2001年10月の「えこひいき日記」

 

2001年10月30日

もはや年末や来年の予定を考える時期になってしまった。

私は、「隠蔽」するために自分の仕事をするのではなく、「開く」ために仕事をしたい。たいてい、私が仕事を通して対峙する「こと」の姿はグロテスクに見えたり、怖いものに見えたり、「問題」や「びょうき」と呼ばれたりするものだが、その見かけの目くらましに眩まされることなく、私はその奥にあるものを見たい。

私はこの数年、京都でのレッスン以外の仕事を減らす方向で動いてきた。それには私なりに明確な意図があってのことなのだが、ことに今年に関してはほとんどワークショップや講座を行っていない。去年の実施数と比較すると半分以下に減らしている。それは経済行為としては非常に経済的ではない活動の仕方なので当然インカムに響くのであるが、んじゃそれで暇になったかというとそうではなく、何がほしいって、私は今一番時間がほしい。減らしたいものなどない。ただ、考えるということがしたい。きちんと「ひとり」になって考えることが。

「考える」という行為は、即物・即効的な目的意識から少し遠い行為だと思う。

例えば、日々のレッスンの中で私は出来るだけ「具体的に」、わかりやすく問題に対処しようとする。「からだ」…ここでいう「からだ」は物理的な肉体のみならず、目の前にクライアントが自分の身体をどのように認識しているか、自分でもそれとは知らずその認識に基づいてどのような行動をとっているのかをも意味する「からだ」なのだが…を通して、「基本的に」クライアントが持ち込んできた問題意識に忠実に対処する。習慣的な痛み、疲れやすいからだの部位、可動域の狭さ等々、「生まれつき」とか「しかたない」とか「才能がない」「能力がない」などと自他ともに評価されがちな困り事が、実は身体構造や動作の誤認からくるものが大半で(特に習慣性、職業病などと評される症状のほとんどがそうだ)、しかもその誤認が固定化(それしかやり方を知らない)に陥っていることによってより強固な困りごとに発展することを知ってもらい、そのことによって症状が軽減されたり、なくなったり、楽になること…それはそれでとても大事なことだと思っている。

しかし、それが「目的」「ゴール」になってしまうことについては、辟易している。ハウツウに陥ることに、うんざりしている。単に物理的な意味での身体の問題、ただの解剖学、暗記知識の問題に矮小化されるのを危険視している。「生きている」ことを矮小化するのはやめてくれ。アレクサンダー・レッスン(少なくとも私の)で対象にする身体的症状が、外科的に急性なものではなく、「体質」だの「職業病」だのと評されることから察して、肉体というよりもっと「自己」に近い問題なのだと、もっとはやく気づいてくれ、と願う。

こういう「生まれつき」だから出来ない、仕方ない・・・と思い込んでいたものが、「使い方」を学んで可能性が広がり「らく」になることで、そこから何が始まるのか…私にとってはそれがとても大事なことなのである。人によっては、そうして目の前に道が開けてしまうと呆然としてしまう人も多い。障害物を目印に、その方向へ進むこと、それを超えることが「向上」や「進歩」だと思い込んできた人には、ガイドラインも目印もないその「自由」をもてあます人も少なくない。何かや誰かをカリスマ化し、誰かを敵に見立てて、失敗したらそいつらのせいにする生き方の方が「らく」でいいかもしれない。「らく」になることが、人生のゴールなら。でも、なんで「らく」に生きたいのか、考えてみてほしい、と思うのだ。それは自分らしく生きていくためじゃないのだろうか。指標は自分の中にある。自分の中にしかない。それは時にとても孤独なことだ。その孤独を、ど真ん中に据えて生きていく必要はないと私は思う。けれど、できたら、その孤独を隠蔽しないでくれ、とも思う。即効的にではなく(そうでありながらも)考えながら、生きる、とはそういうことなんだ。

