2002年7月の「えこひいき日記」

 

 

2002年7月29日

事務所のベランダにはガラスの水槽が置いてあり、その中に「姫睡蓮」という小ぶりの睡蓮の鉢が2つと、めだかを2匹放してあったのだが、この気温や室外機の熱風で、水温が高くなり、睡蓮の葉が枯れ始めた。水の中に手を入れると明らかにしっかりとぬるいのであった。そのうちめだかがゆだってしまうと困るので、発泡スチロール製の箱を水槽に見立て、そこに睡蓮とめだかたちを移すことにした。発泡スチロールの箱に移してからは、水温はそんなに上がらず、常にひんやりした状態を保っているので、よい感じである。でもそれだけだと、あまりにも見かけが無粋なので、「インテリア・バーグ」と呼ばれる木製の園芸装飾用の素材で箱とコンクリートの床を覆い、なんとなく庭っぽくした。あくまでも、非常に「なんちゃって」風なのだが、まあよいのだ。

京都生まれ・京都育ちで、海のないところに育った私だが、水は何となく好きなのである。別に水泳が得意とか、そういうことでもなく、あくまで「なんとなく」なのである。ダイビングのライセンスも3つ持っているが、私にとってダイビングはあまり「レジャー」という感じではない。「自分で吸う空気すら自分で持ち込まなくちゃいけないんだから、こんなとこに行ったら簡単に死ねるなあ」という感覚が常にある。だからある意味ですごくこわいんだけれど、それは別の言い方をすれば逃げようのない冷静さを私にもたらすので、すごく落ち着く、という、奇妙な感覚の状況の中、海の中に入るのである。ダイビングにしろ、水泳にしろ、私はどうやらそこで「わー、お魚よ!」とか、がんがん泳ぐ、とか、そういうアクティヴィティを求めているのではなくて、ただ水に触れているのが好きなのかもしれない。海の中から眺める太陽は、とても好きだ。ときどきあれを見るために「海に潜りたいなあ」と思ったりする。

 

ところで、そのようにしてもとのガラスの水槽はベランダから撤去して、掃除するために流しの方に運んできて、水を張って一晩ほど置いていた。そして翌日水槽を見てみると、結構大きい(といっても、3ミリから5ミリくらい)タニシがいるのである。タニシのほかにも、何かうごうごした生き物が水槽の中を泳いでいるのである。「このこらは、いつ、どこからやってきたんだ?」という謎はあるものの、なんとなくけっこう感動してしまった。水槽の中は水槽の中で、いつのまにか一つの生態系を成立させていたのだ。そうして、何となくその水を捨てがたくなり、どうするかを考えている。おいおい、ベランダの箱池の中に移すか、それともここに新たな魚なんかを飼っちゃうか・・・などと考えている。

 

2002年7月27日

わが事務所にADSL開通。なんとなくめでたいのであった。

 

それにしても暑い。こんな暑い中、足を運んでくださるクライアントさんに感謝だ。私なんて、さっき猫を病院に連れて行って帰ってきただけで疲れてしまった。私は普段、事務所に閉じこもりっきりになることが多いのだが、部屋の中にいてもこの暑さはしみこんでくる。それをいーわけにしてはならないのだが、福岡から帰ってきて以来、めぼしい書き仕事をしていないのであった。ゲル化した脳みそが固形化するのを促進すべく、ベランダに水をまいたり、涼しげな水盤に花を飾って目から涼を取り入れんとする今日この頃である。

 

中国産のダイエット食品で死者が出た、というニュースは耳に新しい。「中国四千年の歴史」「漢方薬はナチュラルで安全」というイメージと、経済格差が広がり、けっこう「なんでもあり」になっている現実のギャップ、インターネットなどのネットワーク技術による物流の変化、「手軽さ」という「罠」・・・ニュースにはいろんな言葉が飛び交っている。私のアタマの中にも色々な言葉が飛び交ったが、まとめると「認識」と「情報」と「現実」の関係・・・という話になるのかしら、と思ったりした。私のアタマの中には何人かのクライアントさんの顔がぐるぐると動いていたのだが。もちろん彼らは今回の事件の当事者ではないが、同じような構造の問題に捉えられているという気が、私にはしたのだった。健康食品に何百万円も投じようとしてしまう人、「ボランティア」という言葉に弱く自分の生活を置いてまでほとんど反射的に参加してしまう人、いわゆる「完璧主義」でノイローゼになってしまう人、宗教にかまける人・・・

