その他の履歴

いわゆる履歴書的履歴では書ききれないプロフィールを追記しています

(表の履歴からでは「どうしてアレクサンダー・テクニックなどというものに興味を持ったかなどが見えない」とのご指摘を受けましたので、

作ってみました。でも、こんなんでわかるやろか?)

 

4歳  仏教系幼稚園に入学

    「将来何になりたい?」と問う先生に対し「およめさーん」と無邪気に答える同級生にびびる。だって、彼女たちの頭の中にある「お嫁さん」とはウェディング・ドレス姿であって、断じてエプロン姿ではいことが「みえた」からである。「したいのは結婚ではなくて、コスプレではないのか?!どうしてそんなこともわからないんだろう?」と混乱し、集団生活に不安を覚える。

    また、仏壇と須弥壇に憧れる。心ひそかに、「りかちゃんハウス」の代わりに自分用の「仏壇」が欲しいと思っていたがなんとなく「そういうことを言ってはいけないような空気」に圧されて、言えず。須弥壇もてっぺんまで上ってみたくて仕方なかったが、やはり「いけないような空気」に圧されて、実行せず。

 

5歳  おとなを見ていて「人はその人間を見てではなく、置かれている立場で反応するのだ」ということにショックを受けて、泣く。

    だが同時に、初めて海外に行き「日本人以外にも人間がいる」ことを知り、かつ「英語はわからないけれど、意味はわかる」という体験をし、「おもしろい」と思う。以後、あまり「外人」「わからないこと」にあんまりびびらないようになる。この後、英語が大嫌いなくせにニューヨークに留学し4年も暮らせたのは、このときの体験があったからかもしれない。

 

4歳5歳は人間の「認識」と「行動」のギャップに目覚めた歳。思えば、「人生最大の転機」だったかもしれない。

 

7歳  小学校入学と同時に、活字中毒への道を歩み始める。からだが弱く、週に1回点滴と注射を打ちながら学校に通う生活。以後の学校生活というものは「とにかく通うだけで精一杯」だったし、特に面白いことも多くなかったので部分的にしか記憶がない。

 

10歳 10歳の誕生日に人生の無常を感じる。「これから先、死ぬまで二桁なんだわ」と思うと、微妙にへこんだ気持ちを味わう。

    どんなに親しい人でも、わかって欲しい人でも、言わなくてはわからないことがあるのだと思い知り、泣く。自分の気持ちを表現する言語的ボキャブラリーの乏しさに悩む。

 

14歳 自主性、個性、影響、環境、遺伝などについて悩む。「自分とは、自分ひとりで作りあげられる存在なのだろうか?例えば、親の影響抜きで自分自身というものを成立させることが可能なのか?個性とは影響にどの程度依存するものなのか?」について悩む。

    考えてみれば、この頃が一番生きているのがしんどかった時期かもしれない。

 

17歳 虚弱体質ゆえに「死なないように生きてきた」ことに飽きる。

 

これまで、いわゆる「体育」というものをほとんどまともにやってこなかったのだが、生物的な老化速度を考慮し、周囲からの勧めで、初めて自分からからだを動かすこと・・・クラシック・バレエを始める。「観るのは、好きだったから」という超・短絡的な理由からであった。しかし非常にきつくて、レッスンの始めの段階でへなへなになる。

    ところが「どうしても観なくてはならない」予感のままに、JD氏のバレエを観て、衝撃を受ける。そのとき抱いた感想のままに書くと、言葉は悪いが、「ダンスで人が殴れるんだ」という衝撃だった。ただ「美しき技巧と形式」としてそれを観客に提供するのではなく、言語のように、相手へのダイレクトな「メッセージ」として「からだ」が使えるのだ、ということに喜ばしきショックを受ける。

    以後、バレエに本気になる。

 

22歳 バレエ・コンクール出場予定。しかしくせになっていた足首の怪我のため出場を断念。その経験から「習慣性の問題の習慣化」や「やっていること」と「やっていると思っていること」のギャップに本格的に興味を持つ。

    怪我をする前に申し込んでしまっていたワークショップにて、初めて「アレクサンダー・テクニック」を知る。興味を持ち、1年かけてリサーチし、「輸入物ではなく、日本語で考えられるアレクサンダー・レッスンを考えたい」と渡米を決意。しかし養成機関(ACAT)に合格できる確信はなかったので、もしも不合格なら、1年間アレクサンダーの実態調査などをして、適当に英語を学んで、帰ろう、などといいかげんなことを考えていた。

 

23歳 驚いたことに、ACATに合格してしまう。同級生は皆35歳〜40歳。東洋人は私一人だけだった。この渡米がはじめての引越しであり、一人暮らしであった。今考えれば、「アレクサンダー・テクニック」というものがどのようなものなのか、日本語の資料や文献も満足にない中で、よく両親が留学を許してくれたものだと思う。けして大賛成ではなかった両親や親族を鶴の一声で説得してくれた「ゴッド・ファーザー」の祖父に感謝。

