログをおさめる。若干の書類たちが難民化してしまったが、これは間もなく書類ボックスを買ってきてまとめておさめる予定だ。

今回のとりあえずの目的は、机の上に積まれたまま動かすことが出来ずにいた資料用の書類やら書籍に「暫定的定位置」を与えることである。積みっぱなしになっていた資料の山を崩してみると、片付けることの出来る本も幾つか混じっていることがわかってくる。その本たちは「おうち(もと居た本棚の位置)」にお帰りいただき、それでも残った本たちや書類たちに、目に入る位置に「暫定的定位置」を与える。そしてそれを取り出しやすいように、ペン立てとかホッチキスとか、メモ用の紙類を配置する。(カオスが進むと、書類や本の出入りを立ちふさぐような位置にデスク小物が散乱しちゃったりするのだ)

そうやって整理をしているうちにちょっと落ち着いてきた。ともあれ、机の上はだいぶ広くなった。最後に猫の検閲を受け、今回のお片づけは一応終了。やれやれなんである。

 

 

2002年8月8日

仙台から帰ってきた。「こちらは涼しいですよ」と聞いていたのに、なぜか到着したとたん向こうも猛暑となり、なかなかハードであった。普段、空調の効いた室内での仕事が多い分、ちょっと暑い中を歩き回るのが多いと、ばてる。やや発作を起こして倒れてしまったりしたのだが、まあ大丈夫なのである。

 

ところで、野口英世氏の肖像が新しく千円札になるそうである。「野口英世」というと、いわゆる「小学生のための偉人伝」みたいな読み物の中で知っているのみで、こう言ういい方はなんだが、架空の小説の中の人物同様に遠く、常人からかけ離れた「偉人ぶり」ばかりが印象にあって、なかなか親近感がわきにくい。少なくとも、ほんの数年前まで、私はそうだった。

野口英世という人がその業績によってではなく、感受性を持った人間として「なんか、すてき」と思えたのは、イサム・ノグチを通してであった。イサム・ノグチとルイス・カーンの共著『PLAY MOUNTAIN』(マルモ出版・1996年5月10日第1版発行・4800円)の中の、イサム・ノグチの『自作による自伝』の中に、彼と野口英世氏の邂逅が短く帰されているのだ。ちなみに同じ「野口」だが、野口英世とイサム・ノグチは親戚関係にあるわけではない。当時、コロンビア大学の医学部に入学したノグチは自分の進むべき道を迷っていたそうだ。そんなときにロックフェラー研究所にいた野口博士に合い、何かと言葉を交わしていたようだ。

 

「・・・(野口博士は)授業の方がすこし進んでくると、私を助手に使おうともされました。医師の資格もないのに、博士は私に手伝わせようとされましたが、「医者にはなるな」とも言われました。「医者は科学者とは違う。アーティストと言えるかもしれない。しかも人々の感情や意思を感じる能力をもつことが出来るのは、ひと握りの者だけである。けれども君は医師というより、アーティストになるべきだ」と、言われるのです。」

 

もちろん、ノグチはこの一言でアーティストになることを決意したわけではない。懐疑的な読み方をするならば、これはあくまで「自作による自伝」なので、「うそ」ではないが「脚色」は入っているのかもしれない。ある体験が記憶になり、それを思い出したときに事実がちょっと作り変えられることはよくある。しかし、たとえそれがオリジナルの体験とすこし違ったとしても、「そのように自分に感じられた出来事」という部分だけはその時点において真実なのだろうから、それはやはり「ほんとうのこと」なのだろう。

野口氏が言ったことにしろ、ノグチによる野口氏が言ったことにしろ、「医師=アーティスト」という発言はなかなか素敵だ。だが、そういう人物が奇跡のように希少だということも、また事実だ。しかし皆無ではない。その部分が、希望なのだろう。奇跡的にアーティストの感性を備えた医師に出会うことも在るかもしれない。そういう思いそのものが希望なのだろう。

 

私は医師ではないが、機械的な技術者、指導者でありたくないと思っている。以前にもこの日記に書いたことだけれども、この仕事をしていて、クライアントさんが辛い症状から解放されたり、痛くなくなったりすることは勿論嬉しいのだけれども、それがレッスンのゴールではないと認識している。痛みがなくなったり、状況が改善されて「ああよかった」と胸をなでおろして「オワリ」ではなくて、痛みや「できない」と思い込んでいたことで諦めていたことに対して自然な気持ちで「やってみたいな」「やってみようかな」と思ってもらえるような、そんな気分になってもらえたら嬉しいと思っている。日常の、なんということはない営みかもしれないけれど、そんな中ですこしクリエイティヴな気持ちになってもらえるようなら、とても嬉しい。それは「装飾」とか「贅沢」とは似て非なるものだ。そういう感受性が人間の「いのち」を支えていると思っているから、こういう仕事をしているのかもしれない。