「自分が思っていること」としての「認識」、その「認識」を補強したり覆したりする「情報」、そこで「みえてくるもの」としての「現実」、それをどうとらえるかという「認識」・・・それはらせん状につながりながら行動、もっと大きく言っちゃえば日々の集積としての人生を作っていくものなのだろう。「(らくに?)やせたいなあ」という気持ちがあって、「こんなんありまっせ」という情報があって、その情報を「それはいい!」とか「ほんまかいな」と受け取る自分がいて、そして行動が分かれていく。

私の中にも「太りたくない」という気持ちはある。だから「手軽に希望を満たしたい」という欲望の存在を否定する気持ちに私はなれないが、ではどうして私はサプリメントに手を出さないのか、と考えてみたりする。ひょっとして、それは「希望」と「期待」の違いなのかな、と思ったりする。私はどっちかというと「やせたいわ」という「希望」は持つが、それを自分以外のものに「期待」することはあまりしないのかもしれない。そして幸いにも、「希望を満たしたい」という自分の希望に固執しなくてすむ程度に希望が満たされなかったり満たされたりしているのかもしれない。「希望」が「固執」に変わり、それが「期待」に変わったら、目をつぶって飛び込むように「えいっ!!」と手を出してしまうかもしれない。「固執」が強く長いほどに、他人が与えてくれる胡散臭い「ミラクル」を夢見てしまうかもしれない。でも「ミラクル」なんてめったにない・・そう思ってしまう私は現実主義者なんだろう。

でも現実を生きるのはなかなかタフだよな、とも思う。だからいいところで柵を作って、その柵内に自分を囲って生きていくことも、私には否定できない。お守りのように健康食品を食べ続けたとしても、熱を出しても筋トレを欠かさないとしても、悩み事があるとつい「瞑想」に逃げてしまうとしても、毎日同じ時間に掃除機をかけないと「気が狂いそう」になるとしても、それがその人の「日常におけるサバイバル方法」だとすれば、それを否定する気持ちになれない。でもその人にその意思があるなら、「それ以外の方法もあるかもね」ということを知ってもらいたい気がする。それが私という他人の与える胡散臭い「ミラクル」(癒し?慰め?)にならないように注意しながら。

 

2002年7月23日

あれよあれよという間に日々は過ぎ、もはや世間的には夏休みに突入。梅雨も明け、祇園祭りも終わり、福岡ワークショップも終わって、京都に戻ってきた。

 

福岡での仕事は3日間で、3日間ともメニューが違う。一日目は個人レッスンを教え、2日目は8名の方が対象の「日常動作」をテーマにしたワークショップ、3日目は、以前このホームページ上でも告知したが「コンタクト」がテーマだった。予定より大目の18名の方が参加してくれた。

 

2日目のワークショップのメンバーは、平均的なレベルからいうと身体能力が高い(体力があったり、スポーツなどに親しんでいたり、特殊な技能を持っているなど)人たちばかりなのだが、彼らだけの問題ではないとはいえ、だからこそ簡単に「できてしまう」日常動作は「死角」になりやすい。そのような日々の動作から得られた感覚が、自分の身体的感受性(「重い」とか「軽い」とか「硬い」とかいう感受性と、その感覚に基づいてどのくらいの力で物を持ち上げたり、支えたりしようとするなどの判断)の基盤になっているにもかかわらず、それが何によって成立しているかは不問に付されやすいし、少々「しんどいな」と思ってもちょっと我慢さえすれば、ちょっと力んじゃえば、「済んでしまう」動作であるだけに、改善しにくいという難点がある。それはある種、自分の中にあった「神話」を突き崩す作業でもあるのだけれど、いろいろ楽しんでもらえたのではないかと思っている。特に女性陣に対してアプローチした「ハイヒール・ウォーキング」は見ていてなんだか気持ちかよかった。だって、かっこよかったんだもん。ちょっと認識を変えてもらうだけで、かっこつけなくてもかっこよく、安全に歩いてもらえるようになるのは、やはりよいものです。

 