私はこれまですごく恵まれて仕事をしてきたし、一人一人の人と会ってレッスンをすることを楽しんでいる。いのちがけで、苦しいこともある。でもそれすら「楽しい」と思う。けれど、同時に私は膿んで腐りそうなものをアタマにかかけていることを、いよいよ無視できなくなってきているのも感じている。毎日のレッスンが「具体的」で、(その度合いの大小はともかくとして)「改善」という方向の「変化」を目指すものだとしたら、それはそれでいいのだけれど、では、それでいいのかというと、私はそれだけではだめで、「変化」という動揺を重ねながら生きることの意味を、さらに考えながら仕事がしたいのだ。

そんなことを「これからの予定」を考える際に考えた。アタマに充満しているものは書き下ろしというかたちでアウトプットする予定である。

 

2001年10月28日

日曜日の道を走る車の音の間に、アスファルトの上を舞う枯葉の音が混じっているのに気がついた。目で紅葉や落葉の季節を感じる前に、耳で感じた。なんだか新鮮だった。

 

2001年10月24日

2日前の点滴の後、過労からくる高熱はすっかりひき、まだ若干からだのだるさがあるものの、よく眠れるし、食欲もあるし、普通に仕事をしている。

さて、1ヶ月くらい前に、長い長い今年の夏がようやく秋に移行し始めたころ、石鹸作りを再開したのだが、それらがようやく出来上がってきた。今回のテーマは「スキンケア」で、秋から冬にかけて乾燥しがちな肌にやさしい使い心地の石鹸が作れないかな、と思って、作ってみたのだ。

石鹸作りとは、要するに飽くなき「実験」である。石鹸の作り方を紹介した本を参考にしながら、材料の組み合わせや、オイルとアロマテラピーようのエッセンシャルオイルとの香りの相性を考えたりするのは楽しい。香りの配分を考えるときには、たいてい材料となるオイルにエッセンシャルオイルを少し混ぜてみて、バランスを推測したりする。ほんと、理科の実験である。私はけっこう自分で試してみないときがすまないタイプなので、「どうかな?」と思ったものは試してみる事が多い。このあいだ、ある石鹸のレシピ集に「大豆石鹸」というのが載っていて(ちなみに市販品もあるそうだ)「美白効果」「お肌しっとり」とあったので、ためしに作ってみた。その製法は、私が普段行っている「低温で反応させ成熟期間1ヶ月」というものではなく、割合高温でオイルと苛性ソーダを反応させ、およそ4日後には使用可能になるという製法だった。そんな短期間で使い心地のよい石鹸が作れるならいいな、と思ってやってみたのだが、結果から言うと、私には合わなかった。私がいつも作る石鹸よりしっかりと固まったそれは、溶けにくくてよいといえばよいし、きな粉の甘い香りも悪くなかった。洗い心地もさっぱりとしてよい。夏の手洗い用にはよいかもしれない。しかし(私の場合)体を洗い続けていると2日後くらいからすこしかさかさするような感じがし、顔を洗ってみたら荒れて皮が剥けてしまった。なかなか難しいものである。

実験と言えば、今回作った「スーパープレミアム石鹸」というのも実験試作品であった。以前から作っている「プレミアム石鹸」(原材料はオリーブオイル、スイートアーモンドオイル、ホホバオイル、ココナツオイル、パームオイル、苛性ソーダ、精製水)のホホバオイルとオリーブオイルの量を増やしてうんとマイルドなものを作ってみようと思ったのだ。しかしここでの問題は、やわらかすぎて石鹸として固まらないのではないか、油分が多い分洗浄力はどうか、という点で、成熟中も気がかりだった。こういう感覚って蒔いた種がいつ芽を出してくれるか待つのに似ている。そうして出来上がった石鹸のできばえはわれながら上々で、荒れていた顔の皮膚も治ってしまった。(にっこり)

というわけで、もしも気が向いたら是非お試しください。現在「スタジオK」で在庫分販売中です。

 