なんということはないことだけれどもね。

 

 

2002年8月4日

やや暑さが和らいだような気がするが、どんなものなのだろう。先日受けた取材の原稿の校正とか、メールの返事とか、日々の記録などの書き仕事は何とかやっているが、その他の書き仕事系の思考能力はゲル化したままだ。うぅぅ。机に詰まれたままの資料が片付けられないことが、そのゲル化ぶりを物語っている。うぅぅ。

そんなことを言いつつ明日からは仙台である。がんばらなくちゃ。

 

先日、「とある猫専門の写真家が猫モデルを募集している。特にお金はかからないらしいよ」という情報を教えていただき、だめもとで応募してみた。うちの猫は黒いので、ライティングとか、なかなか素人には難しいのである。どうしても肉眼で見ているようには写真が撮れない。幸い、うちの猫はビデオやカメラ・レンズを厭わないのだが、どないなもんだろう・・・と、そんな動機で応募してみたのだが、ありがたくもお返事をいただいた。果たして撮影の運びとなるかは未定だが、とりあえず、モデルとして登録されたらしい。

しかしそんなことは親(私)のエゴイズムであって、今日もうちのこ(猫)は涼しいところを求めて、風呂場や洗面ボールの中で眠っているのだった。

 

2002年8月1日

今日から8月である。暑い。脳のゲル化が進み、思考活動はかなり停止状態である。なーんか、もう何が食べたいのかもわからなくなってくるんだが、マスカットなどの果物を凍らせて、すこしシャーベット状になったものがおいしい。

 

2日ほど前にとあるフリーペーパーの取材を受けた。アート関係のペーパーである。今年の2月に刊行された『サイケデリックスと文化』の中の、私の小さいエッセイを読んでくれてのことだった。あの文章は、私としては非常につたない、舌足らず感のあるものだったので(字数制限などもあったし)それでも何かを感じてくれるというのは、なんと言うか、うれしい。インタビュアーの女性いわく「「トリップ」を「新陳代謝」と表現しているのが新鮮」だったのだそうだ。取材陣は3名。会話を録音するレコーダーが回り、写真をとられたりしながらの会話は緊張するが、会話の内容自体は私も楽しむことができた。事前に知らせていただいていたいくつかの質問に対する回答は大体用意していたものの、その他の部分は「でたとこ勝負」であった。最近、初めてお会いする人たちを前にしたときに、その人たちから何を感じ、自分がどんな言葉を選び取り、何をしゃべり始めるのか、自分で楽しんでいるようなところがある。そういうことを最初から「楽しい」と思えていたわけではなく、最近楽しめるようになった、という感じなのだが、フォーマル(?)なインタビューでない部分でもわりと話が盛り上がって面白かった。しかし写真うつりはよくないかもしれんな。(それは被写体の問題なんだけれどさ)

 

エッセイの中で書いていることについては割愛するが、私の中であそこに書いたようなことでは、あれで終わった問題ではなく、これからも考えてみたりするだろう問題である。ひとが自分の生活に「変化」を欲するときというのは、どんなときなのだろう・・・と思ったりするのだが、それよりもむしろ、必要な変化を欲することすら自分に許可できないほどに「日常」に閉じ込められうる人間のリアリティ、「日常性」の側からこのことについて考えることのほうに重要性を感じている。表現として過激かもしれないが、日々仕事でお会いする人の中には、とっくにミイラ化しているのにまだ生きている人とか、代謝して身から離れ剥がれ落ちるべき皮膚や肉をみんなまとったまま生きているような人もいたりして、驚くことがある。そんなふうでも、生きていけるんだなあ、と感心したりすることもある。もちろんこれは物理的に肉眼でとらえられるその人の姿の話ではなくて(多少、物理にも反映されているんだが)「リアリティ」としてのその人のあり方、それが視覚変換されて私に感じられる像の話である。そのような「目」で人のからだを見ると、私はまだ肉眼視できる身体と同じ姿かたちの「からだ」を持った人間にまだ会ったことがない。一番「からだ」の部位数が少なかった人間は「目」と「手」しかなかったし、腰があってもお尻がなかったり、筋肉と骨格がぐちゃぐちゃに癒着していたり、目や足がひとつしかない人間はざらにいる。言葉にしてみるとなかなか異様だが、しかしそのような状況で生きていけることも、その人の能力なのだから、私はそれを即否定(改善?)すべき事態だとは思わない。しかし「それができる」ことと「それしかできない」ことでは意味が違うように、自分が今現在所在しているリアリティを不自由だと感じたなら、自分の「からだ」を確かめてみるのも手だと思う。

「一皮むける」という表現はそう言う物理現象を言っているのではなく、「性格・容姿・技術などが以前とすっかり変わったよくなる」ことを意味するわけだが、それが言語以上のリアリティを持って感じられたりする今日この頃なのだ。