3日目のワークショップ「コンタクト」は、文字通り「接触」と「コミュニケーション」がテーマである。パートナーと組むダンサーに対して個人レッスンや、あるいは小規模なリハーサルとして「コンタクト」を教えたことはあったが、今回はさまざまな人が一堂に会した状況での試みであり、私にとっても実験的な意味合いが強いワークショップだった。

「コンタクト」は、わたくし的に、とても大事にしたいテーマの一つでもあるのだが、個人的に、これをテーマにしたワークショップや指導に接して満足したことは一度もなかった。多くの場合、技術的にも心理的にも、「相手に接する」ことを少し急いでいるように思えるのだった。それが微妙な心地悪さを相手と自分の間に産みだしているような気がしていた。相手がいて、そして「触れる」という、相手との親和を深めるような方向に意図される行為がテーマだけに、そのような違和感は無視されがちな気がしていた。しかし私のワークショップでは、あえてその違和感からも目をそらさずに、その上でどのような接し方が適当なのか、考えることにしてみた。今回ワークショップをやってみて、そのようなことを感じているのは私だけではなかったこともわかった。おっかなびっくり人に触れていた人が、少し落ち着いてさまざまな接し方ができることを知ってくれたことは嬉しかったし、「接し急ぐことが暴力にもなることに気がついた」というコメントが参加者の方から出たことも嬉しかった。パートナーやヘルプの手を必要としている人に対して「(相手に)してあげなくちゃ」というようなモードがいかにその人の心身の自由や感受性を奪う事態になりやすいかということ、そしてそのような方法だけが「コンタクト」の方法でないことを少しだけ知ってもらえたなら嬉しいと思った。

心地のよいふれあいは、ひとりの力では生み出せない展開をも生む力を持っている。しかし、接することは、ときに「こわい」ことでもある。近づき会って、相手を侵食せず、自分ひとりではできなかったような展開を生み出すには、安易に「とけあう」くらいでは埒があかないのだ。私自身、仕事柄毎日人のからだに触れるわけだが、どちらかといえば、人にからだを触れられることも、触れることも、好きではない。やはり「こわい」と思っている。「こわい」けれど、そのこわさは単なる「恐怖」ではなく、大事だと思えるからこその「こわさ」であるような気がする。「こわさ」は、それ自体が「拒絶」や「悪意」はない。だからこそ感じている微妙なことを、相手に伝えたり、共有したりすることが難しいことがある。そうやって、拒絶ではない、悪意がないゆえの我慢を重ねてしまって、最終的に「拒絶」でしか自分を守れなくなるのは、やはりちょっとむなしい。

 

またこの続きをやってみたいなあ、と思っているが、いつになるやらそれは未定。

 

2002年7月13日

書こう・書こうと思っていたのだが、大好きなダンス・ユニットJMが東京で開催されたコンペで2つの賞を受賞した。祝!ぱちぱちぱち!!

 

書こうと思っていたところにJさんからお電話をいただいた。以前から彼らが私に言ってくれていることなのだが、今の彼らの作品の作り方などには以前ここでのレッスンや色々と話したことがヒントになっていることがあるらしい。そういうのを聞くと、やはり単純にとても嬉しい。

これまた以前からこの「日記」のコーナーでも書いていることだが、表面的に痛みや困りごとを「消す」ので終わり、という仕事の仕方は私は好きではない。誰しも痛みや困りごとといった問題意識を持つことからレッスンを開始することが多いし、そういう方法でしか自己と向かい合えない人もいるから、それも「仕事のうち」だとは思っているが、やはり最高に楽しいのはクリエイティヴな感受性をもった人との仕事である。痛みや症状が治まったから「ああよかった」で終わるのではなくて、痛みなどに煩わされなくなることから発想が広がったり、あるいは症状を継続させるメカニズムを自分の行動や思考のパターンの中に発見することによって、それを「可能性」に変えられる人間と仕事をすることである。そういう人とのレッスンは、ぞくぞくするくらい楽しい。

でも、それがすごくタフなことだということも、知っている。倒れこんじゃったり、倒れないように踏ん張るのは意外と簡単だが、仮に倒れても気軽に起きあがっちゃえるような自由を自分の中に保つのは、すごくタフなことだ。そしてそういうタフな「日常性」が彼らのテーマでもある。

ともあれ、彼らは私をそんなふうにわくわく・ぞくぞくさせてくれる数少ない人たちのひとりだ。

 