2001年10月22日

2日前の土曜日の仕事が終わってから、なんだか体中の骨が数ミリづつずれてしまったような違和感を覚えた。何でこんなに疲れやすいんだろう…と思っていたら、それは発熱であったようだ(今から考えれば)。いつも私が風邪をひくときは、必ず喉か鼻に来て、めったに発熱などしないせいと、体はしんどいが元気だったせいもあって、「それ」が「高熱」であることにまったく気がつかなかった。うかつ、うかつ。自分が熱を出しているのに気がついたのは、昨日の日曜日、美術館の中であった。体の節々が痛み、髪の毛を触っても痛みを覚えるので、さすが変だと思って、つれの人間に額を触ってもらうと熱かったのである。それでもきっちり龍門石窟の仏像を見て、帰ってきてしまった。

今朝になっても熱は下がらなかったので、6年ぶりくらいに内科に行った。高熱と喉の腫れがあるので肺炎だといけないということで、念のためレントゲンを撮影した。肺はきれいなものだった。「耳鼻咽喉科に行ったほうが治りが早いですよ」」とのことで、そのまま紹介された耳鼻科に行くことになった。基本的にボーっとしているので言われるがままであった。その内科に行くためにタクシーに乗ったときも、近道をしようとした運転手さんが道を間違えて迷ってしまい脱出するまでにしばしの時間を要したのだったが、だるーい体の身にはどーでもよいことであった。「どーでもいい」などと思う自分の反応をして、「あ、これはあかんわ」と自分で思った。耳鼻科では、これほど喉が腫れているのに痛みがない(と私が言う)ことをいぶかしがられ、高熱があることを同情され、「過労」と診断された。なるほどねー、と思った。過労は風邪を呼びやすいが、過労は風邪とは違う。風邪は基本的に体の問題だが、過労は、要するに「やりたいこと」と「(物理的に)やれること」のアンバランスから起こる。とはいえ、過労も放っておくと「もう、なにがどーでもいい」ような感じになっちゃうし、ある意味、風邪よりたちが悪くなる。いかんいかん。というわけで、15年ぶりくらいに点滴をうってもらった。点滴には3本分の注射液が加えられ、点滴している間に何度も「気分悪くないですか」「痛くないですか」と医師や看護婦さんに聞いてもらい、なんだかほっとしてきた。そして5日分・5種類の薬をもらって事務所に戻ってきた。

点滴を受けながら、いつもながら(点滴や注射のことを考えるときいつも思う)「人間の体の中に物質を直接入れてしまおうなんて、だれが、いつ、最初に思いついたんだろう」などと考えていた。左のひじの内側から入った液体が肩のあたりに流れてくるのがわかる。不思議な感触。

点滴のおかげでずいぶん元気になってしまったが、ここで調子に乗ってはいかんのだろうなあ。

 

2001年10月16日

私は「気分転換」がてら、事務所の書類整理をすることがある。別に几帳面だからと言うわけではなく、文字通り「気分転換」なのである。事務所の書類や書籍類は増殖はするが、基本的に減ることはない。何となく、気分的にさえない日々が続くと、そうした書類たちはただただそのへんに置きっぱなしになり、まるで自分の内面が裏返しになって外に出ているかのような状態になる。それはそれで「自然」な状況なのかもしれないが、そういう状況でい続けたいと思っているわけではないので、「外」の自分を片付けることからはじめるのだ。何所に何があったか、何所に何を置いたほうが今の自分には動きやすいか、淡々と、見極めながらからだを動かしているうちに、気持ちもおさまって、また「やろか」という気分になってくるのだ。

書類整理をしていて、われながら驚くのは、意外に捨てるものが少ないことだ。増やしたいものも、意外にない。ブックエンドみたいなものとか、小物整理のための箱とかも、一瞬「あ、足りない。買わなきゃ」と思うのだが(お買い物は好きなので、そういうのってうれしくなるのだが)、配置や組み合わせを変えているうちに、手持ちのものでいけてしまうことの方が多い。モノは増えも減りもしないのに、分類や配置関係によって全然落ち着き方やはかどり方が違うのは、「からだの使い方」というのもそうなんだけど、なかなかの威力をもっているのである。