    渡米直後、スーパーマーケットにて「人間の行動様式は、その人の思考の仕方の転用であり、文化である」ということを実感レベルで理解する。

留学生活は、言語と、思考と、文化と、自分自身との、「格闘」。別にがり勉したわけではないが、しかし多くのことを学んだと思う。もうあのような密度でものを学ぶことはないと思うし、もし「やりますか?」と言われたらしんどいからやりたくない。

 

24歳 ネリノ(猫)と出会う

    猫を飼うのは初めてだったが、とても気が合う。

 

26歳 メフィー(猫)と出会う

    目があったとたん、ぐるぐると喉を鳴らしてくれて、「うちのこだ」と思い、うちに来てもらった。

 

    ACAT最終年度は、いわば「インターン」のように、教授の監督のもと、実際にクライアントを教える時間が設けられるのだが、なぜかきっついクライアントばかり私が担当することになり、同級生からも教授からも同情される。

 

    帰国時に日本で講演や簡単なワークを頼まれたり、ジュリアードやマニスで教え始めたのもこの頃。実にラッキーだったと思う。

 

27歳 ACAT卒業。「あなたの最大の不幸は、あなたがあなた自身のレッスンを受けられないことだ」などという言葉をいただく。卒業式で着物を着て、喜ぶ。

 

    同年、阪神大震災と地下鉄サリン事件が起こる。「もう日本は、あなたの知っている日本ではない」などと友人に止められながら、帰国。祖父は私の帰国翌日に亡くなる。

    帰国後「日本語が通じない」ことに悩みながらも、徐々に「日本語」を習得し、会話や対話が可能になる。

    

その後の仕事上の履歴は、「プロフィール」や「これまでのこと」に書いた通りです。

 

食べられなくなると悲しいと思う食べ物:トマト、チョコレート、梅干、おいしいしば漬、豆腐

食べられない食べ物:納豆、おでん

好もしいと思う人間のタイプ:不器用でも、あくが強くても、自分自身に真摯で創造的な人。美しい人。

出来ればかかわりたくない人間のタイプ:無神経な馬鹿。積極性と馴れ馴れしさ、親密さと厚かましさを履き違えているようなやつ。

 

仕事のポリシーについて:

2004年現在の私は、仕事は「スタジオK」での個人レッスンを中心に考えています。

ワークショップや、出張でのお仕事は、テーマや参加者を限定したものに絞らせていただき、

いわゆる「アレクサンダー・テクニックの紹介を目的とする」ようなワークは

可能な限りお断りさせていただくようにしています。

正直な話、「イベント的」に開催される各地でのワークショップの方が収入はよいですし、沢山の人にお目にかかれますが

結局一時的な「イベント」「お祭り」で終わってしまうことも少なくなく

レッスンで本来大切にすべき「継続性(コンスタンティビリティ)」を継続させる場として充分とは言い難いところがあるように思います。

私が最も「したくないこと」は、レッスンの場や時間が

教師の技術や知識を「見せびらかす」場になりさがること、

クライアントさんのためのレッスンではなく、メソッドのためのレッスンになりさがり

それを正当なことのように思い込むような「逃げ場」になりさがることです。

アレクサンダー・レッスンで私が指導する「からだの使い方」は

けして特殊なものではなく、その人にとって日常的なもので、それゆえに無意識化しやすい行動やそのパターンについて

その人自身が自覚を持てるような「心身の感受性」を育む時間です。

また、私にとってアレクサンダー・テクニックは非常に興味深いものですが同時に

万能なものではなく、

また私自身にとっても自分の能力提供の形式のひとつに過ぎないものと認識しております。

だからこそ、ひとつひとつのレッスンをできるだけ丁寧に努めてゆきたいと思っております。

 

そんなわけで、申し訳ないのですがレッスンをお受けになりたい方は京都までご足労いただくことを原則としています。

(今、一番遠いところからでは海外からいらっしゃる方もいて、心苦しいのですが・・・)

 

仕事をしていて、最高に楽しいのはクリエイティブなクライアントさんに出会えることです。

痛みや困難を「なくす」というスタンスでお役に立てるのももちろん嬉しいのですが、それ以上に

「痛み」や「困難感」に悩み、「しかたがない」「体質」「変えられない」と思い込んでいたものが

それが「からだの使い方」によるものだと知り、「使い方」を得ることで

意欲的になったり、ちょっと自由になったり、創造的な発想や行動を得ていってくださるのは

やはりぞくぞくするほど楽しいです。

そういう意味で、アーティストのレッスンは楽しいですが、

職業的なアーティストのみが「創造的」というわけではありませんから

職種としてではなく、想像的な感受性が豊かな人、自分の生活を創造的に楽しむ意欲のある方とのレッスンが

楽しいのです。