彼らの活躍・受賞は心から嬉しいのだが、同時にそれを「我がことのように」喜んでしまうのはかえって失礼かなぁ・・・と心のどこかで考えている自分が居る。なんか「師匠ずら」しているみたいな、「自分の手柄」みたいにしている感じだったら、やだなあ、などと思ってしまう。だってこれは明らかに彼らの力だから。たとえ私とのレッスンの中で参考になったことが合ったとしても、それをそのように使いこなすのかは本人の才能である。(しかしことパフォーミング・アートの世界には、そう考えない人も多い。クライアントのあるダンス教師が「自分のアイデアを他人に勝手に使われた」(実際はちょっと違っていたのだが)といって大騒ぎしていたこともあったし、ある音楽家で人脈に対する所有欲が強く「私が紹介した人なんだから、私のものだ」と主張して紹介した人物と友人が仲良くなることに激怒する、などということもあった。)

彼らもいろいろと気を使ってくれて「甘えすぎだったら言ってください」などといってくださるし、こうして電話をくださったりする。お互い、気を使いすぎかしら・・・と思うこともあるが、でもやはり「なあなあ」にしたくない気持ちはある。盲目的な信頼は裏切りに等しいと思っているから。

 

コンクールやコンペティションに出場するアーティストは多い。私のクライアントの中にもけっこういる。だが、その参加動機はさまざまで、みてもらいたい作品、作りたいものはあるというよりも「まず認められたい」という気持ちの方が勝っている人もいる。プライズでしか自分を計れない状態になっている人も居る。それでまず売り出して・・・という人も居るが、彼らのコンクールの参加の仕方はちょっと違うかもしれない。勿論、コンクールのプライズは「勲章」になるだろうが、だからといってそれで作品が変わる(変える)人たちではない。受賞がどういうきっかけになるかはわからないけれど、より作りたい作品を作りやすい環境になることを願ってやまない。

 

2002年7月12日

台風のやってきた10日は、京都では祇園祭の「鉾たて」が行われる日で、雨の中どうするのかしら・・と思っていたが無事に執り行われたらしい。巡行は17日。その前日は「宵山」、そのまた前日は「宵々山」と呼ばれ、そのまた前日が日曜日でもあるから「宵宵宵山」あたりから、ここら「鉾町(ほこちょう)」と呼ばれる鉾の建ち並ぶ界隈は夕刻からすごくなるだろう。それに合わせてクライアントの予約を調整しなくてはならない。

 

今の事務所のあるあたりは「鉾町」でもあるが、デパートなんかもある繁華街である。おかげで買い物はすごくらくだ。ちょっと足りないものが出来てもとりあえずデパート方面に行けば手にはいるし、そのデパートも年々営業時間が長くなっているので助かる。現在の私のデパート依存率は高いと思う。デパートの近くにいつもコーヒー豆を買うコーヒー豆屋さんがあったり、錦市場があったりするので、純粋にデパートだけで買い物をしているのでもないが、時間があるときはエレベーターで最上階に行きエスカレータで下りながら各階を見るのが好きだ。

子供の頃、デパートは「およそゆき」を着て「お出かけ」する場所だった。デパートはとても遠くにあるもののように感じていたが、そう考えると今とのギャップはすごいものがある。子供の頃、デパートに感じていたさまざまなギモン(例えば、「どうして最上階では「生きている生き物」を売っていて、地下では「死んだ生き物」を売っているのか、とか)があったが、今でも謎は多い。そしてその謎は楽しいのである。例えば「大食堂」。周囲にお蕎麦屋さん、中華料理店、イタリアンなど、「専門」のお店があるのに対し、「大食堂」のメニューは百科事典並みのサイケデリックさである。ほんとになんでもある。多分、家族ずれでデパートに来た場合、子供や大人、お年寄りなどのさまざまなニーズにこたえながら一緒に食事が出来るように、こういうメニューになったんだろうが、では家族とはサイケデリックなものなのか?などと考え始めると止まらなくなる。