そんなことをしながら、「もしも胸部臓器(肺とか心臓)の位置と腹部臓器(胃や腸や肝臓などなど)の位置が逆で、心臓より上に胃があったら歩きにくいだろうか」などと考えたりする。肋骨は、生存に直接かかわる心肺を守るために在るのだから、心臓の周りにこの骨の囲いがないと意味がない。同時に肺も移動しなくてはいけないことになる。すると、今の「おなか」の位置で心臓と肺が肋骨に囲まれて「ドクドク」いったりしているのだから、前かがみなどはすごくやりにくくなる。振り向くことも、相当やりにくい。背伸びも無理があるし、やはりこの体制(体勢)での二足歩行は無理だ。腕による防御もしにくいから、けりでも入れられたら避けようがない(相手の人間が「蹴れる」体つきであるという前提においてだが)。血液を送るにも、おなかの位置では頭部から離れているし、脳への血液供給が大変。血圧も今より高くないと、安定供給は無理だろう、すると、この心臓のサイズでは無理だ。今と同じ能のパフォーマンス(思考力)を保とうと思うなら、心臓を巨大化させるか、脳の機能をリストラして絞るか、どちらかしかない。うん、やはり「むね」は「おなか」の位置にない方がよい。

「生活動線」という言葉がインテリア用語(?)としてあるが、これはものすごくフィジカルな問題だ。それは自身の身体認識の問題ともかかわる。「それ」が「なに」で「なに」が「どこ」にあるのかわからなかったら、つなぎようもないからだ。それはその人の挙動にも現れやすいが、家や部屋の様子にも反映されやすい。私はクライアントさんの何人かの部屋の整理の問題(とそれに纏わるフィジカルな問題。例えば眠れないとか、落ち着けないとか)にのったことがあるが、たいてい「それ」「なに」「どこ」の問題の混線(無もしくは未認識)に則っていることが多い。たいてい引っ越す必要も、大々的に家具を買い換える必要もなく、「配置」と、それが生み出す物同士の「関係」の問題であることが多い。

そんなことを考えながら、腕を動かし、足を動かす今日この頃でなのである。

 

2001年10月9日

昨日、いとこの犬のお見舞いに行った。いとこの犬は、ゴールデンレドリバーで、男の子で、9歳。この夏、あまりにも夏ばて症状がきついので医師にみてもらったら、肺にちょっとした影が発見された。外科手術という方法もあるが、歳のことも考え、今後の彼の「生き方」を考えるに、手術は止めて、様子を見ることにした。一時は一気に5キロも体重が減少していたのだが、幼児(犬)食を食べて少し回復し、元気になってきていた。

けれども「また具合がよくないの」との知らせをもらった。「もう長くないかもしれない」とまで言う。それでお見舞いに行くことにした。

アレックスという名のその犬は、とても人懐っこくて礼儀正しい。目の周りの毛が白くなり、口元に力がなく、息も熱くて(微熱があるのだ)とてもしんどそうなのに、人が訪ねてくると喜んで走り回ってしまう。「もういいから、いいから」と言っても走り回って、顔をなめてくる。体はしんどそうだけれども、アレちゃんがいつもと変わらず「健康」だったことにうれしくなりつつも、ちょっと切なくなった。

しかしそれ以上に印象的だったのが、いとこ(13歳年下の女の子)とおばの態度だった。とても落ち着いていて、「ふつう」だった。いとこなどは「アレちゃん命」の子で、昔はよく「アレちゃんと結婚する」などと言っていたくらいだった。でも、とても落ち着いていた。それは、私には「どんな最後になっても、最後まで一緒に生きよう」という明るい覚悟のように思えた。