最も近所にある「丸デパート」の場合、屋上階には食堂街とペットショップと園芸用品などがある。「高屋デパート」の場合、屋上はやや閑散としていてこころなしかペットショップの店員の対応もそれ風なのだが、「丸」の場合は結構賑やかだ。初夏の、まだ日差しがやわらかめの薔薇の花盛りの日など、屋上のベンチでお弁当をひろげてお花見をしている人もいる。ペットショップではうちの猫のご飯を買い、籠に入れられたさまざまな鳥たちを眺めるともなく長め、エスカレータに乗って階下に移動する。デパートという建物内で美術展が開催されているのもなんだか好きだ。最近「丸」ではミュージアムの周囲にかわいいアーティスティックなデザインの雑貨や文房具のコーナーを作ったので、時間があれば必ず見る。ディスプレイがしょっちゅう変わるのも面白い。食器のコーナーを見るのも好きだ。あまり買わないが、どの皿にどんな料理を入れるといいかな、とか、花器に使えそうな食器とか、ぼんやり見るともなく見るのが好きである。お洋服は、あまり見ない。服に関しては、もうそれを買うために足を運ぶか、さもなくば見たとたん欲しくなる、いわゆる衝動買いかのどちらかで、「見るともなく見る」というような見方はしない。アクセサリーも同じだ。

地下の食料品売り場も好きだ。錦もそうなのだが、私がデパ地下や錦市場の雰囲気が好きなのは「呼び声」がごく控えめか、ほとんどないからかもしれない。私は子供の頃、近所の市場の魚屋のおじさんの売り声が怖くてうるさくて「うるさい」と言ってしまったことがある。おじさんはすごくすなおに「あ、ごめんね」と言ってくれて、それでほっとしたような、申し訳ないような気持になったのだが、私は個人的に至近距離での売り声が苦手なのである。だから狭くて忙しいラーメン屋なども基本的に怖い。どやされながらご飯を食べているような気分になる。デパートの地下食料品売り場は夕方くらいからセールをするので、そのくらいに行くのがよい。が、その頃にはお腹も減っていて、しかもセールになっているのでついいろいろ買ってしまいそうになるという難点もある。

 

こうした考えると、私にとってデパート行きは日常的な行動でありながらも、買い物以外の要素もたくさんある行動なのかもしれない。そういえば私は書き物に行き詰まると近所のお店をふらふらしたりすることがあり、基本的に考え事モードなので、目も前に知り合いが居ても気が付かないこともままある。東京でのインテリア・ショップ周りよりは小規模だが、「考え事」をするために歩いているのかもしれない。

 

そういえば昨日、クライアントの一人とレッスンの中で「様式」の話をしていた。インテリアにはその人の精神状態が現れることがあるのだが、そのクライアントは非常に繊細な感受性を持っているのだが、調子を崩すとその鋭敏さがしんどい方向に働いてしまい、体調も崩れるし、部屋が片付けられなくなったりする。部屋が片付けられないのは、それでいいと思っているからではなく、どういうふうにすることが自分にとって居心地がよいことなのか、見失ってしまうからである。だから、気持ちはあるのに具体的な行動に出れず、それで二重に苦しくなり、混乱を強めてしまう。「からだ」を通して自分にとって望ましい状況をそのような具体的な行動によって作り出せるかを考えるのも重要だが、そうして得られた「体感」がどのように生活や表現に反映されるのかを話すこともときに重要なことである。彼女(クライアント)とは「落ち着く部屋の感じって、どんな感じなのか」について話してきたことがあったが、かつて彼女は決まってミニマリスティックなインテリアを指定してきた。真っ白な壁、真っ白な家具、真っ白なリネン。生活を感じされるような小物が一切表に出ていないような、そんな空間だ。「生活の用具は、どこにあると思う?」という質問に、かつて彼女は「・・・かばんの中、かなあ」と答えていた。隠れた収納があると思えない、生活に必要なものはかばんに入る分だけで、それ以外はない、と。彼女はよく大きなかばんを持ち歩いていた。どこに行くにも、まるでお泊りをしに行くようないでたちだった。それはそのまま彼女の「居場所の見つからなさ」を反映したものだったのだろう。