それはたぶん、アレちゃんにとっても「生きる希望」になると思うのだ。アレちゃんに、「どんなに苦しんでも生きていてほしい」と思っているわけじゃない。でも、望んで苦しむひとなんていないと思うけれども、苦しむ以外に自分の在り様がないときに、それをみて、愛するひとたちが苦しむことのほうが、たぶん病人にはつらいと思うのだ。私が病人なら、自分が死にゆくことを悲しんでもらうより、生きていることを共有したい。祈りとか、願望に過ぎないかもしれないけれど、自分と死に別れたときのつらさを記憶するよりも、生きて会えた時間をたくさん記憶していたいと思うのだ。だからアレちゃん、ずっと、最後まで一緒にいよう。堂々と最後まで一緒にいようね。

 

2001年10月8日

ついにアメリカ側の武力報復が始まってしまった。これまでの流れから考えると何らかの形での武力報復は避けられないとは思っていたが、しかしどこかで回避されることをずっと祈ってもいたから、なんか「やれやれ」という感じである。意外に冷静?な自分の反応に自分で驚いている部分もあるが、しかしこういう形になった以上、問題は「引き際」である。どのようにして武力報復の終わりを作るか。武力報復は文字通り「仕返し」ではあるが「解決」ではありえない。アメリカ側が「武力報復はテロ殲滅のため」などと言っているが、要するにそれは力のデモンストレーションなのであって、それで問題が終わるわけではない。アメリカが「正義」を、テロ側(と言っていいのか?まだ本当にタリバンやラディン氏がどのように今回のテロに関与しているのか釈然としないのだが)が「ジハード」(これも多くの敬虔なイスラム教徒の方たちにとっては、意味が違うみたいだが)をよりどころにするのはかまわないとしても、それがどうして「他人を傷つけてもいい」ということになるのかがわからない。「テロ」という行為には私だって反対なのだが、しかしそれがどうしてタリバンを攻撃するということになるのかが、私にはやはりわからない。本当の問題は他にあるのに、わかりやすく問題を矮小化しているような気がしてならない。

私は暴力は、嫌いだし、怖い。ただ、それと同時に、「暴力」という方法でしか自分のアイデンティティを守れない状況にある人に対して、ただその行為を忌み嫌ったり、恐れたりする以外の「感覚」が働くのも自分で感じている。その「感覚」ないし「感情」をなんと名づけるべきなのか、自分でもよくわからないのだが。

例えば、「やくざ」にしろ「マフィア」にしろ、個人としてその生き方をしている人は実はまれで、たいてい団体として存在している。「自分の生き方」としてきっちり「無頼」がやれるほど自立(自律)した「やくざ」な人間は実は非常にまれだ。自分を自分で制御できない者がある団体のルールに身をゆだねることによってかろうじて自己を保っていることはよくある。「やくざ」うんぬんは別としても、自分で自分を律しきれない場合に自分の信頼する人や団体のルールに身をゆだねてみるという生き方は、基本的にはそんなに「わるい」生き方ではないと思う。基本的には社会人や学生なら誰しも経験している生き方のパターンではないだろうか。「ゆだねる」というといかにも依存的に聞こえるかもしれないが、私だって何でも自分でやってるわけではなくて、「法律」によって身を守ってもらったり、「医療」とか「理容」とか、自分では出来ないことをプロにお任せすることで、自分の生活を快適にしている。ただ、そうした「ゆだね方」が生き方としてそんなに「わるいことではない」と言えるのは、わずかながらでもゆだねる本人の自由意志がそこにあってのことではないだろうか。私にはそんな気がしている。

それはともかくとして、映画やビデオの題材として「やくざ」や「マフィア」がかくも魅力的なのは、誰しもが「なんとなく」は感じている既存のルールへの「なんで?」や「NO」に真っ向から不器用にぶつかる人間の「勢い」に一種の「輝き」を見ちゃうのであろう。「暴力」という行為でしか自分が自分でいられないところまで、自分のバランスを崩せない(でもそういう願望はある)人間にとってはちょっと「うらやまし」く思えたりするかもしれないし、同時にそうした不安定な人たちをまとめる「やくざ」や「マフィア」の「組」「団」のルールがとてつもなく厳然としていて非情であるところが「頼もしく」思えたり、その世界にいる限り、その非情さが「絶対」や「正義」であったりする。

自分を律する勇気がない人間は他人の要求する戒律に厳しいものを期待したりすることがある。「厳しさ」に自分との絆の深さや確かさを見出そうとする。要するに、インパクトに酔っているのだ。もしそこに「わずかばかりの自由意志」さえ存在しなくなったら、ヒステリーを起こすかもしれない。

私には現在のブッシュ大統領の人気や小泉総理の人気が「やくざ映画の人気」に似たようなものに見えてきてしまった。

 

2001年10月3日

「仲秋の名月」はあいにくの曇り空で見れなかったが、昨日の夜は月を見ることが出来た。お月様を見るのは好きだ。

満月を見ると変身してしまうのは狼男だが、うちの猫も満月をバックに元気であった。御年8歳、ということは人間でいると40過ぎ?らしいが、1歳以上の猫はあまり容姿に変化もなく、相変わらずかわいいままだ。猫用のおもちゃの紐に興奮し、紐を追いかけて空中一回転などやっていたから、ほんと、元気でかわいい40歳だ。

そういえば、某雑誌の猫に関する対談で町田康氏が「人間でいうと10歳くらいのココア(♀猫)に40歳くらいのケンゾー(♂猫)が突然日向ぼっこしているところに飛びかかったりするんですよ。人間の世界では100歳くらいのおばあさんに40歳くらいの男がわけもなく殴りかかるって、考えられないですよね」とか言ってらした。笑ってしまった。猫にとって「年齢」って、人間の世界ほどには「ルール」ではないのかもね。ちなみにココア猫様は女王様体質とかで、「あなたが生きているのは私をおなかの上に乗せるためでしょう?」と仰せになるお方だとか。わかるわかる。猫だから許す。人間だったらぶっころすかもしれないけど。

 

2001年10月1日

 

ビヨークというシンガーが1995年に出したアルバム『POST』の2曲目に「hyper-ballad」という曲がある。1曲目に入っている「army of me」と同じくらい好きで、気分を前向きに持っていきたいときによく聞く。

ただ、歌詞は(表面的には)「前向き」と呼べるものかどうかはわからない。「army of me」はタイトルの通り「あんたの言っていることは間違ってないけど、でもあともう一言でもなんか言ったら、私の「軍隊」が出動することになるわよ」という「いかり」の曲であり、「hyper-ballad」は、歌詞が一種の物語になっているのだけれど、山の上に夫?(恋人?)と住んでいる女性が、パートナーが目覚める前に毎朝ものを谷底に投げ落とす、という曲である。物を投げながら、自分が谷底に落ち、岩にたたきつけられるところを想像したりする。そして「谷底にたどり着いたとき、私の目は開いているのかしら、閉じているのかしら」などと言う。歌詞の中でこの女性(女性だと思うんだけど)は「そうすると少しほっとして、あなたと一緒にいることが出来るの」(すまん、意訳です)と言っている。

私の中では、この2曲は「同じこと」を「違う角度」で歌っているような気がする。

「日常」は、タフでサバイバル。毎日をただ生きるのは何とかなるけれど、ちゃんと生きるのは大変なのだ。曲の中のこの「私」は、なあなあで温和に日々を済ますのではなく、逃げずにまっすぐ生きている。そういう姿勢が多分、私を「前向き」にしてくれるんだろうと思う。

 