彼女は「様式」が理解できない状態だった。「様式」に似たものを作り出そうとすると、何もかもを「統一」してしまうのだ。そういう方法しか思いつけないで居た。だが、最近少しずつ変化してきた。ミニマリスティックな部屋とある意味で対照的だが、博物的な部屋、というのがある。渋澤龍彦邸やココ・シャネルの居室にそういう感じを私は抱く。その部屋の中にあるものは一気にそろえられたものではなく、一つ一つ、徐々に、ばらばらな時間に集まってきたものたちなのだが、だからといって「ばらばら」な感じはしない。それで一つの空気を作っている。その空気感、それが多分「生活様式」というものなのだろう。「もの(物体)」ではなく、その「関係」を感じ取れなければ、「様式」は生み出せない。彼女はどちらかというと、激しく「もの」に注目してしまう方なのだった。「もの」と「もの」との「関係」が読めないから、配置が出来ない。片付けられないのである。(ちなみに彼女は文章を書くのも極端に苦手だ。「単語」は書けるが、それを「文章」にすることがなかなかできない。彼女の選ぶ「単語」自体は非常に的確なのに。)

「もの」は目に見える。しかし「関係」は、目には映りはしているが、それは「もの」を通してであってそれ自体が可視化されているわけではない。そのへんがややこしいが、それがみえないと、やっぱりしんどいかもな、と思うのである。

 

2002年7月10日

ワールドカップもいまや昔という今日この頃、台風がやってきた。幸い、京都市近郊に深刻な影響はなかったようだが、私のところでは東京から来るクライアントが新幹線に閉じ込められてしまったりした。うー、大変である。

 

最近の私のところで大変だったことは、そんなにはないのだが、ちょっと忙しくて睡眠時間が少なめで肌が荒れやすいのと、あと、神のごとく遍在する猫の毛によって電化製品が壊れやすいことだ。以前、ノートパソコンの電源を入れると「じじじっ」という音がして「ひゅーん」と電源が落ちてしまうということがあったが、これはどうやら冷却用のファンや通気口に猫の毛が入ってしまったことによるものらしい。掃除機で厳しくバキュームすると症状は回復したが、先日もおんなじことが起こってあせった。また、昨日はテレビデオが暴走した。突然リモコンが聞かなくなり、「電池切れかなあ」と思って直接本体のチャンネル・スイッチを触って換えようとしたら変わらず、主電源を切っても音声だけは流れ続ける。さすがにプラグを抜くと止まってくれたが、何が原因なのだろう。ただ、このテレビには、これより高い棚からよく猫が飛び降りていたし、猫の毛のこともあるので(このテレビの通気口は上部についているのでより毛が入りやすい条件にある)、そのせいかなあと思っている。電球は2個切れたが、それとの因果関係はわからない。

 

睡眠時間のほうは、ちょっとした空き時間にお昼寝をするとかで、今のところ結構フォローできるのだが、最近高まるのは料理への欲求である。私は一人で飲みにいくことはするが、一人で外でご飯を食べることはまずしない。だから必然的にご飯は自分で用意をするのだが、しかし忙しいときにご飯にかまける時間は作りにくい。んじゃ、そうやって時間を節約して満足かというと、そうではない。私はご飯にかまけたいのである。別に時間や手間をやたらにかけて食事がしたいわけでもないのだが、時間を気にしないでご飯くらい食べたいのだ。ごっつ「ふつう」な欲求なんである。

考えてみると、私のバイオリズムはあまり時計に頼ったりとか、時計によって自分の生活を管理する要素が少ないように思う。仕事では、約束をして所定の時間に人に会うので、自分の気分やモードだけで動くわけにも行かないし、時計によって自分の行動を管理したり制限したりもするが、食事や睡眠に関しては「時間を決めて動く」ということがあまりない。食事の時間や寝る時間を決めているわけではなく、基本的に食べたいときに食べて、眠りたい(最近は「眠れる」だが)ときに寝る生活で、目覚し時計も使用しない。目覚ましはもう10年以上は使っていない。自分でもどうして仕事に支障をきたさずに目が覚めることが出来るのか、不思議だったので調べてみたことがあったが、私の睡眠・覚醒はランダムなようでいて一つのリズムをもって安定しているようだった。

「何時に起きて、何時に寝る」などと言うと、そのように決めて行っているようで、決めないと決まらないように思われがちだが、そういうわけでもないように思う。「そういうかたちになる」だけであって、本当に見るめきなのは「何時」という「ピークポイント」ではなくて、「そこに至る流れ」であったりする。流れが安定していれば、自ずとピークポイントは決まってくる。

今の私の食事の感じは、自分の好みの「流れ」からちょっとずれているのかもしれない。あんまりずれるとやっぱりやばいわ、と思う今日この頃である。