私は暫定的にこの曲を「いかり」の曲なんて言ってしまったけれど、本当には「怒り」(誰かに対する)だとは思っていない。ただ、それによく似た感情、エネルギーみたいなものは感じるのだ。「army of me」でも「hyper-ballad」でも「私」の前には誰かが存在しているのだが、「私」の「いかり」はその誰かに向かっているわけではない。(「hyper-ballad」の中で「私」はパートナーに自分の行動は何も話していないし、「army of me」においても、相手に語りかけているような形式をとりながらも、本当に相手に口に出して言っているようには思えない。「私」の中での会話なのだ。)相手によって顕在化されやすくなってはいるけれど、そこにあるのは「私」が「生きていくことのわけわからなさ」というか、生きていくことの、どうしようもない孤独のような気がする。つまり、「私」が「私」であることへの「いかり」(たいへんさ、しんどさ)なのだ。

職業を持ったり、パートナーを得たり、社会生活をしていくことで人は誰しもこの「わけわからなさ」との付き合い方を整備していくのかもしれない。職業や、宗教や、自分の理解者や、家族の存在によって、「ライフスタイル」が安定することによって「私」もまた安定する(職業や配偶者そのものがその人の「スタイル」ではなく「ライフ」化されていることもある)ことが多いけれど、「わけわからなさ」が消えてなくなるわけじゃない。「わけわからな」くても生きていけることを「わけわからなさ」と一緒に受け止めて生きていく、それだけだ。

 

「いかり」は(「怒り」であっても)本来「暴力」とは別のものだと思う。でも往々として、暴力行為に結びつきやすいことも事実だと思う。ほんとは、思い通りにならない自分の気持ちとか、人生にじれているだけなんだけれど、そこに誰かがいて、その誰かに甘えてしまうと、暴力行為というかたちで出してしまうことがあるように思う。ドメスティック・バイオレンスなどがよい例だ。家族とか恋人という絆があるからこそ、その前では「私」の苦しさが拡大される。赤の他人の前だったら多分こういう(あるいは、ここまでの)行動には出ないことが多い気がする。だからといって、それが他人を傷つけてよい理由になるはずもない。自分の気持ちを表す方法として暴力しか思いつけないなんて、やっぱり貧困だ。そして暴力行為は憎まれ、その行為をした者も憎まれる。やはり不毛だと思う。

でも現に(これから改善の余地や意思があっても、あるいはその意思さえなく)そういう生き方しか出来ない人間がいるわけで、それに対してどうしたらいいのだろう、と、個人としても、この仕事をしている人間としても、思う。

こういうことを以前より深く強く考えてしまうのは、アメリカの同時多発テロのこともあるけれど、それ以前に日本で起こった「テロ」(サリン事件もそうだし、小学校乱入事件等々)が気持ちのどっかに刺さったままだからだな。私はけしてテロを容認するつもりはないが、しかし同時に「そういうかたちでしか表せなかった深く根深い問題の存在」から目をそむけることが出来ない。表面的に「日常」に復帰することで問題を隠蔽することが、私にはどうしても出来ない。

 

相手を「作って」(その「相手」が他者である場合もあれば自分自身である場合もあるが)、その相手に対して暴言を吐くとか殴るとか巧妙に甘えるなどの「支配する」という行為で、ではなく、その気持ちを「かたち」(アウトプット)にする方法ってないのかな、と思う。

それは、ひょっとしたら、例えばビヨークのように歌の中で「現実」にすることかもしれないし、歌詞の中で、でも本気でリアルに、谷底に物を投げ落とす行為かもしれない。自分の死に様を「本気で」想像してみることかもしれない。

 

私は、自分のレッスンを「試しに「本気」になってみる」というシミュレーションの時間だと思っている。ほんとはあらゆる学習や、練習や、セラピーって、そういう要素があるのだと思っている。「本気」になるのって、たいへんだもん。大げさでもなんでもなく、「命がけ」だもん。だから、やけっぱちとか、反動とか、勢いだけでそうするのではなく、本当に「本気」になるにはシミュレーションが不可欠なのだ。それに、私は(個人的には)やはり一回も「本気」にもなれずに生きているのはつまらない。それをひとに押し付ける気はないけど。